2023年08月21日

渓流釣り2023盛夏…一之瀬高原(その10)最終回

R0017876.JPG
道の駅で教えてもらった地区へ
R0017878.JPG

R0017879.JPG

R0017880.JPG

R0017881.JPG

R0017882.JPG
ここからは未舗装、車は置けないようにしっかりガードされている
少し進んだが車高が高い四輪駆動でなければ無理、林道の終点に駐車場スペースも期待できない
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2023年08月18日

渓流釣り2023盛夏…一之瀬高原(その7)

R0017830.JPG

R0017834.JPG
唐揚げは直火で
R0017839.JPG

R0017841.JPG
食後の珈琲
R0017842.JPG

R0017847.JPG

R0017848.JPG
続きを読む
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2023年08月14日

渓流釣り2023盛夏…一之瀬高原(その3)

R0017784.JPG
秋川に続いて2回目の休憩
R0017798.JPG

R0017785.JPG
ヤマメのいい匂い
焼いている叔父さんにこのあたりでいい釣り場を聞いた
塩山方面にいい渓流があるというので帰りに寄ってみる
R0017788.JPG

R0017786.JPG

R0017787.JPG

R0017795.JPG
明日は特産物を紹介
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2023年08月13日

渓流釣り2023盛夏…一之瀬高原(その2)

R0017775.JPG
奥多摩駅のあたり
今日はお祭りで国道沿いに露店の準備、帰りは塩山経由として避けよう
R0017777.JPG
トンネルが続く
R0017779.JPG

R0017778.JPG

R0017781.JPG

R0017782.JPG
ここは直進、左折は奥多摩周遊道路
R0017783.JPG
路線バスがなかなか譲ってくれず苦労しました
posted by 森の旅人 代表 at 11:17| 水…釣り/水源/水生生物

2023年08月12日

渓流釣り2023盛夏…一之瀬高原(その1)

R0017764.JPG
およそ4年ぶりに一之瀬高原へ
まずは1時間で秋川に到着、休憩がてら買い出し
R0017766.JPG
青梅のあたり
このホテルは、かんぽの宿だった気がする
R0017772.JPG
御嶽のあたり
駅から見えたこの山は皆伐がされて丸坊主だった
あれから15年ほど経っている、また杉を植えたのか?
R0017771.JPG

R0017767.JPG

R0017769.JPG

R0017770.JPG

R0017773.JPG
御嶽駅
R0017774.JPG
奥多摩ビジターセンター、懐かしい
11年前はこんなことをやっていた
・奥多摩を巡回する…サポートレンジャー
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2021年04月05日

水のマイスター…終了

P3290001.JPG
横浜市水道局から感謝状が届いた
2010年から関わってきた水のマイスターが終了するとのこと
見学やセミナー、イベントでの説明など水道事業の市民に対する理解に役に立てただろうか
森づくりと水は当然繋がっている、これからも水のマイスターで得た知識を活かしていく

関連する過去のブログ
・水のマイスター☆☆☆☆☆…最高位に…
posted by 森の旅人 代表 at 05:52| 水…釣り/水源/水生生物

2020年07月08日

ぶらりと写真展へ

P7040016.JPG
7月4日は久々の完全フリーにてあちこちの気になるイベントへ
ニコンプラザ新宿で写真展「天と地の間に 〜北アルプス 鹿島槍ヶ岳・五竜岳〜」を観る
ついでにDfのシャッター不良を診てもらう
予約をしていないのに親切な対応に感謝、結局、一時的なプログラムの誤動作とわかり一安心
但し、そろそろ15万シャッターに近づいているのでオーバーホールしたほうがよさそうだ
P7040018.JPG
ニコンプラザ新宿のある新宿エルタワー28階から、TG-1にて撮影
P7040020.JPG
近隣の別のプラザへ
P7040021.JPG
日本自然科学写真協会(SSP)有志展「OM-Dで撮る身近な自然・身近な生き物」と渓流釣り仲間の写真展
P7040022.JPG
源流での撮影は破損のリスクが高いのに良く撮って(良く撮れて)いる
P7040025.JPG
私は荷物を極限まで減らして最源流を急ぐので、記録用にTG-1しか持っていかない
P7040026.JPG
源流で撮影に凝ってみるか

posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2020年04月29日

渓流釣り2020春…群馬利根(その7)…最終回

P3230188.JPG
支流、本流、スキー場のほうも駄目だたので温泉へ
P3230187.JPG
何かのお菓子のように見える
P3230186.JPG
平日の夜、もともと少ないのか、コロナで少ないのか?
P3230184.JPG
外はまだ寒い、帰りの川場村に向かう峠は氷点下だった
P3230182.JPG
ちょっと休憩、まわりは合宿帰りの大学生が3名のみ
ふるさと納税でいただいた割引券は残り1枚…また来年
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2020年04月28日

渓流釣り2020春…群馬利根(その6)

P3230164.JPG
本流から車に戻り(といっても登山なみの距離を歩き)林道の終点を確認
P3230165.JPG
数十年前、このゲートを仲間(電気、メカなどの技術者)と構造を読み取り開けたことがある
中に入り、戻ったときに開かないリスクを考え、通過することを諦めた
ここから源流の沢までは数時間歩かなければならない
P3230170.JPG
オグナほたかスキー場方面へ
P3230173.JPG
スギ花粉はまさにこれから
P3230176.JPG
こちらも源流の沢までは歩いて1時間以上ある
P3230177.JPG
しかも雪だらけ
P3230178.JPG
こんなものができていた
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2020年04月27日

渓流釣り2020春…群馬利根(その5)

P3230135.JPG
支流に入る、とてもいい天気
P3230136.JPG
この木はもう10年くらいここで枯れたまま立っている
P3230138.JPG

P3230139.JPG
支流のさらに支流、魚の気配は全くなかった
P3230141.JPG
ここは絶対に釣れるポイントだが
P3230142.JPG
3月直前の連休に人が入ったということか
P3230150.JPG
支流は相当奥まで行かなければならないので諦め、本流を散策
P3230156.JPG
台風でできたため池に見事な苔が育っている、岩場からの湧水が微妙な循環を促している
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2020年04月26日

渓流釣り2020春…群馬利根(その4)

P3230117.JPG
山を下りて本流へ
P3230118.JPG

P3230119.JPG
わかりにくいが、イノシシに荒らされている
P3230121.JPG

P3230122.JPG
本流の位置が大幅に変わっている
P3230123.JPG
石が白いので土石流に近い状況が起きたのだろう
P3230124.JPG
昨年の大型台風の影響か
P3230128.JPG
支流に入る、ここは伏流水、河原に植物が全くない
P3230132.JPG
山際にかろうじてモミの木が残っている
およそ30年前に初めて来たときはこの河原にはモミの木が群生していた
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2020年04月25日

渓流釣り2020春…群馬利根(その3)

P3230091.JPG
沼田インターのコンビニが復活
P3230088.JPG
しかも環境に配慮とか進化している
P3230096.JPG

P3230101.JPG
第二の故郷に帰ってきました
P3230103.JPG
渓流釣りにしては天気が良すぎる
P3230105.JPG
ここには停めてはいけない
P3230110.JPG
だいたい予定通りに山に入る
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2020年04月24日

渓流釣り2020春…群馬利根(その2)

P3230026.JPG
関越へ
P3230037.JPG
晴れました
P3230048.JPG
平日で空いています
P3230058.JPG
正面に谷川連峰
P3230059.JPG

P3230068.JPG
ここで下ります
P3230082.JPG
ゆっくり安全運転で東名横浜から2時間ちょっとで到着
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2020年04月23日

渓流釣り2020春…群馬利根(その1)

P3230006.JPG
3月23日、東名横浜から
P3230017.JPG
圏央道を目指す
P3230021.JPG
お気に入りのPA
P3230018.JPG
トイレ休憩だけ
P3230019.JPG
見るだけ
P3230020.JPG
知らなかった
posted by 森の旅人 代表 at 06:56| 水…釣り/水源/水生生物

2019年12月09日

東京の水見学(その5)…最終回

PB220091.JPG
土台はチェンソウアートだな
PB220105.JPG
水源の森を再現しているらしい
PB220093.JPG
都民のほとんどはイワナを見たことはないだろう
PB220094.JPG
これは、公園の木の銘版をひっくり返すとよく見つかる
PB220096.JPG

PB220097.JPG

PB220098.JPG

PB220099.JPG


posted by 森の旅人 代表 at 07:16| 水…釣り/水源/水生生物

2019年12月08日

東京の水見学(その4)

PB220110.JPG
11月22日、横浜市水道局 水のマイスター限定
東京都水の科学館(江東区有明)へ
PB220069.JPG
あらあら
PB220070.JPG
パソコンで簡単に作れるのだろう
PB220078.JPG
社会科見学?遠足?の子供たちが大はしゃぎ
PB220083.JPG
試飲もできる
PB220109.JPG
豆知識
PB220106.JPG
オリンピック?いつも工事中
PB220111.JPG
見覚えがあると思ったら、向かいは武蔵野大学、訪問したことがある

posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2019年12月07日

東京の水見学(その3)

PB220046.JPG
11月22日、横浜市水道局 水のマイスター限定 東京都水道歴史館(文京区本郷)へ
近代水道システムの幕開け
PB220049.JPG
初期の共同水栓
PB220052.JPG

PB220053.JPG

PB220055.JPG

PB220056.JPG
最新の水道管
PB220057.JPG


posted by 森の旅人 代表 at 08:40| 水…釣り/水源/水生生物

2019年12月06日

東京の水見学(その2)

PB220009.JPG
11月22日、横浜市水道局 水のマイスター限定 東京都水道歴史館(文京区本郷)へ
江戸の水道システムを勉強する
PB220010.JPG
近年、工事現場で見つかったそうだ
PB220011.JPG

PB220012.JPG
道路に沿って水道が張り巡らされていたらしい
PB220013.JPG
井戸のような仕組みで水を供給、でも井戸ではない
PB220024.JPG
水が足りなくなり玉川上水ができた、そしてまた街が大きくなった
PB220027.JPG
いわゆる水道橋
PB220028.JPG
絵になる
PB220034.JPG
下水もこんな感じ
PB220035.JPG
井戸端会議
posted by 森の旅人 代表 at 06:39| 水…釣り/水源/水生生物

2019年12月05日

東京の水見学(その1)

PB220002.JPG
11月22日、横浜市水道局 水のマイスター限定
東京都水道歴史館(文京区本郷)と東京都水の科学館(江東区有明)へPB220004.JPG
東京都水道歴史館
PB220067.JPG

PB220006.JPG

PB220029.JPG

PB220061.JPG
歴史のビデオを見ながらいただきました

posted by 森の旅人 代表 at 09:12| 水…釣り/水源/水生生物

2019年10月03日

渓流釣り2019秋…群馬利根(その4)…最終回

P9130213.JPG
花咲温泉に到着
P9130215.JPG
建物も小物も地元の木でできている
P9130216.JPG

P9130220d.JPG
ふるさと納税でいただいた券を使いたかった
P9130222.JPG
ギャラリーもある
P9130224.JPG

P9130226.JPG
残念ながら夜はやっていなかった…
P9130229.JPG
おためし券でお土産を買い帰路に着く
P9130235.JPG
お疲れ様でした、次は3年後か?

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その9)…最終回
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その9…最終回)
posted by 森の旅人 代表 at 09:01| 水…釣り/水源/水生生物

2019年10月02日

渓流釣り2019秋…群馬利根(その3)

P9130145.JPG
この沢は源流までこのような滝が20以上続く
P9130172.JPG
最初の大滝、これより上は上級者コース
P9130176.JPG
神秘的なV字谷、浸食にどのくらいかかったのだろう
P9130192.JPG
およそ30年前、この河原には森が広がっていた、集中豪雨でたびたび土石流が発生している
その後、自生したモミの木が多数あったが、これも流された、明らかに気候が変化している
P9130197.JPG

P9130206.JPG

P9130209.JPG
午後3時半に車に戻る

関連する過去のブログ
・渓流釣り2019秋…群馬利根(その2)
posted by 森の旅人 代表 at 07:40| 水…釣り/水源/水生生物

2019年10月01日

渓流釣り2019秋…群馬利根(その2)

P9130114.JPG
ここが本流に降りる獣道、それ以外のルートはない
教えようにも教えようがない場所にある
P9130115.JPG
少し道を外れたら大量の糞
クマかと思ったがタヌキのようだ
P9130120.JPG
本流をザバザバ渡る
夕立で増水すると渡れずに帰れなくなるので要注意
P9130125.JPG
一旦伏流水となるが途中から水が現れる
P9130128.JPG
絶対に釣れるポイント
ここで釣れない場合は直前に人がいるので引き返す
P9130134.JPG

P9130143.JPG
素晴らしい渓相が続く
P9130153.JPG
7寸の岩魚
P9130154.JPG
全てリリース

関連する過去のブログ
・渓流釣り2019秋…群馬利根(その1)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2019年09月30日

渓流釣り2019秋…群馬利根(その1)

P9130023.JPG
9月13日事前に計画していた渓流釣りに出かける、群馬はおよそ2年ぶり
動機はふるさと納税でいただいた片品村で使用できる金券(おためし券)が来年の2月で切れるので釣りの後に温泉へ
P9130037.JPG
東名青葉〜圏央道は意外と混んで距離もあり、高速代の割には時間がかかるので1.5時間かけて日の出インターから乗る
頭上の黒い物体は取り付けたばかりのドライブレコーダー
P9130056.JPG
沼田から日光方面へ
インターそばのコンビニが更地になっていた、さらに国道沿いも空き家となった店舗が目立つ
P9130077.JPG

P9130085.JPG
第二の故郷に帰省した感がある
P9130092.JPG
落石だけでなく、家族が心配するので無理な場所できのこ狩りはやめるようにとのこと
それだけ滑落事故が多いのだろう
P9130095.JPG
ダンプカー数台とすれ違う、というかバックして待避した
P9130106.JPG
8時に自宅を出てから3時間半、まずますのスピードだ

関連する過去のブログ
。渓流釣り2017秋…群馬利根(その1)
posted by 森の旅人 代表 at 07:38| 水…釣り/水源/水生生物

2019年09月27日

9月27日はドライブ日和240Km

P9270001.JPG
午前9時に家を出発16号の渋滞を我慢しながら相模原市緑区へ
413号の土砂崩れ現場はかろうじて通行できる、立派なトンネルも工事中、心強い
P9270005.JPG
ここまでおよそ2時間半
何故、この日に道志に来たのか?
そして、どうしてドライブに変更したのか?…想像にお任せする
P9270009.JPG
横浜市水道局の支所があり、ここはイベント用の間伐材などをストックしておく倉庫兼作業場
横浜市民による間伐が雨でできない場合はここで作業する
P9270012.JPG
413号はオリンピックのロードレースコースになっている
コンビニが激減しているなか、空き店舗の再利用として”にわか”でないことを祈る
P9270010.JPG
バイクスタンドの銘版
P9270016.JPG
道の駅で昼食
P9270018.JPG
紅葉は12月まで楽しめる
P9270021.JPG

P9270023.JPG

P9270024.JPG

P9270026.JPG

P9270031.JPG
これはお買い得と思う
P9270037.JPG
道の駅に立派な駐輪場ができている、素晴らしい
P9270041.JPG
何故、タヌキ?
P9270044.JPG
山中湖に抜ける峠のトンネル
ここまでロードバイクで来るには熟練が必要
上り坂でふらつくと車と接触する、降りて押し歩くなど危険、初心者は止めたほうがいい
P9270047.JPG
山中湖にて、中国人観光客のみ、ありがたいことだ
P9270050.JPG
小山経由で西丹沢の中川温泉へ
さらに西丹沢ビジターセンターでお話しを伺う
P9270052.JPG
ビジターセンターから大室山までは4時間かかるそうだ
時刻は午後2時、もはや不可能な時間、諦めた
P9270059.JPG
年中増水するので石が白い、水の透明度は抜群だ
P9270062.JPG

P9270063.JPG
西丹沢には百回以上来ているが、意外や、箒杉を見るのは初めて
風雨に耐えてきた巨木、太さが規格外だ
P9270068.JPG


P9270077.JPG
世附川
このあとカメラは電池切れ
246号に降り、寄〜菩提〜伊勢原〜厚木〜座間〜相模大野〜町田経由で帰宅、240Km

関連する過去のブログ
・横浜市民が道志村で間伐

posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2019年06月13日

渓流釣り2019初夏…一之瀬高原(その4)…最終回

P6060121.JPG
帰路、丹波山村に寄る
P6060122.JPG

P6060115.JPG
なんと休館日
P6060124.JPG
しかしながら山深い
P6060126.JPG
道の駅で見つけたポスター
今年のふるさと納税はこれにしよう
P6060128.JPG
奥多摩の温泉へ
P6060130.JPG
初めて入りましたが、なかなか雰囲気がいい
P6060134.JPG
自宅には予定通り21時着

関連する過去のブログ
・渓流釣り2019初夏…一之瀬高原(その3)

posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2019年06月12日

渓流釣り2019初夏…一之瀬高原(その3)

P6060082.JPG
天気が良く、水量も少ない、最悪のコンディション
P6060092.JPG
湿地帯のクリンソウ、この沢では必ず見られる
P6060098.JPG
沢を変えても駄目
P6060103.JPG
小さいもの(5〜8センチ)ばかり
かなり釣り人が入っている
P6060113.JPG
沸騰中
P6060114.JPG
帰りましょう

関連する過去のブログ
・渓流釣り2019初夏…一之瀬高原(その2)
posted by 森の旅人 代表 at 08:39| 水…釣り/水源/水生生物

2019年06月11日

渓流釣り2019初夏…一之瀬高原(その2)

P6060050.JPG
柳沢峠を越え、一之瀬林道へ
P6060052.JPG
これが目印としては最後、鶏冠神社の大サワラ
過去のブログで紹介している
P6060057.JPG
林道をひたすら行く
P6060064.JPG

P6060073.jpg
2頭のサル発見
P6060077.JPG
目的地に到着
P6060080.JPG
2分遅れで入渓

関連する過去のブログ
・渓流釣り2019初夏…一之瀬高原(その1)
posted by 森の旅人 代表 at 06:57| 水…釣り/水源/水生生物

2019年06月10日

渓流釣り2019初夏…一之瀬高原(その1)

P6060001.JPG
6月6日午前10時出発
東名町田〜圏央道〜中央道勝沼〜柳沢峠〜一之瀬高原
現地着13時、入渓13時15分の予定
P6060003.JPG
通常は八王子〜奥多摩〜丹波山村経由で行くのだが今回は逆ルート
帰りに丹波山村か奥多摩で温泉に入る
P6060015.JPG

P6060033.JPG
談合坂付近、こんなに空いている中央道は記憶にない
P6060037.JPG
勝沼・塩山でおりる
P6060040.JPG
ぶどうはまだまだこれから
P6060046.JPG
大菩薩峠のあたりまでは道が飛躍的に良くなった
P6060047.JPG
ここまでは誰でも来られる
一之瀬高原へ左折するあたりから運転が難しくなる

関連する過去のブログ
・渓流釣り2018初夏…一之瀬高原(その1)
posted by 森の旅人 代表 at 09:31| 水…釣り/水源/水生生物

2019年01月26日

浄水施設見学…川井浄水場セラロッカ(その3)

P1160206.JPG
装置の写真は撮っても構わないという
それもそのはず、それで何か秘密がわかるというものではない
P1160207.JPG
セラミック濾過の円柱が並んでいる
P1160201.JPG

P1160204.JPG
定期的に逆流させてセラミックを洗浄する
P1160208.JPG
実物模型
P1160211.JPG
左から、原水、濾過水、逆流で出た洗浄水
原水でも十分綺麗なことに外国からの見学者は驚くという
P1160213.JPG
近隣の小学校から見学が絶えない
P1160217.JPG
見学しての感想は、水が一切見えないのでセキュリティーに優れている
一方で、従来の自然の力による沈殿方式ではないので、震災時には長期的には電力が不足する

関連する過去のブログ
・浄水施設見学…川井浄水場セラロッカ(その2)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2019年01月25日

浄水施設見学…川井浄水場セラロッカ(その2)

P1160185.JPG
見学コースの説明に聞き入る水のマイスターご一行
P1160193.JPG
セラミック濾過の実験
P1160197.JPG
メダカやエビを使った毒物検知
電極によって急な動きがないかモニターしている
P1160196.JPG

P1160187.JPG
汚れは固めて利用する
P1160200.JPG
完成したばかりの水道水が試飲できる

関連する過去のブログ
・浄水施設見学…川井浄水場セラロッカ(その1)
posted by 森の旅人 代表 at 11:15| 水…釣り/水源/水生生物

2019年01月24日

浄水施設見学…川井浄水場セラロッカ(その1)

P1160127.JPG
水のマイスターご一行はセラロッカ(セラミクスを使用した濾過装置)の説明を受ける
前回見学した2012年は新棟を建設しているときだった

関連する過去のブログ
・浄水施設見学…建設中の貯水池(2012年6月)

P1160131.JPG

P1160136.JPG
水を通して浸透させることで濾過する
洗浄は逆流させる、耐用年数は半永久的という
P1160171.JPG
せラロッカは愛称
P1160175.JPG

P1160176.JPG
濾過棟(左)と貯水棟(右)
P1160179.JPG
太陽光発電もばっちり
天気が良ければ丹沢や富士山が綺麗だ
P1160181.JPG
学校向けの見学コースになっている

・膜処理の仕組み
posted by 森の旅人 代表 at 09:05| 水…釣り/水源/水生生物

2019年01月23日

浄水施設見学…川井浄水場小水力発電

P1160141.JPG
川井浄水場を見学するのは2012年以来2度目
P1160142.JPG
地震でも外れないつなぎ目構造となっている
P1160162.JPG

P1160143.JPG
接合井、相模湖系の導水管2本の水(原水)が、この池で合流し、鶴ケ峰接合井を経由して、西谷浄水場へ送られる
普段は近づくこと、見ることはできない
P1160150.JPG
敷地内の歩道
P1160159.JPG
旧施設のレンガや石が使われている
P1160152.JPG

P1160154.JPG
相当大きな音がしている
P1160157.JPG
事務所の電気は余裕で賄え、夜間は売電しているという

関連する過去のブログ
・浄水施設見学…ミニ水力発電(2012年6月)
posted by 森の旅人 代表 at 18:07| 水…釣り/水源/水生生物

2019年01月22日

浄水施設見学…城山ずい道

P1160099.JPG
ずい道に流す前に匂いが気になるときは活性炭を投入する
P1160123.JPG
城山ずい道の入口
P1160119.JPG

P1160112.JPG

P1160113.JPG
数十キロ先の川井浄水場へ
P1160108.JPG
沈殿池を見守ってきたマザーツリー

関連する過去のブログ
・浄水施設見学…青山ずい道2019
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2019年01月21日

浄水施設見学…青山沈澱池の様子

P1160077.JPG
5つのブロックに順番に流して徐々に沈殿させてゆく
P1160078.JPG
冬のこの時期はもともと透明度が高いので沈殿の様子はわからない
P1160080.JPG
パノラマで
P1160086.JPG
1年に1ブロックずつ水を抜いて掃除するという
特に最初のブロックは毎年掃除するという
P1160090.JPG
小型の重機しか入らない
P1160094.JPG
深さは5m
P1160124.JPG
掃除で出た土砂は乾燥させて園芸の土にしている

関連する過去のブログ
・浄水施設見学…青山ずい道から沈澱池へ
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2019年01月20日

浄水施設見学…青山ずい道から沈澱池へ

P1160050.JPG
ずい道からの水、目に見える物体は除去されている
P1160051.JPG
濁りが酷いときはここでPAC剤を注入する
P1160055.JPG
PAC剤はこのタンクの中に
P1160064.JPG
自然の勾配でよくかき混ぜる
P1160071.JPG
よくかき混ぜる
P1160073.JPG
今は公園のようになっている
P1160069.JPG

P1160074.JPG
とても小さい


関連する過去のブログ
・浄水施設見学…青山ずい道2019
posted by 森の旅人 代表 at 09:07| 水…釣り/水源/水生生物

2019年01月19日

浄水施設見学…青山ずい道2019

P1160027.JPG
約800m上流の道志川で取水されて流れて来る
P1160024.JPG
相当な量だ
P1160036.JPG

P1160037.JPG
昔の取水跡
P1160040.JPG

P1160048.JPG
青山ずい道からの水は一旦この池で大きな漂流物を取り除く
P1160056.JPG
こんな漂流物も…

関連する過去のブログ
・浄水施設見学…青山トンネル
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2019年01月18日

浄水施設見学…青山沈澱池2019

P1160004.JPG
およそ7年ぶりに相模原市緑区にある青山沈殿池を見学
P1160009.JPG
横浜市水道局公認 水のマイスターご一行
P1160017.JPG
このボードは新しくなったが基本的なところは変わっていない
P1160019.JPG
前回は大正時代から使用してきた流れを変える工事中だった
完成して5年、台風などでどんな泥水(濁度2000)が流れてきても沈殿できる
川井浄水場に繋がる城山ずい道に流すときは透明(濁度に基準30以下)になるそうだ
実際には基準に対してまだまだ余裕があるらしい
P1160020.JPG
ここ道志川系統は全体のおよそ9%に過ぎない
但し、川井浄水場を経て我が家(青葉区)には道志川の水が100%供給される
言ってみれば「我が家の水瓶」
P1160012.JPG
理解を深めるための濁度を下げる実験
濁度2000にPACを投入してかき混ぜる

関連する過去のブログ
・浄水にはPACを入手せよ〜飲み水を作る〜
P1160013.JPG
PACが土の粒子と結びつき大きな粒となって沈殿する
P1160016.JPG
数分でこの通り
PACは無害だが高価、取り除く必要がある
P1160006.JPG
昔ながらの建物(旧事務所)も健在でした

関連する過去のブログ
・浄水施設見学…青山沈澱池(2012年6月)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2018年12月25日

水のマイスター…水道料金を学ぶ(その2)

 11月13日は午後から中区山下にある横浜市水道局へ、水道料金のセミナーでした。審議会を立ち上げて料金の見直しを検討中とのこと、平成13年に改定した現状の料金体系は実態に合わなくなっており、早急な見直しが必要と思いました。
 現状、深刻な水不足を想定して、使用量が増えるにつれて単価が高くなる逓増型となっていますが、節水による水余り、1〜2人の家族が増え、収入が減っています。つまり基本水量8㎥(790円)で済んでしまう世帯が多いのです。
 個人的には、基本水量という考え方は止め、水量によらず単価は一定(少し高め)とすれば、節水したい人は効果が見え、使いたい人にはどんどん払ってもらう、多様なライフスタイルに合わせることができると思います。
 さて、いつも停める駐車場がビル建設で使えず、あたふたしましたが、何とか間に合いました。配られた冊子のデザインは、横浜デジタルアーツ専門学校の生徒さんが作成したとか、どこでも同じような連携がされています。
 遅い昼食は、水道局から歩いて1分、お決まりの蕎麦屋を堪能しました。

PB130005.JPG

PB130006.JPG

PB130008.JPG

PB130010.JPG

PB130011.JPG

PB130013.JPG

PB130015.JPG

関連する過去のブログ
・水のマイスター…水道料金を学ぶ


posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2018年07月14日

横浜水のマイスターで修理を学ぶ(その3)

P7120011.JPG
TOTOさんから陶器製品の作り方について説明を受ける
殆どが手作業で経験値がモノをいう
P7120003.JPG
トイレのタンクは詳しいつもりだったが知らないことも多かった
これはやはりやめたほうがいいそうだ
・今日からできる節水の極意(2010年10月〜)
P7120005.JPG
こんなタイプもある
P7120007.JPG
空気弁を利用
P7120014.JPG
台所はカートリッジが駄目になると自分で交換しているので詳しかった
P7120017.JPG
ゴムのパッキンが駄目になることが多いがカートリッジ全体の交換となる
風呂などの混合栓の交換も理解が深まった
・風呂の混合栓を交換してみる
P7120021.JPG
同じテーブルの方々は悪戦苦闘しながらも分解組立ができた

関連する過去のブログ
・横浜水のマイスターで修理を学ぶ(その2)
posted by 森の旅人 代表 at 08:52| 水…釣り/水源/水生生物

2018年07月13日

横浜水のマイスターで修理を学ぶ(その2)

P7120029.JPG
菊名ウォータープラザの1階は水回り製品の紹介や修理の相談にのってもらえる
P7120028.JPG

P7120030.JPG

関連する過去のブログ
・横浜水のマイスターで修理を学ぶ(その1)
posted by 森の旅人 代表 at 07:15| 水…釣り/水源/水生生物

2018年07月12日

横浜水のマイスターで修理を学ぶ(その1)

P7120048.JPG
7月12日は横浜市水道局 菊名ウォータープラザへ
P7120025.JPG
ガラスの外面に水が流れて室内を冷やす仕組み
P7120049.JPG

P7120034.JPG

P7120050.JPG
こんな珍しいものもある
P7120053.JPG
センサーで水が出た
P7120055.JPG


関連する過去のブログ
・水のマイスター☆☆☆☆☆…最高位に…
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2018年05月21日

渓流釣り2018初夏…一之瀬高原(その6)…最終回

P5150109.JPG
一之瀬高原にて、これは立派なサワラだ
P5150111.JPG

P5150113.JPG
大菩薩の湯は残念ながら休館日
P5150116.JPG
塩山を散策する
中央道を使って夕方無事帰宅、平日は空いてていい


関連する過去のブログ
・渓流釣り2018初夏…一之瀬高原(その5)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2018年05月20日

渓流釣り2018初夏…一之瀬高原(その5)

P5150089.JPG
納竿して車へ戻る、鹿の足跡しかないので一昨日の大雨の後は誰も入っていないのだろう
P5150091.JPG
人以外となればこのサイズは熊
P5150096.JPG
遅い昼食
P5150101.JPG

P5150106.JPG
帰路スタート

関連する過去のブログ
・渓流釣り2018初夏…一之瀬高原(その4)
posted by 森の旅人 代表 at 09:59| 水…釣り/水源/水生生物

2018年05月19日

渓流釣り2018初夏…一之瀬高原(その4)

P5150066.JPG
釣りはおしまい、ここ3年の間に土石流があったようだ
P5150068.JPG
ブナの古木が元気がない
P5150074.JPG
笹が全て枯れている
P5150075.JPG
湿地帯にクリンソウを発見
P5150081.JPG
誰にも発見されずに増えて欲しい

関連する過去のブログ
・渓流釣り2018初夏…一之瀬高原(その3)
posted by 森の旅人 代表 at 09:04| 水…釣り/水源/水生生物

2018年05月18日

渓流釣り2018初夏…一之瀬高原(その3)

P5150042.JPG
今回は天気がいいとわかっていたので餌は現地で川虫(カワゲラの幼虫)を採取する
P5150046.JPG
餌を捕るのに苦戦するも捕った数だけ岩魚が釣れた
P5150055.JPG


全て触らずにリリース

関連する過去のブログ
・渓流釣り2018初夏…一之瀬高原(その2)
posted by 森の旅人 代表 at 06:44| 水…釣り/水源/水生生物

2018年05月17日

渓流釣り2018初夏…一之瀬高原(その2)

P5150021.JPG
午前10時ちょうどに休憩
P5150022.JPG
昼食に買ってみたかったけど、渓流で食べるには…
P5150025.JPG
子どもが喜びそうです
P5150029.JPG
コロッケではなくゴロッケ(肉が5、6ッケ)らしい
P5150030.JPG
国道にトンネルが増え、あっという間に一之瀬高原への林道へ
P5150033.JPG
現地到着、およそ20年間で20回は来ている
P5150041.JPG
入山

関連する過去のブログ
・渓流釣り2018初夏…一之瀬高原(その1)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2018年05月16日

渓流釣り2018初夏…一之瀬高原(その1)

5月15日に決行
月日が流れるのは早いもので、前回、多摩川の最源流一之瀬高原へ行ったのは2015年6月12日、あっという間に3年が経ってしまった
このエリアを見つけたのは1995年の夏、地図であたりを付けて、適当に行ったところ尺岩魚が連続して3尾釣れるという大当たりの沢、その後、釣り人が目立ち始め、魚が減ってしまったが今回はどうだろうか
P5150002.JPG
午前7時に横浜の自宅を出発、午前8時にどこかで見たような企業の前を通過する
P5150008.JPG
青梅を過ぎて奥多摩らしくなってきた
P5150009.JPG
順調順調、流石は平日
P5150017.JPG
午前9時過ぎ、奥多摩ビジターセンターを通過
東京都サポートレンジャー奥多摩会で来ていたが、現在は活動に参加していない
自宅から奥多摩まではとにかく遠い、どうしても丹沢方面が活動地となる
P5150019.JPG
グランピング施設「Circus Outdoor Tokyo(サーカス アウトドア トーキョー)」に寄ってみたかったが入口がわからなかった
P5150020.JPG
午前10時に暫し休憩

関連する過去のブログ
・多摩川の最源流、一之瀬高原で渓流釣り
posted by 森の旅人 代表 at 09:19| 水…釣り/水源/水生生物

2017年09月13日

渓流釣り2017秋…群馬利根(その8)…最終回

P9060117.JPG
皇海山へ至る栗原川の源流で日没
P9060120.JPG
20キロのダートを引き返す
P9060122.JPG

P9060126.JPG
車体は洗えば問題ないが、タイヤが傷んだ…

関連する過去のブログ
・渓流釣り2017秋…群馬利根(その7)
posted by 森の旅人 代表 at 08:32| 水…釣り/水源/水生生物

2017年09月12日

渓流釣り2017秋…群馬利根(その7)

P9060097.JPG
20キロ近くあるロングダートを走り続けて栗原川の源流に到着
といっても水量からしてまだ数キロは釣りができる
P9060098.JPG
日没が迫ってきた
P9060101.JPG
急いで竿を出す
P9060105.JPG
林道にかかる陸橋を後にする
P9060108.JPG
15センチほどの岩魚がポンポン釣れる
P9060110.JPG

P9060115.JPG
この堰堤で日没コールドとなったが、さらに上流はいい釣り場に間違いない

関連する過去のブログ
・渓流釣り2017秋…群馬利根(その6)
posted by 森の旅人 代表 at 07:07| 水…釣り/水源/水生生物

2017年09月11日

渓流釣り2017秋…群馬利根(その6)

P9060084.JPG
大立沢を後にして老神温泉へ、宿泊を考えたが気が進まず、さらに冒険へ…
栗原川沿いから皇海山へ向かう林道へ入る、お目当ては栗原川の最源流での釣り
この林道は半端でない…20キロ近くあるロングダート、ラリーレースの経験があってもゴルフ7で行く道ではない…
P9060087.JPG
そろそろやめたほうがいいんじゃないの?と思いつつ引き返せない…
行けるところまで行ってしまうのが私の人生そのもの
綺麗に見える道は実はかなりのダート、時速20キロが限界だ…
P9060088.JPG
およそ1時間、高度が上がるにつれ、夕方にも関わらず、だんだん明るくなり低木や笹が増え始める
P9060089.JPG
この落石はヤバイ
P9060090.JPG
ようやく皇海山の登山口に近づく
P9060094.JPG

P9060095.JPG
さて、栗原川の源流はいずこに…
皇海山は栗原川の源流だけでなく、百回近く行っている小田倉沢の源流でもある
小田倉沢の最源流はとてつもない距離なので、この栗原川の源流から小田倉沢源流へ行くのが最大の夢
関連する過去のブログ
・渓流釣り2017秋…群馬利根(その5)
posted by 森の旅人 代表 at 02:26| 水…釣り/水源/水生生物

2017年09月10日

渓流釣り2017秋…群馬利根(その5)

P9060061.JPG
大立沢の2つ目の堰堤まで来た、まだまだ入口、源流までは相当ある
今回は他にもいってみたい沢があるのでここで引き返す
P9060064.JPG
堰堤の上を目指す場合はこの階段から
P9060065.JPG
下流にある最初の堰堤に戻ってきた
P9060069.JPG
天然のドカミミズを発見
これで堰堤を探ったところ尺サイズがかかったがバラした、釣りは餌が大切と実感
P9060072.JPG
気を取り直して昼食
P9060078.JPG
商品のコマーシャルのようだが…
P9060081.JPG
あれこれゴミは焼却させていただきました

関連する過去のブログ
・渓流釣り2017秋…群馬利根(その4)
posted by 森の旅人 代表 at 07:23| 水…釣り/水源/水生生物

2017年09月09日

渓流釣り2017秋…群馬利根(その4)

P9060049.JPG
しばらく歩くと見えてきました岩場の淵
P9060050.JPG
ここで釣れなければ何かがおかしい
P9060053.JPG
チビ岩魚が数匹来てくれました、全て触らずにリリース
P9060060.JPG
少しナメ床が続きます
P9060061.JPG
ここでは反応なし、引き返す

関連する過去のブログ
・渓流釣り2017秋…群馬利根(その3)
posted by 森の旅人 代表 at 01:53| 水…釣り/水源/水生生物

2017年09月08日

渓流釣り2017秋…群馬利根(その3)

P9060031.JPG
9月6日、群馬で釣り、大立沢を行く
この堰堤、前回来たときは工事中だった気がするということは10年ぶり
P9060033.JPG

P9060034.JPG
確かにこのあたりは土砂が山積みになっていた、10年で自然は戻るものだ
P9060035.JPG
木は1本もなかった、その証拠に、このエリアだけ木が若い
P9060040.JPG
堰堤の上、近づくと何かが潜ったのか泥が舞い上がってきた
P9060042.JPG
どんどん広がる、結局、原因はわからず
P9060045.JPG
鹿の足跡が無数にある、熊の足跡は見当たらなかった
P9060046.JPG
土石流があったようだ、しばらく歩いて釣りのポイントを探す

関連する過去のブログ
・渓流釣り2017秋…群馬利根(その2)
posted by 森の旅人 代表 at 09:18| 水…釣り/水源/水生生物

2017年09月07日

渓流釣り2017秋…群馬利根(その2)

P9060015.JPG
10時前に利根地区へ到着
小田倉沢でガッツリ一日中釣るのもよいが、いろいろ試してみたくなった
120号から大立沢へ入る
P9060017.JPG
このゲートがあること自体忘れていた
初心者、土地勘のない方はここで引き返すことをお勧めする
P9060018.JPG
きちんと閉めること
P9060021.JPG
土石流でもあったのだろう、広場に低木がない
P9060024.JPG
以前はここに橋があった
P9060025.JPG
ここで10センチほどの岩魚が釣れたので魚は大丈夫そうだ
P9060026.JPG
この破壊力は土石流
P9060028.JPG
さあ釣りに出発

関連する過去のブログ
・渓流釣り2017秋…群馬利根(その1)
posted by 森の旅人 代表 at 13:13| 水…釣り/水源/水生生物

2017年09月06日

渓流釣り2017秋…群馬利根(その1)

P9060002.JPG
9月6日、なんとなく群馬で釣りがしたくなった
起きて10分で出発、渓流釣り道具一式、シューズ、帽子とレインコート、餌、風呂用具一式を車に載せて出発
P9060003.JPG
午前7時町田インター
P9060005.JPG

P9060006.JPG
圏央道経由で関越道へ
P9060007.JPG
本厚木市街を横目で見る
P9060008.JPG
あっという間に関越道
P9060011.JPG
町田から約2時間で沼田に到着
P9060013.JPG
5320円也

関連する過去のブログ
・渓流釣り2016秋…表丹沢本谷川
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2016年10月07日

渓流釣り2016秋…表丹沢本谷川

P9150003.JPG
9月12−14日旅行で訪れた南会津檜枝岐での釣果が良かったのでそのイメージをそのままに、翌15日は表丹沢へ出かけた
車は車検中のため代車のゴルフ6、やっぱりゴルフ7のほうが安定・安全・乗り心地もいい
P9150007.JPG
雨が多く、林道があちこちで寸断しているようだ
P9150029.JPG
奥に1時間歩けば支流がたくさんある、今回は歩いて10分程の場所を試した
P9150010.JPG
やはり川虫を採るのに苦労したが、ヤマメがコンスタントに来てくれた
P9150014.JPG
水量が多めだったことが幸いした
P9150018.JPG
早い流れでも釣れる
P9150019.JPG
3時間ほどで納竿
P9150035.JPG
陸橋からの眺め
P9150036.JPG
清川村の温泉と定食をいただきました…

関連する過去のブログ
・尾瀬〜檜枝岐2016(その19)
posted by 森の旅人 代表 at 09:42| 水…釣り/水源/水生生物

2016年09月14日

かながわの水源地域キャンペーン2016(その3)…最終回

P9040002.JPG

P9040005.JPG

P9040006.JPG

P9040031.JPG


P9040033.JPG

P9040034.JPG


関連する過去のブログ
・第31回水源環境保全・再生かながわ県民フォーラム(その1)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2016年09月13日

かながわの水源地域キャンペーン2016(その2)

P9040008.JPG

P9040010.JPG

P9040011.JPG

P9040016.JPG

P9040020.JPG

P9040021.JPG

P9040022.JPG

P9040023.JPG

P9040025.JPG


関連する過去のブログ
・かながわの水源地域キャンペーン2016(その1
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2016年09月12日

かながわの水源地域キャンペーン2016(その1)

P9040001.JPG
平成28年度 かながわの水源地域キャンペーン
【開催日】2016年09月03日(土) 〜2016年09月04日(日)
【時間】10:00〜17:00
【場所】横浜市緑区長津田みなみ台4丁目7−1 アピタ長津田店...我が家から車で5分
イベント詳細は
https://www.suigen.jp/events/article/001716.html
P9040012.JPG

P9040036.JPG


P9040014.JPG

P9040042.JPG

P9040044.JPG


関連する過去のブログ
・第31回水源環境保全・再生かながわ県民フォーラム(その1)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2016年07月09日

群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その9)…最終回

P7010150.JPG
国道へ戻り、さらに20分、花咲きの湯へ
P7010151.JPG
痛いと思っていたらやはり剥けていた
P7010153.JPG
夕食はここで
P7010154.JPG
おつまみメニューの鱒のから揚げを定食にしてもらった
P7010158.JPG
こんな感じです
P7010160.JPG

P7010162.JPG
次は何年後に来ることやら…

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その5)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2016年07月08日

群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その8)

P7010143.JPG
帰りは滝を降りる
P7010144.JPG
増水したら通過が厄介だ
P7010146.JPG
本流に戻る、10年ほど前に大規模な土石流が発生した、河原の木々は皆無となった、立ち枯れたものも多い

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その5)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2016年07月07日

群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その7)

P7010124.JPG
大きめの滝が源流までいくつも続く、中でも3つ目に出て来るのが大滝、山岳地図にはこれしか載っていない
P7010128.JPG
滝の上から
P7010129.JPG
滝の上は暫くなめ床が続く、ここは釣りにならない
P7010132.JPG
その後、このサイズがいくつか釣れた、やはり流れが速いところで合わせるしかない
P7010133.JPG
流れを読めるか?30年近くやってます…
P7010134.JPG
午後4時に納竿

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その5)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2016年07月06日

群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その6)

P7010116.JPG
流れが速いところを中心に釣ってゆく
P7010118.JPG
いいサイズ
P7010121.JPG
久々に持ち帰り、塩焼きに
P7010123.JPG
内蔵は腐りやすいのでその場で全て取り去って車まで、そこからは冷蔵
P7010114.JPG


関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その5)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2016年07月05日

群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その5)

P7010095.JPG
第一投、全く反応がない
P7010096.JPG
試しに流れが急なところを探ると飛びついてきた
P7010097.JPG
小さいが綺麗なヤマメだ、即リリース
P7010106.JPG
5時間あるので一本だけ
P7010111.JPG
自然のバランス美は素晴らしい、特に、流れ出る上部に陽が射している、気に入った

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その4)
posted by 森の旅人 代表 at 08:20| 水…釣り/水源/水生生物

2016年07月04日

群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その4)

P7010079.JPG
本流はこの時期にしては水量が少ない
P7010082.JPG
ODK沢を行く、伏流水となっている
P7010084.JPG
途中から水が現れ、小さなヤマメが走る
P7010089.JPG
とにかく暑い、釣りはじめのポイントで一休み、スイッチを入れる
P7010094.JPG
第一投、何が来るか?

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その3)
posted by 森の旅人 代表 at 06:12| 水…釣り/水源/水生生物

2016年07月03日

群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その3)

P7010057.JPG
車を置いたところが工事中で移動せよとのこと、2年間来ていないと勝手が違う
移動に時間がかかり、結局12時20分に歩き始める
P7010059.JPG
いつの時代のものだろう、このあたりは普通に人が住んでいた
P7010062.JPG
このあたりから山へ入る
P7010068.JPG
下りの入り口、知っている人でなければ絶対に見つからない
P7010071.JPG
大昔の炭焼きの跡
P7010074.JPG
およそ20分、山を下って本流に到着

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その2)
posted by 森の旅人 代表 at 11:14| 水…釣り/水源/水生生物

2016年07月02日

群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その2)

P7010029.JPG
ここまで2時間、沼田を降りる
P7010034.JPG
国道120号を選択、尾瀬行きの観光バスの列、時間調整なのかかなりゆっくりだ
P7010038.JPG
吹割の滝で昼食のためどいてくれた
P7010045.JPG
そして本流の村に到着、山へ向かう
P7010050.JPG
ここまで来るともはや秘境
P7010052.JPG
予定通り12時ぴったりに現地到着

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その1)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2016年07月01日

群馬ODK沢渓流釣り紀行2016(その1)

P7010002.JPG
7月1日は2年ぶりに群馬ODK沢へ行く、午前9時に自宅を出発、現地に12到着、13時から釣り始める計算だ、これには訳がある
早朝に出て午前7時頃から釣り始めるのが常道だが、先行者とぶつかる可能性があり、釣りにならない
であれば、6時間遅らせればリセットされて先行者は関係なくなる、もともといなければそれで良し
P7010005.JPG
群馬に行くのに何故か東名高速町田インターから西へ
八王子、入間まで下を走ると2時間かかる、関越の沼田まで1時間、沼田から現地まで1時間、計4時間
一方、東名の海老名から圏央道で関越道まで1時間、つまり計3時間で行ける、但し3千円ほど高くなる
P7010008.JPG
平日のため大和トンネルは渋滞なし
P7010009.JPG
あっと言う間に圏央道
P7010010.JPG
相模原…といってもこのインターは橋本よりずっと西にある
P7010014.JPG
山が深くなってきた
P7010015.JPG
中央道との分岐を通過
P7010016.JPG
関越道へ
P7010017.JPG
工事渋滞はあったがおよそ1時間で予定通り
P7010021.JPG
安全運転
P7010024.JPG
途中、時速100キロの私をあおって、パッシング、猛スピードで抜いていったオヤジが覆面に捕まった
150は出していただろうから、40オーバーの免停かな、合掌
P7010026.JPG
しかしいい天気だ、こう暑くなると釣りにくくなる
P7010028.JPG
休まず走り続ける

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その1)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2016年02月01日

解禁前に装備のチェック

P2010011.JPG
渓流…餌釣り系は問題なさそうだ
P2010013.JPG
タイイングの部品チェック
P2010014.JPG
フライフィッシングも問題なさそうだ、毛ばりを沢山作っておこう…

関連する過去のブログ
・真冬でも釣りをします
posted by 森の旅人 代表 at 12:32| 水…釣り/水源/水生生物

2015年12月27日

最源流の水質テスト2016(5/5)

PC193572.JPG
鹿のお話し
PC193586.JPG
猟師に出会い、この日は4頭仕留めたとのこと
神奈川県では年間に鹿を約2100頭駆除している。県民から徴収した水源税が使われている
駆除する理由や植生回復の効果は割愛するが、2100というのは凄い数だ。神奈川県の交通事故死亡者185、自殺者1500を遥かに超える
平地の動物ある鹿を山地に追いやったのは人間、なんとかならぬものか?
PC193609.JPG
仕留めた鹿はどこにあるのか聞かなかったがすぐにわかる
カラスや猛禽が舞っている下にある
PC193591.JPG

PC193593.JPG

PC193599.JPG

PC193605.JPG
さて、帰ることにしよう…最源流での水質テストはまた来年

関連する過去のブログ
・最源流の水質テスト2016(2/5)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2015年12月26日

最源流の水質テスト2016(4/5)

PC193509.JPG
寄大橋を出発して1時間、ここからはガレ沢、登山道ではないので立ち入らないほうがよい
源流はまだまだ遠い
PC193512.JPG
最源流が見えてきた
PC193519.JPG
ここが最初の湧水、水量は豊富だ
下流の水温が9度、湧き水は10度
PC193526.JPG
昨年とほぼ変わらない結果となった

テスト結果:2015年12月19日午後1時

    気温10℃、水温10℃(下流は9℃)

・COD化学的酸素要求量 …0   [ppm] 

・アンモニウム態窒素   …0.2   [ppm]

・亜硝酸態窒素      …0   [ppm]

・硝酸態窒素       …1.0    [ppm]

・りん酸態りん      …0    [ppm]

昨年は硝酸態窒素が0.7[ppm]それ以外は同じ

考察は、昨年のニュースを参照

・水源林上流を訪ねて2015


PC193528.JPG
登山道まで降りて昼食にする
PC193542.JPG
陽射しが暖かい
PC193615.JPG
さて下山してそのまま下流の水質検査も行った
場所は例年、新松田駅近くの川音川で行っていたが、今年はもっと上流の寄集落の終点で行う
これには考えがあり、水源環境保全・再生かながわ県民会議公募委員にてこのエリアをモニタリングした際に実態を知った
・県西部をモニター調査(その1)

この検査の結果は、やどりき水源林ニュース141号で紹介する予定
・やどりき水源林ニュース

関連する過去のブログ
・最源流の水質テスト2015(5/7)

posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2015年12月25日

最源流の水質テスト2016(3/5)

PC193472.JPG
寄大橋からおよそ30分、源流域が見えてきた
PC193474.JPG
登山道の案内板が新しくなった、黄色で見易く、英語表記もある
PC193476.JPG
外国人の登山者が増えているのだろう
PC193478.JPG
できれば場所を示す番号を入れて欲しかった、高尾山や奥多摩では当たり前になっている
但し、携帯電話が入りずらいという違いはある
PC193483.JPG
がけ崩れが拡大している、この場所は以前、紹介したことがあった
・岩盤の上の森
PC193489.JPG
植樹したうえビニール袋で保護されている
PC193498.JPG
秋の実ももう終盤
PC193504.JPG
新しい鹿の糞、確か昨年もここにあった、鹿も狸のように同じ場所を選ぶ習性があるのだろうか?

関連する過去のブログ
・最源流の水質テスト2016(2/5)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2015年12月24日

最源流の水質テスト2016(2/5)

寄大橋を出発して数分、いきなりすぐそこでライフルの銃声3発、自分が打たれたかと思いきや、血だらけの鹿がこちらに向かって来る。おまえが来ると俺が打たれる!あっちへ行け!と言いたいが言葉が通じる相手ではない。鹿はしばらく考えて反対の山の中へ逃げていった。逃げても数時間で絶命だろう。こちらも後ずさりして狩猟が落ち着くのを待つ
PC193456.JPG
再出発して後沢との出会いで猟犬とすれ違う
犬はとても優秀だ、鹿を追い、ひと山越えても必ず戻って来る、以前も鍋割山頂付近で鹿を追う猟犬見かけ、3時間下山した後、持ち主の猟師に会った、あのあたりにいたよと話すと今夜中には戻って来るとのこと、スケールが大きい
PC193457.JPG
登山道の入り口に到着、大量の杭、「成長の森」の経路補修と思われる
PC193459.JPG
さて、ここからは登山道
PC193461.JPG
水棚沢を追加、冬季は伏流水になっている
PC193468.JPG
地表は土ではなく無数の落ち葉
PC193471.JPG
暫くは林間を行く

関連する過去のブログ
・最源流の水質テスト2016(1/5)
posted by 森の旅人 代表 at 08:00| 水…釣り/水源/水生生物

2015年12月23日

最源流の水質テスト2016(1/5)

PC193445.JPG
今年もやってきました、年末恒例最源流(はじめの一滴)での水質テスト、もう5年目になる
テストの結果は、神奈川県からの依頼を受けて、NPOかながわ森林インストラクターの会が作成している、やどりき水源林ニュース141号で紹介する予定
・やどりき水源林ニュース
PC193446.JPG
12月19日神奈川県松田町の寄大橋に車を停める
PC193447.JPG
大橋のたもとの十月桜は有名だ
PC193448.JPG
出発は午前11時30分、
PC193449.JPG
NPOかながわ森林インストラクターの会が管理している掲示板
四季折々の情報が満載だ
PC193451.JPG
ずっと奥(小さくて見えないか?)に鳥居と祠がある
来年1月17日に山の神祭が行われる

関連する過去のブログ
・最源流の水質テスト2015(1/7)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2015年07月20日

水のマイスター☆☆☆☆☆…最高位に…

P7220005.JPG
横浜市水道局の水のマイスター、最高位5つ星を獲得、5年かかった…
現在、水のマイスターは募集していないので、希少な資格だ
これからも水に対する正しい知識の説明、興味をもっていただくイベントに参加して頑張ってゆく。

関連する過去のブログ
・水のマイスター☆☆☆☆に…
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2015年06月12日

多摩川の最源流、一之瀬高原で渓流釣り

P6110001.JPG
6月11日は1年ぶりに本格的な渓流釣りへ
相模大野を朝9時に出発、10時に八王子インターの上州屋でエサのミミズを買う、勝沼、塩山、柳沢峠を経て、一之瀬高原に12時到着、入渓は12時15分
さて、この日のルールは、仕掛けは0.3号1本、交換の針は7号を2本まで、全てリリース、エサはミミズ、つまり、解説すると…
・仕掛け1本…根掛かりや大物に切られたらそこで終了、細心の注意とテクニックが必要
・針7号2本…7号は大物狙い、飲ませてしまったら外さずに針を切り捨てる、飲ませないようにアタリを取らなければ3尾で終了、針を交換すれば糸は短くなるが源流に行くに連れて水量が減るのでちょうど良くなる、良くできている
・全てリリース…イワナには一切触れない、大やけどを負わせてしまうから、持ち帰り食べることはしない、魚は魚屋で
・エサはミミズ…午後からの入渓ということで3〜4時間のうちエサを採る時間はなく、川虫が採れる保障もない、この日は曇りで湿度が高く、ミミズが最適と判断した
P6110008.JPG
入渓してすぐの落ち込みを探ってみたがアタリはない、多くの釣り人は我慢しきれずにすぐ釣り始めるので魚のいない区間ができる、このような場合、半日釣ったであろう距離を飛ばす必要がある、30分飛ばし歩いて釣り始めた
読みの通り、そこからは6〜7寸(1寸はおよそ3センチ)がコンスタントに来てくれた、但し、いきなりは喰わないので、数分粘り、エサを動かし続けて警戒心を解く必要がある、諦める見極めも大切だ
P6110017.JPG
こういった場合も釣れるポイントは決まっている、すぐにアタリが無ければ、とにかく岩陰から引っ張り出すように誘わなければならない
P6110024.JPG
鹿の食害が痛々しい
P6110025.JPG
こういったところも増水すればイワナは悠々と遡上する
P6110031.JPG
この沢の釣果は8尾、針を2本失った、残り1本、沢を変えることにした、時刻は2時30分
P6110047.JPG
登山道があったので尾根を越えて別の沢に移動
およそ20年前、ここで熊に会ったことを思い出した
ところが、笹薮から動くものが、鹿の鳴き声がしたのでその場で様子をみたが、熊の影が見えたのでこれ以上は釣り上がらずにとりあえず納竿
P6110050.JPG
一旦車に戻り、下流を釣ってみたがアタリはなかった
この野生のキノコ、高値で取引されるらしいが採った場所や状態がわからないので買ってはくれない
P6110057.JPG
午後4時、軽食をとって帰路に着く、午後8時に帰宅
久々の渓流釣りの感想は「気が済んだ」といったところ

関連する過去のブログ
・奥多摩INS沢渓流釣り紀行(その3)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2015年01月07日

最源流の水質テスト2015(7/7)

PC300101.JPG
新松田駅近くの川音川に到着
PC300102.JPG
年の暮れにロマンスカーが行き来する
PC300105.JPG
ここでもパックテストを実施、最源流と下流の水質の違いを比較するためだ、結果は水源林ニュース131号にて…
・やどりき水源林ニュース

関連する過去のブログ
・最源流の水質テスト2015(1/7)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2015年01月06日

最源流の水質テスト2015(6/7)

PC300079.JPG
倒れかけた杉の枝が垂直に立派に育っている、本幹よりも太くなりそうだ、木材としては魅力はないが、子供たちに説明するには良い材料となる
PC300081.JPG
間伐がされ、理想的な杉林が続く
PC300085.JPG
靴底に違和感を覚えたので確認すると、フェルトが剥がれかけている
このままでは、剥がれた瞬間に転倒するので、思い切って両足の底を剥がす
既に登山道も終わりに近かったので良かったが、渓流の中で剥がれると身動きがとれなくなる
翌日、早速新品を買った
PC300086.JPG
登山道はここで終わり、帰りはここまで下り坂、さすがに早い
PC300091.JPG
マジックフィルターにて
PC300096.JPG
寄沢の下流、川音川へ向かう

関連する過去のブログ
・最源流の水質テストを行いました…3年前のもの

posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2015年01月05日

最源流の水質テスト2015(5/7)

PC300062.JPG
最源流の湧き水に到着、岩場の形は昨年と全く変わらない
PC300068.JPG
早速、パックテストを行う
PC300071.JPG
例えば、CODはほぼゼロ、全く汚れていないということだ
PC300072.JPG
陽が傾いてきたので帰ることにしよう
PC300064.JPG
残していいのは写真だけ

関連する過去のブログ
・最源流の水質テストを行いました…3年前の様子
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2015年01月04日

最源流の水質テスト2015(4/7)

PC300042.JPG
真冬のためか動物の気配はなし、過去にはカモシカや鹿の親子をここで見た
ご覧の通り、たくさんの動物が行き来している、鹿柵の効果はない
PC300050.JPG
登山道に黒い物体を発見
PC300049.JPG
真新しいので今朝のものだろう
PC300053.JPG
登山道はここで終わり
PC300056.JPG
ガレ沢を登ってゆく、素人はここからは無理だ、滑落すればただでは済まない
PC300058.JPG
最源流が近づいてきた、この一帯だけ真冬でも苔が絶えない、湧き水が温かいからだ

関連する過去のブログ
・最源流の水質テスト2014(4/6)…前回、1年前の様子
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2015年01月03日

最源流の水質テスト2015(3/7)

PC300022.JPG
林道に沿って、理想的な渓畔林が続く
PC300023.JPG
陽射しがありがたい
PC300026.JPG
後沢から引いている水、飲んでも構わないが、寄生虫など多少のリスクはある
PC300029.JPG
登山道の入り口に到着、ここからおよそ1時間
PC300031.JPG

PC300033.JPG
目的地は果てしなく遠い
PC300040.JPG
30分も歩くと最源流が見えてきた、右手の山の頂上付近だ

関連する過去のブログ
・最源流の水質テスト2014(2/6)…前回、1年前のもの
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2015年01月02日

最源流の水質テスト2015(2/7)

PC300015.JPG
年末年始は閉ざされたまま、ところが家族連れが結構遊びに来る、成長の森があるからだろうか
成長の森…間伐した後に広葉樹を植樹しており、エリアごとに看板を立てて新生児の名前を掲示、健やかな成長を願うもの、神奈川県が主催の事業として定着している
・成長の森見学会に出動しました
・子供の名前が読めない…
PC300016.JPG
森の案内人…かながわ森林インストラクターが付近を案内している、その拠点となるログハウス
参加は無料、12〜2月は冬季休止、以下で確認して出かけて欲しい
PC300019.JPG
動植物の情報はここで
PC300018.JPG
水源林ニュース2105年2月号は、これから行う水質テストの予定
PC300020.JPG
この看板、結構高価なんです
PC300021.JPG
気温はこの時期にしては暖かく、しかし陽が傾けば急激に冷えるので先を急ぐことにしよう

関連する過去のブログ
・最源流の水質テスト2015(1/7)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2015年01月01日

最源流の水質テスト2015(1/7)

PC300002.JPG
今年もやってきました、年末恒例最源流(はじめの一滴)での水質テスト、もう4年目になる
テストの結果は、神奈川県からの依頼を受けて、NPOかながわ森林インストラクターの会が作成している、やどりき水源林ニュース131号で紹介する予定
・やどりき水源林ニュース

今回は、12月30日に実施、前日が雨(源流はおそらく雪)だったため解けるのを待って遅めの11時に出発、東名を西へ、渋滞は想定内だが東名の区間は通常40分のところが90分かかった、それでも246号で来ると2時間以上かかるので良しとしよう
大井松田インターが近づくと富士山が大きく見えるが、この日は時間が遅かったため雲の中
PC300003.JPG
日本カーオブザイヤーのこの車、普段は何も不自由はないが、山仕事や渓流釣りなど、山奥まで乗り込んで停めておく車ではない、そこが悩み
PC300005.JPG
ここからは登山、やどりき水源林のゲートに向かって出発、時間は12時45分
PC300007.JPG
十月桜がまだまだ見頃だ
PC300008.JPG
朝は氷点下のこの時期、不思議な桜だ
PC300011.JPG
桜が咲いていることに気が付かない人が多い
PC300014.JPG
前日の雨にもかかわらず水量は少な目、このあたりは殆どが伏流水になっている

関連する過去のブログ
・最源流の水質テスト2014(1/6)


posted by 森の旅人 代表 at 08:31| 水…釣り/水源/水生生物

2014年12月12日

神奈川水再生センターを見学(その5…最終回)

PB180048.JPG
この巨大施設で最も困るのが停電、ポンプが止まり流れなければ溢れ出る、また、空気を送ることができなければ微生物は死んでしまう、従って、全てを賄える発電機を備えている
PB180046.JPG
重油を遣う、船のエンジンにも負けない大きさだ
PB180051.JPG
始動させると轟音で会話はできないという、耳を守るヘッドホンが備えられていた
PB180053.JPG
この機会も昭和のもの、文化遺産に指定してもいいくらいだ

関連する過去のブログ
・神奈川水再生センターを見学(その4)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2014年12月11日

神奈川水再生センターを見学(その4)

PB180026.JPG
最終沈澱池は反応タンク(微生物を利用)で綺麗になった水の上澄みだけを流してゆく
PB180025.JPG
「おかえりなさいきれいな水」というわけだ
PB180042.JPG
最後に接触タンクへ、消毒に次亜塩素酸ソーダを加えて川へ流す
PB180040.JPG
ずっと先に放流口があるという
PB180056.JPG
以上、見学のおさらいができるように屋内には水の移り変わりが展示されている

横浜市民の7分の1から出る汚水をここで処理している、家庭排水と雨水の経路が分かれているエリアは家庭排水だけを処理すればよいが、実はほとんどが分かれておらず、本来処理の必要ない雨水まで処理している
晴天時は問題ないが(処理する汚水が少な過ぎて問題)、雨天時、特に台風などで大量の雨水が入ってきた場合はどうするのか?
雨の降り始めは下水管を洗ってくるので汚れを含んでおり、これは処理せずに一旦保管し、後日晴天時に少しずつ処理する
一方、雨の終盤は集まる下水はほとんどが雨水なので最低限の処理だけして流す。合理的に考えられて管理されている

関連する過去のブログ
・神奈川水再生センターを見学(その3)
posted by 森の旅人 代表 at 07:57| 水…釣り/水源/水生生物

2014年12月10日

神奈川水再生センターを見学(その3)

PB180019.JPG
地下の「沈砂池」から地上に出れば、まず広大な「最初沈澱池」があり、さらに細かいゴミを撹拌しながら取り除く
PB180021.JPG
見学用の説明ボードでどうぞ
PB180024.JPG
まだ泥水、臭いもきつい
PB180029.JPG
微生物を使った反応タンクで汚れも臭いも取り除いてゆく
PB180030.JPG
保温して微生物が活動し易い環境にしている
PB180027.JPG
特別に開けていただく
PB180032.JPG
微生物が酸欠にならないように管理するのが大変らしい、微生物は繰り返し使用している

関連する過去のブログ
・神奈川水再生センターを見学(その2)
posted by 森の旅人 代表 at 06:46| 水…釣り/水源/水生生物

2014年12月09日

神奈川水再生センターを見学(その2)

PB180012.JPG
まず届いた水を処理へ送るポンプを見学、このさらに地下に処理すべき汚水を溜めている
PB180016.JPG
大量の電気を消費する
PB180014.JPG
昭和50年代から活躍中
PB180017.JPG
施設の概要は、

関連する過去のブログ
・神奈川水再生センターを見学(その1)
posted by 森の旅人 代表 at 06:35| 水…釣り/水源/水生生物

2014年12月08日

神奈川水再生センターを見学(その1)

PB180001.JPG
東神奈川駅から徒歩数分、変わった形の建物がある
PB180004.JPG
横浜水のマイスターとして下水処理場を見学する
PB180006.JPG

PB180007.JPG

PB180008.JPG
TV番組のロケがあったようだ
PB180009.JPG
警察もの、うまくセットしたものだ、敷地が広くて、一般の人が殆ど来ない場所として選んだらしい
PB180054.JPG
さあ、施設見学の開始

関連する過去のブログ
・横浜西谷浄水場の水質検査室を見学(1/3)
posted by 森の旅人 代表 at 06:49| 水…釣り/水源/水生生物

2014年12月04日

雁坂トンネル…渓流釣りには不向きか?

PB060061.JPG
秩父から塩山方面へ抜けるため、初めて雁坂トンネルを利用する
PB060063.JPG
ここは一度でいいから渓流釣りをしたいと思っていたところ、ところが数年前、沢登のパーティが遭難、捜索に出たヘリコプターも墜落して大騒ぎになった、それだけ山が深いことを実感する
PB060064.JPG
トンネル入り口直前の架橋から下を見れば百メートル以上下に滝が連なる、落ちれば間違いなく命はない、どうやって沢に降りたのか?不思議だ…
PB060069.JPG
トンネルは永延と続く、一般国道山岳トンネル国内最長6625m

関連する過去のブログ
・奥多摩INS沢渓流釣り紀行(その3)
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2014年10月11日

横浜水のマイスター…ワークショップに参加

P9160023.JPG
横浜市水道局のオフィスは山下公園のそばにある
P9160026.JPG
20〜30年後の水道事業について議論した
P9160027.JPG
お客様アンケートの結果も踏まえて
P9160024.JPG
短時間でありながら、各班の発表は的確にポイントをとらえていた

安全でおいしい水=安全+美味しい、美味しいという部分は今後変わってゆくだろう

関連する過去のブログ
・水のマイスター…水道料金を学ぶ
・水のマイスター☆☆☆☆に…

posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2014年09月01日

節水型シャワー(3Dアースシャワー)に変えてみた

P8110001.JPG
朝早くジャパネットでやっていたので、実物を見に量販店へ、節水50%とは信じがたいが5千円程度なので試しに買ってみた、実物を見て判断するので通販では買わない、ジャパネットさんごめんなさい
P8110002.JPG
長くてヘッドがでかい、ちょっとうっとおしい
P8110004.JPG
これは従来のもの、14年間使ってきた、本当に50%節水できるならばショックだ
P8110006.JPG
従来で10秒間溜めた場合
P8110007.JPG
3Dで10秒間溜めたもの、2〜3割少ない、つまり節水にはなるが50%はいかない
ところが使い始めてわかったのは、水の勢いがあるため流す時間が少なくて済む、測ったわけではないが50%以上節水になっている可能性がある

関連する過去のブログ
・今日からできる節水の極意
posted by 森の旅人 代表 at 00:22| 水…釣り/水源/水生生物

2014年07月12日

奥多摩INS沢渓流釣り紀行(その3)

P7020040.JPG
釣果がよかった渓相を紹介
P7020047.JPG
それにしても自然の作り出す色は鮮やかだ
P7020053.JPG
大物が潜んでいた落ち込み
P7020056.JPG
林道を帰る

関連する過去のブログ
・奥多摩INS沢渓流釣り紀行(その1)


posted by 森の旅人 代表 at 01:00| 水…釣り/水源/水生生物

2014年07月11日

奥多摩INS沢渓流釣り紀行(その2)

P7020015.JPG
7月2日はお休みで久々の渓流釣りへ
自宅から八王子インターへ、中央道で勝沼インターで降り、塩山、411号柳沢峠を経て約3時間で現地へ到着
12時15分に入渓
P7020017.JPG
入れ食い状態
P7020022.JPG
これはリリースサイズのヤマメ
P7020023.JPG
塩焼きサイズのイワナ
P7020032.JPG
このサイズがパカパカ釣れる
P7020034.JPG
いつ見ても綺麗なマークだ
翌日、千葉の山(旅人の森)に出かけるので塩焼き用に数匹持って帰る

結局、30近く釣れたが仕掛けが、消耗したので変えるべきタイミングを間違えて、大物がかかった瞬間、仕掛けを切られた、まだまだ修行が足りない
先行者による影響は全くなかった、腕の違いだろう…
関連する過去のブログ
・奥多摩INS沢渓流釣り紀行(その1)




posted by 森の旅人 代表 at 01:00| 水…釣り/水源/水生生物

2014年07月10日

奥多摩INS沢渓流釣り紀行(その1)

P7020001.JPG
7月2日はお休みで久々の渓流釣りへ
自宅から八王子インターへ、中央道で勝沼インターで降り、塩山、411号柳沢峠を経て約3時間で現地へ到着
カモシカの親子が出迎えてくれた
P7020003.JPG
午前中は天気は良いが、午後は確実に雷雨になるパターンだ
P7020006.JPG
予定通り正午に到着、3〜4時間のイワナ釣りとなる
この沢に来るのはおよそ5年ぶり、熊に会ったこともある
P7020010.JPG
平日にもかかわらず先行者がいる、八王子ナンバーで間違いなく渓流釣りだ
この沢は特徴のある釣り方をしないと釣果は期待できないので先行者の腕前はどうだろうか?
気を取り直してとりあえず入ってみることにする

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その1)



posted by 森の旅人 代表 at 07:49| 水…釣り/水源/水生生物

2014年06月14日

女子美術大学と横浜水道

P5140005.JPG
仕事の関係で相模原にある女子美術大学を訪問
P5140006.JPG
一般の方が見学できる女子美アートミュージアムがある
P5140002.JPG
地理的に気にはなっていたが、道志川から川井浄水場までの横浜水道のルートはここを通っている
P5140003.JPG
看板の文字やデザインもさすが…

関連する過去のブログ
・小田急沿線自然ふれあい歩道(中央林間〜その11)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/73343862.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:30| 水…釣り/水源/水生生物

2014年06月13日

水のマイスター☆☆☆☆に…

P5130005.JPG
2013年の活動実績をもとにマイスターの認定式が横浜市中区であった
最高位の☆五つまであと1年…ゆけるところまでゆこう
P5130006.JPG
毎年車で行くので帰りは何故かIKEAに寄って一休み
P5130002.JPG
IKEAは欧州基調の面白い空間だ…

関連する過去のブログ
・水のマイスター☆☆☆に…
http://morinotabibito.sblo.jp/article/68568499.html
・水のマイスター…水道料金を学ぶ
http://morinotabibito.sblo.jp/article/90776059.html
posted by 森の旅人 代表 at 05:53| 水…釣り/水源/水生生物

2014年03月23日

水のマイスター…水道料金を学ぶ

P3140002.JPG
堅〜いタイトル、それもそのはず局内向けの資料から抜粋
水道局の担当者から料金の思想から実際、課題に至るまで詳細な説明をいただいた、ポイントを書いてもよいが正確に伝わらない恐れもあり割愛する、それにしても、基本料金(8㎥分/月)は公衆衛生からきているとは知らなかった
以下に概要はある
http://www.city.yokohama.lg.jp/suidou/os/ryokin/sikumi.html
P3140003.JPG
山下町までは車で行ってしまったが駐車場は豊富だ
P3140011.JPG
横浜市水道局が入っているビル
P3140009.JPG
これにて2013年度の水のマイスターはおしまい、活動回数5回をクリアしたので4☆マイスターに認定される

関連する過去のブログ
・水のマイスター☆☆☆に…
http://morinotabibito.sblo.jp/article/68568499.html
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2014年01月22日

横浜西谷浄水場の水質検査室を見学(3/3)

P1160021.JPG
1月16日は、横浜水のマイスターとして横浜市水道局の西谷浄水場へ
大学生によるアート作品が展示されていた、”大学”にすぐ反応してしまう、職業病だろうか?
P1160023.JPG
間伐材が使われている
P1160026.JPG
原動力をイメージしているらしい

関連する過去のブログ
・間伐材をきちんと利用する
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41948789.html
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2014年01月21日

横浜西谷浄水場の水質検査室を見学(2/3)

P1160013.JPG
1月16日は、横浜水のマイスターとして横浜市水道局の西谷浄水場へ
一般の方が水質検査室を見学する際のプログラムを実際に体験してみて、改善点などを意見交換するのが目的
P1160003.JPG

透明度、上からのぞき、底の十字印が見えるか確認する
P1160004.JPG
金属やゴム、錆びなどの異物検査
P1160005.JPG
活性炭を入れた状態や微妙な重さが測定できる
P1160008.JPG
大腸菌群の有無を紫外線で検査する
P1160016.JPG
クロマトグラフ
P1160015.JPG
この他にも放射能検査も行っている

関連する過去のブログ
・横浜西谷浄水場の水質検査室を見学(1/3)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/85641069.html
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2014年01月20日

横浜西谷浄水場の水質検査室を見学(1/3)

P1160030.JPG
1月16日は、横浜水のマイスターとして横浜市水道局の西谷浄水場へ、あれこれ予定があったので車(手前のゴルフ)で向かったが上星川付近で道に迷ってギリギリに到着
P1160017.JPG
一般の方が水質検査室を見学する際のプログラムを実際に体験してみて、改善点などを意見交換するのが目的
P1160014.JPG
見学者に配布される概要の資料、水道水の規格や安全を確保するために一生懸命やっていることがわかる

関連する過去のブログ
・浄水施設見学…建設中の貯水池
http://morinotabibito.sblo.jp/article/56506429.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:54| 水…釣り/水源/水生生物

2014年01月19日

はまピョンカップ2013(2/2)

P1150016.JPG
1月15日は、横浜市水道局の研究発表会・水道局業務改善推進大会に水のマイスターとして参加
このイベントには、「はまピョンカップ2013」という名が付いている
P1150005.JPG
水道施設を見学した学校から感想などが送られてきている
職員のモチベーションに繋がっているのだろう
P1150011.JPG
水源エリアに森がある場合とない場合の比較モデル、ジオラマとしてよくできている
子供たちの興味を引くにはよい仕掛けだ

関連する過去のブログ
・感謝デーに水のマイスター出動
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41833061.html
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2014年01月18日

はまピョンカップ2013(1/2)

P1150001.JPG
1月15日は、横浜市水道局の研究発表会・水道局業務改善推進大会に水のマイスターとして参加
このイベントには、「はまピョンカップ2013」という名が付いている
P1150003.JPG
道志川水系から製造している、売上の一部は道志川源流の森の整備に役立っている
P1150017.JPG
午前中13件の発表を聴いた、テーマが多彩で紹介しきれないが、発表することで、職員のレベルアップになっていることは間違いない

関連する過去のブログ
・感謝デーに水のマイスター出動
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41833061.html
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2014年01月07日

最源流の水質テスト2014(6/6)

PC309667.JPG
最源流の水質テストと同じ日に下流のテストも行うようにしている
場所は小田急線新松田駅近くの川音川、やどりき水源林から車で30分程下流となる
PC309671.JPG
ここの水質は年によって条件が異なり差が出る
PC309672.JPG
今年は匂いがあり、水質も悪かった

関連する過去のブログ
・最源流の水質テストを行いました(2011年12月)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/52504793.html
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2014年01月06日

最源流の水質テスト2014(5/6)

PC309649.JPG
調査を終えて帰りは尾根線に出てみることにした、初めてのルートだ
PC309650.JPG
結局、登山道へショートカットできたのでありがたかった
よく考えれば人工林になっているエリアはアクセスがいいから植えたわけで、そこを意識すればよいルートが見つかる
PC309651.JPG
鹿の親子に会った、小さく写っている

関連する過去のブログ
・鹿だけが増えているが…
http://morinotabibito.sblo.jp/article/65140563.html
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2014年01月05日

最源流の水質テスト2014(4/6)

PC309640.JPG
歩いて約2時間、標高が上がり気温も4度まで下がったが日向なので暖かい
ここが水源の湧水、水温は年間を通して約10度、下流で測ると6度に下がってしまう
PC309636.JPG
早速、パックテスト5種類を行った、ここ3年間で最も良い(綺麗な)結果となった
PC309643.JPG
水温が高いので付近は苔が絶えない
また、暖かいのだろうか、鹿を必ず見かける
PC309645.JPG
最源流からの眺め

関連する過去のブログ
・最源流の湧水で何を飲む?
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41273499.html
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2014年01月04日

最源流の水質テスト2014(3/6)

PC309627.JPG
スタートして約30分、本格的な登山道となる、寄〜雨山へのルートだ
PC309628.JPG
しかも登山道が沢を渡るためわかりにくい、迷う登山者も多いことだろう
水源域が見えてきたが道のりは遠い
PC309631.JPG
夏場に釣りあがったことがあるが魚(岩魚や山女)はいなかった

関連する過去のブログ
・水源の森は荒れている
http://morinotabibito.sblo.jp/article/44265704.html
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2014年01月03日

最源流の水質テスト2014(2/6)

PC309618.JPG
やどりき水源林のゲートを入るとすぐに管理棟と掲示板がある
県の施設であるが、この掲示板は神奈川県森林インストラクターの仲間の勤務先からの寄付金によるもの
12、1、2月の冬季は安全のため活動は休止、情報の入れ替えや森を案内する”森の案内人”もお休み中
PC309620.JPG
今年一年、関係者一同、大きな事故もなく無事に活動できた感謝をこめて参拝した
新年の山の神祭は1月12日に予定しており、この場所で盛大に行われる
PC309624.JPG
後沢からの水を引いた手洗い?所、この水は十分に飲める
行きは周りに氷が残っていたが帰りは融けていた、朝方は確実に氷点下となる

関連する過去のブログ
・謹賀新年…山の神に感謝
http://morinotabibito.sblo.jp/article/52719361.html
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2014年01月02日

最源流の水質テスト2014(1/6)

PC300002.JPG
2013年12月30日、年末年始恒例の最初の一滴での水質検査へ、今年で3年目になる
結果をまとめて県から依頼されている”やどりき水源林ニュース”でお知らせする
東名を大井松田で降りる、正面に見る富士山はいつも見事だ
PC309614.JPG
やどりき大橋についた、ここに車を停めて約2時間歩く
逆光でわかりにくいが、画像上の枝にはジュウガツザクラが咲いていた
PC309615.JPG
今年は雨が少なく、寄沢本流の水量は少ない
但し、ひとたび大雨となれば、土石流となる、近年の降り方は異常だ
PC309617.JPG
年末年始なのでゲートは開けずに歩いて入る

関連する過去のブログ
・最源流の水質テストを行いました
http://morinotabibito.sblo.jp/article/52504793.html

やどりき水源林ニュース(私が作成したものだけ)
http://www.forest-kanagawa.jp/yadoriki/news/70go/news70.pdf
http://www.forest-kanagawa.jp/yadoriki/news/74go/news74.pdf
http://www.forest-kanagawa.jp/yadoriki/news/101go/news101.pdf
http://www.forest-kanagawa.jp/yadoriki/news/111go/news111.pdf
posted by 森の旅人 代表 at 00:00| 水…釣り/水源/水生生物

2013年07月25日

群馬ODK沢渓流釣り紀行(その9…最終回)

P7170083.JPG
ODK沢から車で20分、花咲(はなさく)温泉は群馬県北部の武尊山麓にある、正式には、花の駅・片品「花咲の湯」
P7170082.JPG
施設が出来て13年と聞く、綺麗に保たれている、村営?おそらく管理を委託しているのだろう
お湯は抜群だ、ついさっきまで山奥を大雨の中歩いていたとは思えない
P7170078.JPG
6年ぶりでメニューも変わった気がする、昔は何故かこの山の中でアナゴの天丼を食べた記憶がある
P7170079.JPG
アナゴはなく、岩魚の天婦羅はなかなか良かった
20時頃出発して3時間半で自宅に着いた、なんとも充実した日帰り渓流釣り紀行

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その1)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71045414.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その2)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71072112.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その3)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71078069.html 
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その4)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71113816.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その5)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71206136.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その6)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71255739.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その7)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71281531.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その8)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71302414.html
posted by 森の旅人 代表 at 09:26| 水…釣り/水源/水生生物

2013年07月24日

群馬ODK沢渓流釣り紀行(その8)

P7170068.JPG
夕立があがり、幻想的な森の中、帰路を急ぐ
P7170066.JPG
ときどきガサガサという音がする、鹿を数頭見た
P7170070.JPG
夏でもキノコは沢山出ている
左ひざに痛みを感じながらも最後の登り坂を終え18時に車にたどり着くことができた

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その1)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71045414.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その2)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71072112.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その3)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71078069.html 
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その4)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71113816.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その5)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71206136.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その6)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71255739.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その7)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71281531.html

posted by 森の旅人 代表 at 08:46| 水…釣り/水源/水生生物

2013年07月23日

群馬ODK沢渓流釣り紀行(その7)

P7170054.JPG
土砂降りの中、ODK沢で見つけた大きな木のコブ、最初は熊かと思った
P7170055.JPG
何故こうなったのかはわからないが数年に一度発見する
P7170056.JPG
人里にあれば間違いなく天然記念物だ…

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その1)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71045414.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その2)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71072112.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その3)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71078069.html 
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その4)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71113816.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その5)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71206136.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その6)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71255739.html
posted by 森の旅人 代表 at 21:16| 水…釣り/水源/水生生物

2013年07月22日

群馬ODK沢渓流釣り紀行(その6)

P7170051.JPG
7月17日は休暇で群馬県H川支流のODK沢へ、釣り始め1時間もすれば大滝が現れる
ここまですでに小さな滝を2つ越えているがロープは必要ない、この大滝はロープがないと越えることはできない、正確に言うとロープ無しで登ることはできても降りる際に非常に危険だ、誰かが備え付けたロープもあるが何も補償してくれないので持参するのが常識だ
P7170057.JPG
登り切って下を見れば爽快な眺めだ、結局、足場の状態が良く、ロープにはほとんど頼ることなく登り降りできた
P7170060.JPG
源流までは滝が20以上続く、こんな回廊も、午後3時近くになり雷鳴とともに大雨となったので納竿、引き返す
大雨でH川本流が増水すれば渡ることはできず今日中に車には戻れない
結局この日は2.5時間釣りをして最源流までのおよそ5分の1まで行った、帰りと合わせれば5時間の釣行だから最源流まではその5倍、一日で行ける距離ではないからODK沢の中間地点で一泊する必要がある

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その1)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71045414.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その2)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71072112.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その3)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71078069.html 
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その4)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71113816.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その5)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71206136.html
posted by 森の旅人 代表 at 23:55| 水…釣り/水源/水生生物

2013年07月21日

群馬ODK沢渓流釣り紀行(その5)

P7170039.JPG
昨日の続きから…ODK沢の最初の落ち込み、いよいよここから釣りの始まりだ
大雨の際に本流から登ってきた魚、大雨を待って本流に戻りたい魚がこの1点に集中する

過去に台風の直後、H川本流から避難してきたと思われる尺岩魚(30センチ超え)をここで僅か10分の間に4尾釣ったことがある
その場合、H川本流も増水することから、ここまで来るのに本流を渡るのは胸まで浸かって命がけ、しかし、爆釣となる、一方、増水した本流を渡ることをためらって水位が引くのを待てば、魚は本流に戻ってしまい釣果は期待できない、そうやって渓流の魚は人間から守られてきた、自然は面白い…
P7170037.JPG
今回、第一投で25センチの山女(ヤマメ)が来た、まさかの凄い勢いで来るとは思わずボーっとしていたら合わせられずに針を飲み込ませてしまい出血した、それにしても山女は引きが強く暴れる
このままリリースしても生きてはゆけないので持ち帰ることにした、17日に釣って、今日21日にようやく塩焼きにして食べた
この山女は3年は生きていたと思われる、ということは福島の原発事故と重なるため、放射能汚染の心配がある、森の土壌→葉っぱ→落葉→川虫→渓流魚という流れで凝縮される、私は気にしないことにした
P7170041.JPG
いかにも…という落ち込みが続く
P7170043.JPG
28センチの岩魚(イワナ)、頭は大きいが体が異常に細く、餌がまだまだ少ないようだ、尾びれは立派だが引きは弱い
P7170048.JPG
大きさの割には暴れることもなく、軽々と持ち上がった
今回、このサイズの岩魚が数匹上がったがリリースした

前回の6年前よりも魚は増えている、一方、車を停めた地点で工事をしていた地元の方に聞くと釣り人は増えている、持ち帰る人が減ったのか?釣り師の腕が落ちたのか?数年、続けて来てみないとわからない

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その1)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71045414.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その2)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71072112.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その3)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71078069.html 
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その4)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71113816.html
posted by 森の旅人 代表 at 23:55| 水…釣り/水源/水生生物

2013年07月20日

群馬ODK沢渓流釣り紀行(その4)

P7170026.JPG
H川本流とODK沢の出会いに到着、ODK沢は伏流水となっており見た目はここに沢があるとはわからない
大雨などで水量が増えた場合に現れる、つまり本流が増水するとイワナやヤマメはODK沢に登ることができる
P7170032.JPG
ODK沢を歩いて10分、水が現れた、ここで伏流している
P7170039.JPG
暫く行くと最初の落ち込みが現れる、いよいよここから釣りの始まりだ
大雨の際に本流から登ってきた魚、大雨を待って本流に戻りたい魚がこの1点に集中する

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その1)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71045414.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その2)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71072112.html
群馬ODK沢渓流釣り紀行(その3)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71078069.html
posted by 森の旅人 代表 at 02:07| 水…釣り/水源/水生生物

2013年07月19日

群馬ODK沢渓流釣り紀行(その3)

P7170023.JPG
少し迷ってODK沢に降りる山道を発見した、ブナやカラマツの天然林を15分ほど降りてゆく
降りるということは帰りは登るということだ、疲れ切ったところでこの登りは体力年齢の確認になる
P7170024.JPG
足元から突然飛び出してきた、10センチ以上ある
ご存じの通り、オタマジャクシは水の中に居るが、カエルになると陸地を好む
P7170025.JPG
やめてくれ〜

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その1)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71045414.html
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その2)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71072112.html
posted by 森の旅人 代表 at 10:01| 水…釣り/水源/水生生物

2013年07月18日

群馬ODK沢渓流釣り紀行(その2)

P7170009.JPG
ODK沢へ通じる山道入口まで1キロのところで地元の工事車両に止められた、ここから先は重機が入っており普通車は通れない
仕方なく滝の名所の駐車場に停めて歩くことにした、スタート時間は11:30、準備に時間をかけない早業だ…
P7170011.JPG
緑豊かな趣のある林道だったが、ダンプカーが往来しても崩れないように造りなおされている
しかし、帰りは夕立となり、あっと言う間にドロドロで落石ありの危険な山道となってしまった
P7170012.JPG
ようやく山道入口付近に到着
P7170015.JPG
ここは昔部落があり”奈良”という地名で呼ばれていた
偶然にも現在私が住んでいる横浜の町は”奈良”
P7170016.JPG
山道の入口には林業事業の看板が、従って山道は面影がなく、林業道を行きながら探すしかない

関連する過去のブログ
・群馬ODK沢渓流釣り紀行(その1)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/71045414.html
posted by 森の旅人 代表 at 23:16| 水…釣り/水源/水生生物

2013年07月17日

群馬ODK沢渓流釣り紀行(その1)

P7170002.JPG
7月17日は休暇で群馬県H川支流のODK沢へ、記録を見ると2007年の3月以来約6年ぶり、圏央道が出来てアクセスが楽になった
自宅を7時半に出発、八王子インターから乗ればよいものを16号で日の出まで行ってしまい、結局、9時に乗った、約30分のロス
P7170003.JPG
鶴ヶ島方面へ
P7170005.JPG
10時半に沼田に到着
P7170006.JPG
11時半にH川の町に到着、源流への林道に停めて12時には山へ入る予定だったが、6年の間に林道に大きな変化が…
この続きはまた明日

関連する過去のブログ
・渓流魚の大物は場所を変えて
http://morinotabibito.sblo.jp/article/65032907.html
・渓流の解禁が待ち遠しい
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42010385.html
posted by 森の旅人 代表 at 23:50| 水…釣り/水源/水生生物

2013年06月26日

森遊会…雨の散策(その1)

P6260012.JPG
今日6月26日は宇津木台森遊会の活動を予定したが午前中から雨、午後には大雨となってしまった、それでも夕方別件の約束があるので八王子へ出かけた
雨もまたよかろうと宇津木台緑地をひとまわりしてみた、雨の恵みを受けていたのはどんぐりから発芽したコナラの実生、気がつけば無数に出ている
P6260008.JPG
この雑木林では大型の鳥をよく見かける、飼っていたものか何かが野生化したのだろう、これを狙って猛禽がやってくる
P6260001.JPG
倒れた丸太をどかしたらこの通り、釣りの餌によさそうだ

関連する過去のブログ
・森遊会…近隣を紹介します
http://morinotabibito.sblo.jp/article/51667170.html
posted by 森の旅人 代表 at 23:50| 水…釣り/水源/水生生物

2013年06月19日

田んぼの中を覗いてみた

P6190011.JPG
田植えが終わり梅雨に入った恩田の谷戸
P6190009.JPG
ホウネンエビ(ミジンコの仲間で魚ではないからエビと呼んだのが由来らしい)が発生、1〜2センチのもので目で確認ができる、うじゃうじゃ固まっており、田んぼの中にいる総数は想像がつかない、足だけを見ているとその動きは確かにエビそのものだ
P6190001.JPG
血吸ビル…なかなか珍しい

関連する過去のブログ
・田んぼの中の厄介者
http://morinotabibito.sblo.jp/article/46477181.html
・田んぼの季節到来
http://morinotabibito.sblo.jp/article/67857941.html
posted by 森の旅人 代表 at 20:26| 水…釣り/水源/水生生物

2013年06月05日

盛岡研修旅行の最終日に記念の植樹

P5220042.JPG
ひとり1本、私はオオシマザクラを選んだ、約20本の苗は実や花の生るもので草に負けないよう大きく育ったものが用意された
P5220049.JPG
盛岡の郊外で神奈川県から帰郷した林業家が所有する山、笹を刈り、植樹の準備はさすが完璧
陽当たりはよく、でも冬は雪深く、寒さが厳しいことだろう
P5220055.JPG
次回来るのは何年後だろう、いつかまたここで…

関連する過去のブログ
・環境イベントその後(3年目)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/66143320.html
posted by 森の旅人 代表 at 21:48| 水…釣り/水源/水生生物

2013年05月29日

水のマイスター☆☆☆に…

P5290002.JPG
2012年の活動実績をもとにマイスターの認定式があった
最高位の☆五つまであと2年…ゆけるところまでゆこう

関連する過去のブログ
・水のマイスター☆☆に…
http://morinotabibito.sblo.jp/article/54797866.html
・海外貢献が人を育てる
http://morinotabibito.sblo.jp/article/65720453.html
posted by 森の旅人 代表 at 17:49| 水…釣り/水源/水生生物

2013年05月22日

盛岡で真っ先にみつけたもの

P5200011.JPG
5月20日午前9:56東京発こまち29号で盛岡へ
丹沢湖畔で活動するNPO丹沢森の仲間たちの研修?旅行
何人で?どうして?何しに…?それはこれから数日をかけてゆっくりと
P5200117.JPG
街のあちこちでみかけたポスター、視聴率は好調のようだ
P5200048.JPG
ホテルのロビーでみつけた別バージョン、岩手から日本の朝に元気を…
まさに岩手から元気をもらった旅行となった

関連する過去のブログ
・わんこそばに初挑戦
http://morinotabibito.sblo.jp/article/68050790.html
posted by 森の旅人 代表 at 23:58| 水…釣り/水源/水生生物

2013年05月01日

騙された…というか紛らわしい

P7210002.jpg
丹沢湖畔の世附フィールド、我々のキャンプ地に行くには最後にこの沢を超えなければならず普通車はやめておくのが常識
ましてや車高の低い外車は…
P4280060.JPG

フィールドに設置されたWVデザインのテント、何故だかこれが遠くからは本物のワンボックスに見えた
そこで我が家のポロも行けるだろうと何事もなく沢を渡ってしまった、近寄ってビックリ、騙された…
P4280057.JPG
どこか誇らしげに見える我が家のポロ、もう限界にきている愛車に無理をさせてしまった
13年で15万キロ、当初の計画通り、次女が大学を出るまでなんとかあと1年もたせたい…

関連する過去のブログ
・またもや土石流で通れない…
http://morinotabibito.sblo.jp/article/48025476.html
posted by 森の旅人 代表 at 01:21| 水…釣り/水源/水生生物

2013年04月27日

海外貢献が人を育てる

P4250004.JPG
昨日は、横浜水のマイスターの研修に参加
前半は水道関連企業の発表、後半は市水道局の職員による海外協力の実施報告
P4250001.JPG
暑い日で喉が渇いたので「はまっ子どうし」を買ってみた、ほのかに甘く軟水の良さがでている
P4250005.JPG
横浜市研修センターという立派な施設が日本大通りのそばにある

国際貢献は多々しているが共通して言えるのは貢献を通して、派遣された職員が成長していること
また、このような発表の場を活用してプレゼンが上手くなっていること
民間並みにレベルアップしないと公務員はこれからキツイ、マネージャーの方々はうまく考えたものだ

関連する過去のブログ
・水道局研究発表会に参加しました
http://morinotabibito.sblo.jp/article/50642626.html
・水を守る=人を大切にする
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41418649.html



posted by 森の旅人 代表 at 01:41| 水…釣り/水源/水生生物

2013年04月24日

子供たちも水源の森づくりに参加しています

P4170064.JPG
森林教室では幼稚園〜小学生が多数参加するが大人用の道具では扱いにくいのは勿論、安全性にも問題がある
子供専用ではないのだが短い鋸を購入した、誤って抜け落ちないようにケースにストッパーが付いており、刃の交換も容易、優れものだ
P4170063.JPG
児童用防災ヘルメット
P4170065.JPG
早速、4月末から森林教室が始まる…

関連する過去のブログ
・小学生だって間伐ができます
http://morinotabibito.sblo.jp/article/48465922.html
・おしっこ車が人気です
http://morinotabibito.sblo.jp/article/47694370.html
posted by 森の旅人 代表 at 10:23| 水…釣り/水源/水生生物

2013年04月17日

渓流魚の大物は場所を変えて…

P4170038.JPG
16−17日は休暇のため、今シーズン初めての渓流釣りに出かけた、16日は温泉に入り、河原で焚火をしながら一杯やって睡眠
17日早朝からスタート、場所は2010年9月8日に100mmの豪雨が5時間降り続いた丹沢湖上流の世附川、土石流で何もかも流された
P4170022.JPG
渓相は間違いなく戻ってきているが魚は全くいない、釣り人は平日なのに数人見かけた、釣り方を見るとど素人だ、あれでは水温が上がった状態の山女(ヤマメ)は釣れない
P4170021.JPG
やはり放流しないと増えないのか?天然もののチビ山女を釣り上げた、針を小さくしてやっと2匹、上流に持ち上げてリリースしたので今後に期待
次回の渓流釣りは奥多摩の一之瀬〜源流を超えて秩父へ、あるいは群馬の川場、塗川、栗平川、平川あたりに行ってみようか、久々に熊に会ってみたい

関連する過去のブログ
・渓流釣りで出会った恩人
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41136014.html
・渓流の解禁が待ち遠しい
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42010385.html

・この豪雨は地球が怒っている
http://morinotabibito.sblo.jp/article/40858767.html
・豪雨による衝撃のリセット
http://morinotabibito.sblo.jp/article/40840082.html
・想像できない500mmの豪雨
http://morinotabibito.sblo.jp/article/40608793.html
posted by 森の旅人 代表 at 23:59| 水…釣り/水源/水生生物

2013年04月10日

朝飯前…いや出勤前にひと仕事

P4080002.JPG
自宅から車で3分、近所の谷戸ファンクラブから連絡があった、大雨で小川が埋まってしまったらしい、すでに重機で掘り返したが支えている杭が不安定でチェンソウを使って加工して固定して欲しいというもの、4月8日は午後から出勤なので行ってみることにした
田んぼに重機、遠くには菜の花畑、いい天気だ
P4080005.JPG
埋まった状態はわからないが、苦労のあとが見られる、横に通した木が確かに不安定で外れればまた崩れてしまう
泥んこになりながら、ここまでやって力尽きたらしい
P4080009.JPG
4人で約1時間、打ち込んだ杭の先端を加工し、横木を丸太に換えて固定した、これで暫くは大丈夫だろう
私がやったのは最後のちょっとだけ、小川を守る皆さんの熱意は凄い

関連する過去のブログ
・谷戸の小川の大規模補修
http://morinotabibito.sblo.jp/article/55223028.html
・恩田の谷戸に夏がやってきた
http://morinotabibito.sblo.jp/article/57070139.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:04| 水…釣り/水源/水生生物

2012年09月05日

ダムカードと原石山

P9010040.JPG
9月1日水源林保全体験のイベントでは午後に宮ケ瀬ダムの見学がついていた、ビジターへの説明をしてくれるのが”水とエネルギー館”(無料で見学自由)だ
野外学習で訪れる小学校が多いのだろう、子供たちの感想が掲示されていた、団体の場合、予約をすれば30分ほどの説明をしてもらえる
今回は(財)神奈川県企業庁サービス協会 水道記念館として見学したので参加者の関心は高かった
P9010041.JPG
初めて知ったのは”原石山”、ダムのすぐそばにあり、この山を削ってセメントと混ぜてダムにした、以前から何故この部分だけ断崖が残り、削った部分はどこへやったのか疑問に思っていた
P9010038.JPG
説明の終わりにダムカードをいただいた、全国のダムに対して1枚ずつあるようで、コレクターもいるという
P9010039.JPG
宮ケ瀬ダムのすぐ下流にあるのが石小屋ダム、この規模のダムを入れたら全国のダム数はかなりあると思う

宮ケ瀬近辺の情報
http://www.miyagase.com/
http://www.miyagase.or.jp/
宮ケ瀬ダムの情報
http://www.ktr.mlit.go.jp/sagami/index.htm

関連する過去のブログ
・宮が瀬ダム…映画の世界
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41013301.html



posted by 森の旅人 代表 at 06:17| 水…釣り/水源/水生生物

2012年09月04日

宮ケ瀬ダムをパノラマで…

P9010035.JPG
9月1日水源林保全体験のイベントでは午後に宮ケ瀬ダムの見学がついていた、久々に訪れたが120m以上の高さはやはり圧巻だ、むかし札幌の大倉山ジャンプ台の上から眺めた景色を思い出した
P9010034.JPG
パノラマでどうぞ・・・
P9010036.JPG
遠くはランドマークタワーが見える、ここは標高290mなのでランドマーク300mとほぼ同じ高さ…と言われても遠くのものなので比較は難しい

神奈川県を除く関東では水不足となってきているが、この宮ケ瀬ダムの貯水率はほぼ100%、最近の雷雨に備えてあらかじめ3%を放流しておく余裕だ、バブルの頃とはいえ、よくも巨大なダムを作ったものだ、このダムは多目的ダムでその点でも優れている

関連する過去のブログ
・宮が瀬ダム…映画の世界
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41013301.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:00| 水…釣り/水源/水生生物

2012年08月16日

水源林の集い…どんぐり工作

P8110075.JPG
水源林の集いを紹介する最終回、どんぐり工作をするには、まず参加者は丸太伐りをやらなければならない、神奈川県森林インストラクターが安全第一で見守ってくれる
P8110090.JPG
焼印にしてもよし
P8110089.JPG
レイアウトは参加者が決める、どんぐりに顔も書く、穴は電動ドリルで神奈川県森林インストラクターのスタッフが開ける
平均15分くらいでオリジナル作品が完成するが、1時間粘る参加者もいるが全く問題はない
P8110092.JPG
最後の参加者にシュロバッタを編んでプレゼントした

関連する過去のブログ
・今年は真夏に水源林の集い
http://morinotabibito.sblo.jp/article/57553798.html
・森遊会…どんぐり工作の見本をいただきました
http://morinotabibito.sblo.jp/article/54253060.html
・どんぐりトトロ作品集
http://morinotabibito.sblo.jp/article/46768600.html
posted by 森の旅人 代表 at 08:36| 水…釣り/水源/水生生物

2012年08月15日

水源林の集い…各アトラクションの紹介

P8110006.JPG
野点は人気でお茶菓子まで付く、もちろん無料
P8110016.JPG
草笛の作り方と吹き方を教えてくれる
P8110017.JPG
緑のダムの実験、森がある場合とない場合で水の流れの速さや透明度がどう違うか
P8110044.JPG
神奈川県産材の住宅PR
P8110047.JPG
ヒノキのチップを袋詰めにして配布する、香りがもの凄く強い
P8110049.JPG
森林セラピーやグッズの紹介
P8110067.JPG
ビンゴ大会の景品、あっと言う間になくなった…神奈川県森林インストラクター会員による手作りも多い

関連する過去のブログ
・今年は真夏に水源林の集い
http://morinotabibito.sblo.jp/article/57553798.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:17| 水…釣り/水源/水生生物

2012年08月14日

水源林の集い…スイカ割り

P8110072.JPG
全部で15玉(15俵と数える地域もある)、200人で食べきれると計算したようだ
P8110080.JPG
棒が1本あれば盛り上がる遊び、さまざまな要素を含んでいる
P8110085.JPG
見事に?割るだけ割ったが、やはり少し余った、味は抜群、来年は冷やしておくことも考えよう

関連する過去のブログ
・今年は真夏に水源林の集い
http://morinotabibito.sblo.jp/article/57553798.html
・水生昆虫観察とスイカ割り
http://morinotabibito.sblo.jp/article/47653220.html
・今年は川遊びできるだろうか?
http://morinotabibito.sblo.jp/article/45253623.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:57| 水…釣り/水源/水生生物

2012年08月13日

水源林の集い…鯛焼きと鹿シチュー

P8110059.JPG
今年も鹿シチューが人気
P8110046.JPG
新たな試みでお願いしたのは鯛焼き、行列が絶えず、30分待ち、シチューも鯛焼きももちろん無料
P8110076.JPG
サクサクでびっしりのあんこ、また来年

関連する過去のブログ
・今年は真夏に水源林の集い
http://morinotabibito.sblo.jp/article/57553798.html
・水源の森林づくりとバターのつけ放題
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41544287.html
posted by 森の旅人 代表 at 04:41| 水…釣り/水源/水生生物

2012年08月12日

今年は真夏に水源林の集い

P8110011.JPG
恒例の水源林の集いが今年も松田町のやどりき水源林で8月11日に開催された、親子など300人以上が参加、神奈川県森林インストラクターが全面的にバックアップする最大イベントだ、例年は9月に開催するが8月の夏休みのほうが親子は参加しやすい、初めての8月開催となった
神奈川県ホームページ(やどりき水源林のつどいの参加者を募集します!)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6730/p495190.html
P8110053.JPG
午後になって時々雨の中、なんとかスケジュール通り開催できた、主催者や来賓の挨拶などをパノラマ撮影で
P8110058.JPG
午前中は水生生物観察ツアーを担当、ブースで熱心に勉強する方が多かった、ここに来なければ見られない生物ばかりだ
P8110008.JPG
ツアーは歩いて10分ほどの枝沢(ウシロ沢)に連れてゆく、水生生物がお目当ての親子が多く、網を駆使して熱心に採っていた
P8110010.JPG
採ったら解説してゆく、カワゲラ、トビゲラ、ヘビトンボ、プラナリア、などなど…10種類以上が見られた、男子が捕まえたカエルは大きかった

明日以降は、アトラクション、たい焼きと鹿シチュー、クラフト体験、スイカ割りなどを紹介する

関連する過去のブログ
・渓流の中を覗いてみよう
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41746206.html
・最源流の水質テストを行いました
http://morinotabibito.sblo.jp/article/52504793.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:00| 水…釣り/水源/水生生物

2012年06月18日

浄水施設見学…青山沈澱池

P6057180.JPG
青山トンネルを通った水はPAC(ポリ塩化アルミニウム)を入れて不純物を沈殿しやすくした状態でここを通り沈殿池へ向かう

P6057181.JPG
沈殿池は現在工事中、流れを変えるためとか、大正時代から使われてきた
P6057192.JPG

清々しい山の中にある
P6057197.JPG
古い沈殿池は記念として残されている
P6057199.JPG
池とはいえ大きい
P6057202.JPG
溜まった土砂を取り除く工事がされる

関連する過去のブログ
・浄水にはPACを入手せよ〜飲み水を作る〜
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43854141.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:50| 水…釣り/水源/水生生物

2012年06月17日

浄水施設見学…青山トンネル

P6057133.JPG
横浜水のマイスターにて青山沈澱池の見学があった、沈澱池は現在、水を抜いて工事中、ということはここに通じる水源からのトンネルには水が流れていない、貴重な見学ができた
P6057171.JPG
864mで勾配が1:1000とある、百年以上も前によくもこのようなトンネルを造る技術があったものだ、水源で取水口のある道志川まで中を歩かせてもらえることになった
P6057140.JPG
カラスか何かの巣だという、コウモリも見られるらしいが、この日はいなかった
P6057147.JPG
天井はレンガから手掘りへと変わるころ、すっかり入口の明かりが見えなくなった
P6057152.JPG
途中、掘った土を出すための横穴がある、現在出入りはできない、外は道志川の音が聞こえる
P6057155.JPG
レンガにも味がある
P6057157.JPG
長靴でないと歩けない
P6057162.JPG
500mほど進んだ地点で湧水や天井からの水が激しくなってきた、トンネルのレンガが崩壊しないように、わざと湧水を流す穴が設けられている
P6057163.JPG
出口まで350m地点で引き返す、ここはいつもは毎秒2トンの水が流れている

関連する過去のブログ
・水の話・・・道志村と横浜市
http://morinotabibito.sblo.jp/article/39869801.html
posted by 森の旅人 代表 at 08:07| 水…釣り/水源/水生生物

2012年06月16日

浄水施設見学…建設中の貯水池

P6057120.JPG
横浜水のマイスターにて川井浄水場の見学があった、できたばかりの水道水を溜めておく施設を建設中、ここに一日溜めておき、その間に水質検査などを行う
P6057108.JPG
さすが、基礎はしっかりしている、いくつかのブロックに分けて建設中
P6057111.JPG
ここが水で満タンになる、二度と入れない貴重な見学会となった

関連する過去のブログ
・水道記念館に出かけよう
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42097245.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:38| 水…釣り/水源/水生生物

2012年06月15日

浄水施設見学…ろ過の仕組み

P6057103.JPG
横浜水のマイスターにて川井浄水場の見学会があった
P6057098.JPG
小学校の見学も多いのでわかりやすい説明になっている
P6057094.JPG
不純物が結構溜まっている、綺麗な水に見えても水道水にするにはさらにろ過が必要なのだ
P6057095.JPG
不純物を効率よく沈殿させる構造の模型、左側は何もない状態で不純物が舞い上がっているが、右のように斜めの板を入れてやると早く沈殿する
P6057099.JPG
できたばかりの水道水、美味かった
P6057106.JPG
ろ過池の壁面には構造の説明があった、実感できるように工夫されている

明日はできたばかりの水道水を溜めておく新たな貯水池(建設中)を紹介する

関連する過去のブログ
・飲み水を実験で作る
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41577850.html
posted by 森の旅人 代表 at 05:38| 水…釣り/水源/水生生物

2012年06月14日

浄水施設見学…ミニ水力発電

P6057080.JPG
横浜水のマイスターにて川井浄水場の見学会があった、水源地から自然勾配で届いたばかりの水、このままでも十分綺麗で飲めそうだ
P6057085.JPG
まず発電設備を紹介された、せっかく勢いよく流れてきたので発電させて施設の電力に貢献している
P6057088.JPG
轟音とともに発電機が回っていた、タービンを回す水流は毎秒2トンの水が流れている、設置費用はそれなりにかかっているようで、民間をうまく使って事業をしている、この続きはまた明日・・・

横浜市水道局ニュースリリース・・・川井浄水場で小水力発電を開始!
http://www.city.yokohama.lg.jp/suidou/press/press-20101126.html

関連する過去のブログ
・水のマイスター☆☆に…
http://morinotabibito.sblo.jp/article/54797866.html

posted by 森の旅人 代表 at 06:20| 水…釣り/水源/水生生物

2012年06月13日

森遊会…竹水を収穫して味わう

P5276830.JPG
穂先を伐って約2週間、竹水の入った約2mの部分を収穫する、竹水は全本数に溜まるわけではないが、ほとんどに溜まっていた、それほど元気がよかったということだろう
P5276829.JPG
振ると”ちゃぽちゃぽ”音がする、節のところで伐ってゆくとそのままコップになる
P5276822.JPG
口に含んでみるとほんのり甘い、今年は放射線の影響があるので、筍同様飲まないことにした、本来ならば竹水でお茶やコーヒー、ご飯を炊く、化粧水にするといい、来年は是非活用しよう

関連する過去のブログ
・季節到来…竹水
http://morinotabibito.sblo.jp/article/44210768.html
・季節到来…穂先筍
http://morinotabibito.sblo.jp/article/44196459.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:23| 水…釣り/水源/水生生物

2012年05月16日

旅人の森…風雨に耐えられず崩壊

P5056640.JPG
千葉県の助成金事業ということで看板の設置を頼まれ、4月に設置はしたもののこの1カ月は天候が不順で相当強い風が吹いたらしい
3箇所のうち2箇所の看板は飛ばされて無残にも落ちていたので回収した、何かボードに貼らなければ駄目なようだが、ボードが飛ばされる可能性が高い、結局、看板は義務ではないので掲示しないことにした

関連する過去のブログ
・旅人の森…助成金事業を示す看板を設置しました
http://morinotabibito.sblo.jp/article/55258102.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:19| 水…釣り/水源/水生生物

2012年05月13日

久々に渓流釣りを楽しむ

P5030002.JPG
5月2−3日は記録的な大雨だった、こんなときは餌となる川虫がどんどん流れてくるのでヤマメやイワナの警戒心はなくなる、大物を釣るチャンスだ
3日は午後から晴れると予想したので丹沢に出かけた、目的地は本谷川、ところがあまりにも降りすぎたのか宮が背〜秦野線が通行止め、仕方ないので、中津川周辺で釣ることにしたが、この辺はヤマビルの繁殖地、沢に降りたところでいきなり10匹ほど靴についていたので全てすりつぶした、結局この日は噛まれる被害には合わなかったが50匹を抹殺した、それでも焼け石に水状態だ
本流は茶色い濁流、但しこれは想定内
P5030014.JPG
本流には必ず枝沢がある、大雨の際、魚はここへ逃げ込んでいる
P5030006.JPG
枝沢はなかなかいい渓相だった
P5030007.JPG
本流から最初の大きな落ち込みに溜まりやすい・・・釣果はご想像にお任せする

関連する過去のブログ
・渓流釣りの極意
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42517543.html
・真冬でも釣りをします
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42199985.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:50| 水…釣り/水源/水生生物

2012年04月18日

森遊会…新緑に合わせて池に変化が…

P4160017.JPG
日々、緑が濃くなっている、この時期は緑色の種類が最も多い時期だ
P4160019.JPG
池には数匹のカエルを発見した、姿を撮ることはできなかったが冬眠から覚めてここにやってきたのだろう、卵がかえれば(天敵がいないので)爆発的に増える可能性がある、やがて天敵、蛇や猛禽がやってくることになる

関連する過去のブログ
・トウキョウダルマ
http://morinotabibito.sblo.jp/article/48264734.html
・スキスキ大好きカエル…
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43239424.html
posted by 森の旅人 代表 at 05:41| 水…釣り/水源/水生生物

2012年04月11日

谷戸の小川の大規模補修

P4080058.JPG
近所の谷戸で小川を護岸する板が古くなったため取り換えることになった、まずは重機で取り除いてもらった状態からスタートする
P4080065.JPG

こんな感じで杭を打ち、板を置き、土で固定してゆく
P4080078.JPG
10m以上はあっただろうか、一日かかった
P4080084.JPG
大勢で力を合わせればなんとかなるもの、小川の流れが戻り、生き物豊かなアメニティが復活することだろう

関連する過去のブログ
・恩田の谷戸を紹介します
http://morinotabibito.sblo.jp/article/48361313.html
・田んぼの小川を整備する
http://morinotabibito.sblo.jp/article/47913594.html
posted by 森の旅人 代表 at 05:48| 水…釣り/水源/水生生物

2012年04月04日

水のマイスター☆☆に…

P3300001.JPG
2011年の活動参加実績をもとに年度の終わりにマイスターの認定式があった、認定式だけではなく、横浜市水道局の中期経営計画やマイスターの自己紹介もあり
P3300002.JPG
デザインは少し変わった、☆から☆☆にアップした、五つ☆になるまで参加して様々勉強させてもらうつもりだ

関連する過去のブログ
・水のマイスター…菊名ウォータープラザへ
http://morinotabibito.sblo.jp/article/54205861.html
・ひとつ星マイスターに認定される
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43307266.html
・水道記念館に出かけよう
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42097245.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:06| 水…釣り/水源/水生生物

2012年03月28日

森遊会…高圧洗浄機の試運転

P3250014.JPG
最寄りの水道と電気から森のコンサート予定地の最も遠いエリアまでは約130mある、ホースは30m+50m+50m、コードは30m*4本を使う
P3250015.JPG
とりあえず試運転をやってみるものだ、末端の洗浄機のホースは密閉されており、洗浄機に付けないと水が出ない、つまり水が流れてゆかず詰まってしまった、その結果、蛇口側が外れる結果に、これでは駄目だ
洗浄機のホースを取り付けずに水を流し、末端に水が来た時点で洗浄機のホースを取り付ける、その際、ワンタッチで取り付ける継ぎ手が便利、そうしないと取り付けの作業中に水圧でびしょびしょになる
P3250017.JPG
運転が始まれば問題はなし、5分ほどで1坪が綺麗になった、年内のどこかで全体を洗浄する、その前に、付近の除伐とステージ前の大木の伐採が必要だ

関連する過去のブログ
・森遊会…洗浄用ホースが届きました
http://morinotabibito.sblo.jp/article/54481644.html
・コンサートステージまでの距離
http://morinotabibito.sblo.jp/article/54387825.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:31| 水…釣り/水源/水生生物

2012年03月07日

水源は越境にある

P3040021.JPG
第13回水源環境保全・再生かながわ県民フォーラムに参加した、相模湖にある県立相模湖交流センターにて相模湖・津久井湖の水源環境を考えようということであったが、要は湖に流れ込むまでの流域(山梨県)の森林整備や生活排水の浄化をしないと駄目…という話であった
これを神奈川県で徴収している水源税をつかった次期5カ年計画でやろうというもの
県を越境すれば様々な課題が出てくる、今後は毎週水曜日に少しずつ紹介したい
P3040013.JPG
冬の相模湖は日曜日なのにひっそりとしていた
P3040015.JPG
県立相模湖交流センターには立派なホールがある

念のために補足ではあるが、相模湖・津久井湖の水が例えば横浜市水道水源の7割を占める、つまり、横浜市の水源は山梨県にあるということ、道志川はこのうちの約9%に過ぎない

関連する過去のブログ
・森林の価値はどう評価すべきか(その2)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43289610.html
・環境再生事例を発表しました
http://morinotabibito.sblo.jp/article/49475295.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:28| 水…釣り/水源/水生生物

2012年02月29日

水のマイスター…菊名ウォータープラザへ

P2270016.JPG
横浜市水道局が認定する水のマイスターも3年目(現在☆☆)になる、菊名ウォータープラザで応用講座に参加した
P2270018.JPG
綱島海道に面したわかりやすい場所にある、この辺は実家が近いので庭みたいなものだ
P2270017.JPG
建物がガラス張りだが訳がある、表面には水が流れており、夏場は冷房効果がある
P2270019.JPG
こんな感じです
P2270020.JPG
水に関する授業を行ったのだろう、小学校から届いた感謝の言葉
P2270021.JPG
横浜市は山梨県道志村に水源林を所有している、その面積は実に村の3分の1になる、そこの間伐材で作った椅子、採算は合わないが間伐材の利用をアピールするために置いてある
P2270024.JPG
水回りの相談にものってくれて部品も販売している、あらかじめ機種を調べて電話してから行くとよい
P2270025.JPG
実際に修理の体験もできる、修理技術の習得というよりは構造を知る程度にしたい、素人が触らないほうがよいパーツもある

関連する過去のブログ
・これからは非常水の備蓄を
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43961275.html
・ひとつ星マイスターに認定される
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43307266.html
・感謝デーに水のマイスター出動
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41833061.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:01| 水…釣り/水源/水生生物

2012年02月22日

水源の森が凍てつきました

P2180005.JPG
雪が降って気温が急激に下がったようだ、花ではなく氷、2月18日朝、丹沢湖近くの世附にて
P2180004.JPG
丸太もじっと耐えていた
P2180003.JPG
生き物の気配はない
P2180006.JPG
杉花粉はまだまだ目覚めそうにない

神奈川県の水源環境保全・再生かながわ県民会議公募委員 というのに申し込んだら面接に進んだ、面接の参考になる資料が送られてきた、会議の情報をうまく県民に伝えてゆけたらよいと思う、一方で県の森林インストラクターの活動から県民の意見を会議に伝えてゆけたらよいと思う、情報が沢山入ってきそうなので期待してる

関連する過去のブログ
・森遊会…雪が降りました
http://morinotabibito.sblo.jp/article/53319707.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:41| 水…釣り/水源/水生生物

2012年02月07日

旅人の森の側溝管理

P2046239.JPG
旅人の森の側溝は以前綺麗に掘り出したのだが、時間が経てば落ち葉や崩れた土砂で埋まってくる
林道を管理する鋸南町も定期的に掘っているようだが5年に一度くらいのようではっきりはしない、2012年に入り重機を使って掘ったようだ
重機なので作っておいた柵を壊してしまったのだろう、新たに杭が打たれていた
P2046236.JPG
しかしこんな山の奥まで管理しているとは…頭が下がる
P2046248.JPG
南側の完全に埋まっていた側溝も掘り出されていた
P2046250.JPG
但し、側溝はここで行き止まりなので大雨が降ればここで溢れる

関連する過去のブログ
・旅人の森で治水工事
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43747950.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:08| 水…釣り/水源/水生生物

2012年01月03日

渓流が凍てつきました

PC275882.JPG
丸太の橋には鍾乳石のような氷が…昼間でも解けないため少しずつ伸びていったのだろう
P1230018.JPG
この時期、ヤマメなどはどうしているのか?淵の流れの無いところでじっとしているしかない、冬眠ではなく、昼間水温が上がれば出てきて餌を捕る
秋にどんなに人間慣れして釣り餌を見破る魚も冬の間に忘れてしまうようだ、春先一番に山奥に行くと大物がよく釣れる、警戒心がないのだろう、足元を泳いでいても逃げない、しばらくにらめっこをしていると思い出したように逃げてゆく、解禁が待ち遠しい

関連する過去のブログ
・真冬でも釣りをします
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42199985.html
・渓流釣りの極意
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42517543.html
posted by 森の旅人 代表 at 08:30| 水…釣り/水源/水生生物

2011年12月28日

最源流の水質テストを行いました

PC275958.JPG
厳冬のやどりき水源林を歩く、日の出直前の気温は氷点下10度
PC275893.JPG
目指すは最源流の水が湧き出ているところ、ゆっくり歩いて約2時間
PC275900.JPG
最上部はガレが続き危ないので一般の登山者はまず行けない、きちんとした装備と経験が必要だ
PC275903.JPG
最源流に着いた、すぐ上は鍋割山の頂上だが、急斜面でこのルートからは行かないほうがよいPC275909.JPG
ここが源、水温は10℃、下流の水温は5℃だったので相当温かい
PC275952.JPG
水温が冬でも温かいのでこの付近のみコケが生えている
PC275923.JPG
早速、5項目のパックテストを行う、気温はちょうど零度、手が凍てつく
PC275942.JPG
意外な結果になった…その報告はやどりき水源林ニュースの2012年2月号にて
PC275969.JPG
比較のために下流でもテストを行う、新松田駅近くの川音川にて
PC275961.JPG
下は源流、上は下流、はっきりと違いは出たが、下流もさほど汚れてはいない、これからその原因を考察する

やどりき水源林ニュース
http://www.forest-kanagawa.jp/yadoriki.html
水源林上流に最初の一滴を訪ねて
http://www.forest-kanagawa.jp/yadoriki/news/70go/news70.pdf

関連する過去のブログ
・最源流の湧水で何を飲む?
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41273499.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:23| 水…釣り/水源/水生生物

2011年12月17日

水質検査キットを買いました

PC160002.JPG
来年2月に発行するやどりき水源林ニュースの担当になっている
やどりき水源林の冬場は凍結によって危険なので森の案内人などのガイドは12月〜2月の間は休止している、従って、やどりき水源林ニュースも紹介しても見に訪れることができないため12〜1月号は休止している
ニュースの2月号は3月からの再開に向けての紹介だが、真冬の取材になるため、紹介できる動植物は少なく、担当するのは人気がない
であればと毎年2月号だけを引き受けることにした、水源の最初の一滴を訪れて水質がどうなのか?をレポートしてみたくなった
東急ハンズで川の水検査セット(パックテスト)を買ってきたので、1月早々にやってみることにする、毎年実施したいので汎用性の高いもの、誰にでもできる方法を選んだ、中身をみると小学生でもわかる説明書が入っている

やどりき水源林ニュース
http://www.forest-kanagawa.jp/yadoriki.html
 水源林上流に最初の一滴を訪ねて
  http://www.forest-kanagawa.jp/yadoriki/news/70go/news70.pdf

パックテスト(共立理化学研究所)
http://kyoritsu-lab.co.jp/pack/index.html

関連する過去のブログ
・ヤマメの胃袋を覗いてみる
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43699317.html

posted by 森の旅人 代表 at 07:29| 水…釣り/水源/水生生物

2011年11月23日

災害時のトイレ対策

PB200004.JPG
11月20日は地区の防災訓練に参加した、住民であるから勿論のこと、非常時アマチュア無線ボランティアの訓練として参加した
市の災害時用倉庫には様々なものが備蓄されている、組み立て式トイレもそのひとつ、いざというときのために組み立ての練習が行われた
PB200007.JPG
結構複雑だがみんなで力を合わせればなんとかなる、一人ではちょっと厳しい
PB200008.JPG
設置はマンホールの上に行うので場所が限られるだろう、マンホールの位置を確認しておくことも必要だ
組み立ては雨の日や夜間でもできるだろうか?訓練は夜間に停電したことを想定してやっておく必要がある
みなさん軍手をしないでやっていたが指を挟んだり切ったりすることもあるので必ず着用したほうがいい
特に子どもたちはいろいろなものに触ってしまうので子供用の軍手を配布することを意見として自治会に提出しておいた

我が家のある地区は横浜市の青葉区郊外なので人口密度はさほど高くない、最新の建物でゆったり建てられているので倒壊や火の海になることもないだろう、防災訓練の意義として、他の地区からの避難民の受け入れを想定しているらしい、ようするに横浜東部地区からの避難民を受け入れる構図だ、我々は避難民ではなく世話をする側に回らなければならない、どこの誰を受け入れたのか?そういった情報管理の訓練も考えておきたい

関連する過去のブログ
・旅人の森のトイレ対策
http://morinotabibito.sblo.jp/article/40993075.html
・森のトイレ、眺め良し、心地よし
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41226639.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:23| 水…釣り/水源/水生生物

2011年11月19日

水道局研究発表会に参加しました

PB170002.JPG
今年も横浜市水道局の研究発表会を聴講させていただいた、横浜水のマイスターとして…
どの発表も改善意識、コスト意識が高く、プレゼンもよく練られて練習しており、聞いていて気持ちが良かった
アンケートに書いた1点は、ブランドマネージメントの強化
「エコ活de婚活in道志」に対するマスコミの取り上げ方や「お客様アンケート」の回収率が50%近い、「打ち水企画」への広がりを見ると、公の団体にもかかわらず相当なブランド価値がある
ブランド価値向上と改善や事業は両輪で進める、どちらかだけを一生懸命やっても良い成長は見込めない

関連する過去のブログ
・知的価値の時代に思うこと
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42022715.html
・水を守る=人を大切にする
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41418649.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:58| 水…釣り/水源/水生生物

2011年11月05日

かながわ水源の森林づくり

PB040003.JPG
11月4−6日は川崎市民祭りにブースを出している、もう毎年の恒例行事だ
水源林に関心を持ってもらおうということで、かながわトラストみどり財団とかながわ森林インストラクターの会の企画
水源の紙芝居を見てクイズに答えるとクラフトグッズがもらえる、丸太伐りをして、これを土台にどんぐり工作ができる、緑の募金をすると抽選で森林にまつわるグッズがもらえる、…など
PB040034.JPG
4日はお天気が良く、平日にもかかわらず人が絶えなかった、市民祭りとしてすっかり定着している
PB040032.JPG
新鮮野菜や日用品、飲食も数えきれないくらい出る、5−6日は子供たちが多く出てくるのでどんぐり工作が大人気となる
PB040023.JPG
お昼はいつも400円の”じゃがバター”にしている、ジャガイモたっぷりにバターはつけ放題、今年からは味噌(わずかにニンニクが入っている)が加わった、これはお勧め
PB040017.JPG
午後からはさらに人が増え忙しくなった
PB040018.JPG
どんぐり工作は準備と手際の良さがないと多くの人に対応できない、食事もままならない担当だ
この3日間のブース来場者はおよそ1000人を超える

関連する過去のブログ
・水源の森林づくりとバターのつけ放題
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41544287.html
posted by 森の旅人 代表 at 05:43| 水…釣り/水源/水生生物

2011年10月26日

水辺のきのこ

PA260001.JPG
宇津木台緑地の下の水辺に行ってみた、何か白いものが点在している、ここは湿地に近い環境
PA260002.JPG
食べごろサイズのきのこが群生していた、これは食べられるが、無理して食べる必要はなさそうだ
PA260003.JPG
水辺にはセリなど、なんとも不思議な光景だった

関連する過去のブログ
・森遊会…新たな水辺を発見
http://morinotabibito.sblo.jp/article/48438070.html
posted by 森の旅人 代表 at 16:11| 水…釣り/水源/水生生物

2011年10月12日

森遊会…新たな水辺を発見

PA110010.JPG
緑地を散歩していた方に下に湧水があるよと教えてもらったので行ってみた
PA110008.JPG
半信半疑ではあったが一面にセリが群生している
PA110005.JPG
確かに湧水だ、地元の方が畑に撒いているらしい、この水を絶やさないためにも森の整備が必要と思う

関連する過去のブログ
・森遊会…第4回目水辺の整備(その1)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/48186047.html
・森遊会…第4回目水辺の整備(その2)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/48198879.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:05| 水…釣り/水源/水生生物

2011年10月05日

今年もイタリー水源に行ってきました

PA010014.JPG
秋の箱根、神奈川県企業庁が一般募集した水源の草刈体験ツアーのインストラクターとしてイタリー水源に向かう
PA010006.JPG
水源からの水は地下を流しており蓋がされている、厳重な管理をしており普段は見学はできない
PA010012.JPG
水源や浄水場の詳細は割愛するが、水源が近く、地表を流れて来ないため水質は非常に綺麗、フィルターによる浄水程度で塩素はほとんど入れていない(入れなくても十分飲めるが規則で入れることになっている)
PA010011.JPG
草刈体験は怪我もなく無事終了

関連する過去のブログ
・浄水にはPACを入手せよ〜飲み水を作る〜
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43854141.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:13| 水…釣り/水源/水生生物

2011年09月28日

森遊会…第4回目水辺の整備(その2)

P9250041.JPG
水辺の整備と同時に進行したのが古い柵を取り払っての新しい柵づくり、今回整備したエリアの約30mを立ち入り禁止にするため
P9250042.JPG
一部崩れやすくなっており、立ち入らないほうが良い
P9250043.JPG
現地調達した杭13本を使いきった
P9250044.JPG
トラロープ100mも使いきった
P9250046.JPG
見事な出来栄え…ご苦労さまでした…

関連する過去のブログ
・森遊会…第4回目水辺の整備(その1)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/48186047.html
・森遊会…水辺の準備が整う
http://morinotabibito.sblo.jp/article/48057548.html
posted by 森の旅人 代表 at 05:49| 水…釣り/水源/水生生物

2011年09月27日

森遊会…第4回目水辺の整備(その1)

P9250002.JPG
9月25日は秋の過ごしやすさのなか、11名が集まり水辺の整備を行った、どこが水辺かわからない状態からスタートする
P9250005.JPG
アオキなどの雑木を伐ってゆく、予め作成したイメージのようになるだろうか?
完成後の水辺のイメージ
http://utsukidai.com/mizube2011-1.bmp
P9250012.JPG
雑木が終わったら数十年間溜まった泥をかきだす、長靴よりも深く泥が溜まっていた
P9250016.JPG
水源の湧水は綺麗ではあるが鉄分が多いのか泥が赤い
P9250017.JPG
かなりの重労働…夏場にこの作業は無理
P9250019.JPG
どろどろになりながらもなんとか綺麗になる
P9250035.JPG
見違えるほど綺麗になった
P9250047.JPG
人口の池も2つ作る…これからどんな生物が見られるか楽しみだ
翌日見たら水は澄んで流れは安定していた

関連する過去のブログ
・数十年放置された水辺
http://morinotabibito.sblo.jp/article/46849839.html
森遊会…水辺の準備が整う
http://morinotabibito.sblo.jp/article/48057548.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:19| 水…釣り/水源/水生生物

2011年09月21日

森遊会…水辺の準備が整う

P9190006.JPG
宇津木台 森遊会では9月25日に第4回目の活動として水辺の整備を予定しており、その準備を19日に行った
この日はメンバーが1名参加してくれた、水辺の枯れた大木をチェンソウで伐ってゆく、複数で作業する際はメンバーがどこにいるか絶えず把握しておく必要がある、下敷きになったら大変だ…
P9190008.JPG
水辺の整備後に立ち入りできないように柵を作る、その材料として付近で成長が見込めないコナラを伐ってゆく、この日は気温が30度以上になり森の中にいても蒸し暑い、大汗で作業ははかどらず、1時間で8本しか作れなかった
P9190010.JPG
それでも午後2時までになんとか12本を確保、飲み水もガソリンも底をついた
P9190011.JPG
帰りに緑地の指定管理者に寄り、支給依頼しておいたスコップと柵用のロープを受け取った、これで準備は万端

宇津木台 森遊会
http://utsukidai.com/

関連する過去のブログ
・森遊会…第3回目の活動(シュロバッタを編む)
http://morinotabibito.sblo.jp/article/47540728.html
・森遊会…第2回目の活動
http://morinotabibito.sblo.jp/article/46939360.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:48| 水…釣り/水源/水生生物

2011年09月14日

田んぼの小川を整備する

P9110008.JPG
小川の高さが田んぼに対して低いので泥や葉っぱが溜まりやすい
P9110006.JPG
ただし、ヤゴなどにとっては格好の住家のようだ
P9110012.JPG
低い場所からのすくい出しとなるので作業も大変になる
P9110023.JPG
崩れた個所も修復する
P9110024.JPG
10年は耐えてほしい…

関連する過去のブログ
・横浜に残る貴重な小川
http://morinotabibito.sblo.jp/article/45644648.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:51| 水…釣り/水源/水生生物

2011年08月31日

水生昆虫観察とスイカ割り

P8200007.JPG
生憎の曇り空、山の上のほうには雨雲が…水生昆虫はこのところの豪雨で流されてしまったようだ、それでも粘り強く探してなんとか主なものだけは説明した
P8200024.JPG
昼休みは恒例の?スイカ割り大会、子供の力ではなかなか割れず、細い棒のほうが折れてしまった
P8200025.JPG
今年はスイカが高価だった気がする

神奈川県のやどりき水源林にてある団体がイベントを実施した、水生昆虫の観察、自然観察などなど、インストラクターとして参加

関連する過去のブログ
・渓流の中を覗いてみよう
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41746206.html
・ヤマメの胃袋を覗いてみる
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43699317.html
posted by 森の旅人 代表 at 12:46| 水…釣り/水源/水生生物

2011年07月28日

今年も水遊びができました

P7220048.JPG
7月23日に子供向け森林教室を開催するので準備を前日に行った、特に問題となるのは昨年の世附豪雨で土石流となったため水遊びの場所が難しい、支流の源五郎沢で行うこととし、足場の悪い石をならし、降りる道を作り、安全を確保した
P7220046.JPG
堰堤上の石も落ち着いていないため取り払う
P7230075.JPG
水遊び本番、約50名の子供達が楽しんだ、幸い怪我はなかった
P7230078.JPG
今年もまだ数回、森林教室が予定されている

関連する過去のブログ
・今年は水遊びができるだろうか
http://morinotabibito.sblo.jp/article/45253623.html
・夏の終わりに子供たちと
http://morinotabibito.sblo.jp/article/40458750.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:06| 水…釣り/水源/水生生物

2011年07月27日

またもや豪雨で通れない

P7210002.JPG
先週の豪雨で丹沢湖にある世附のフィールドへ入る道は源五郎沢に阻まれていた、流れが一か所に集中して深くて普通車や人は通れない、数十年に一回の豪雨が毎年来ている、何かがおかしい
P7210005.JPG
まずは水を分散させるために、上流で流れを分離させる、画像の左側に新たな流れを作った
P7210008.JPG
流れが分散したところで深くえぐれた部分を重機で浅くする
P7210009.JPG
これで車も人も通れるようになった、2時間の工事

関連する過去のブログ
・世附豪雨の復興が終わる
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42721479.html
・ダンプ1万台分の砂利とは…
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41920337.html
・丹沢湖の災害復旧が進む
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41498911.html
・ログハウスは豪雨からかろうじて残る
http://morinotabibito.sblo.jp/article/40897498.html
・この豪雨は地球が怒っている
http://morinotabibito.sblo.jp/article/40858767.html
・豪雨による衝撃のリセット
http://morinotabibito.sblo.jp/article/40840082.html
・想像できない500mmの豪雨
http://morinotabibito.sblo.jp/article/40608793.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:18| 水…釣り/水源/水生生物

2011年07月20日

数十年放置された水辺

P7170022.JPG
宇津木台 森遊会のフィールドには湧水を源とする水辺がある、1年中水が絶えることはないが、生い茂ったコナラに囲まれ、アオキがさらに光を遮っている、近づくにも一苦労の状況だ
7月17日の第2回目の活動では、この水辺での生き物調査を行った、少し触るだけで泥水となり、中は落ち葉が腐らずにそのまま堆積している、とても生き物が住める状況ではない
それでもクロカワトンボの発生源となり、アメンボが沢山見られたので水質は良いのだろう
P7170023.JPG
いつまでも泥水のままだった、秋に作業ができるようにビオトープづくりの構想を進めてゆく
 
関連する過去のブログ
・森遊会…2回目の準備
http://morinotabibito.sblo.jp/article/46827683.html
・マイフィールドでの活動が始まる
http://morinotabibito.sblo.jp/article/46395530.html
・湧水のあるマイフィールドを発見
http://morinotabibito.sblo.jp/article/44560279.html

posted by 森の旅人 代表 at 07:23| 水…釣り/水源/水生生物

2011年07月06日

水源林の間伐と枝打ち

P9190014.JPG
人工林(スギやヒノキ)は間伐をしないと地上に陽が当たらず、草木が生えず、雨が降るたびに土壌が流れ、いずれはこうなってしまう、根が露出した木はもう生きてはゆけず、台風などの強風で森全体が崩壊する
PA180075.JPG
間伐指導のインストラクターをやると最近の参加者は半分が女性だ
PA310013.JPG
動力が使えない場所が多いので枝掛りした場合はとにかく引き倒すしかない
P6060019.JPG
大勢でやれば枝の処理は早い
PA240105.JPG
間伐して2年経った森、まだ植生は少ない
P8190020.JPG
こちらは間伐しながら10年以上経った森
PC170017.JPG
枝打ちは節の無い材木に育てる作業だが、材木としての目的でない森の場合でも、枝打ちをすることによって、地表に光が届くようになる
PC150293.JPG
枝打ちの前
PC150303.JPG
たった2時間でこの通り…

関連する過去のブログ
・間伐材の用途いろいろ
http://morinotabibito.sblo.jp/article/46082184.html
・山のテーブル特集
http://morinotabibito.sblo.jp/article/44311453.html
・水源の森は荒れている
http://morinotabibito.sblo.jp/article/44265704.html
・最も過酷な山奥の間伐
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42809890.html
・間伐集材の様子
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42765673.html
・間伐材をきちんと利用する
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41948789.html
・間伐作業は健康にもいい
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41509951.html
posted by 森の旅人 代表 at 12:57| 水…釣り/水源/水生生物

2011年06月29日

クレソンが人気です

P8290012.JPG
道志の道の駅ではいつも新鮮なクレソンが手に入る、清流がないと栽培できないと思っていたが、ほどほどに汚れていたほうが育ちは良いと聞く、購入するなら午前中、午後には売り切れて無いことが多い

クレソンはアブラナ科の多年生植物、ピリッとした後味のいい辛みと香が食欲をそそり、ステーキのつま飾りによく使われる、というのも血液の酸化防止に効果があるから
カロチン、カルシウム、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいる、口臭を消す働きもある、いいことづくめだ

以下、道志村の説明より・・・
地域の概要・栽培の歴史
当地域では、昭和50年代中頃から、富士山のきれいな湧き水を利用した水田転作作物としてのクレソン栽培が盛んになった。また、年間を通しての需要に応えるため標高差の違う村外のほ場を利用しての栽培も行われている。

現在では各地に自生し、比較的山間の河川の中流域にまで分布を伸ばしており、ごく普通に見ることができる。
繁殖力はきわめて旺盛。切った茎は水に入れておけば容易に発根するうえ、生長が速い。
クレソンは清流にしか育たないという俗説は誤りで、汚水の中でも生育する。
日本でもよく似たコバノオランダガラシとともに川や溝に野生化・雑草化しているのがよく見られる。
葉は奇数羽状複葉、5月頃、茎の先に白い小花を咲かせ、その後細いさや状の種子をつける。

ほかのアブラナ科植物と同じく、辛味(カラシ油配糖体)のシニグリンというワサビやダイコンなどと同じ抗菌性の物質が含まれる。
食欲増進効果もある。香味野菜としてサラダまたは茹でて若い茎と葉が肉料理の付け合せになど用いられる。
お浸し(芥子醤油など)、ごま和え、天婦羅、漬物、味噌汁の具、鍋物などにも利用できる。
最近はスプラウト(種子から出たばかりの芽)としても利用されている。霜にあたったクレソンは、葉が赤黒くなるが味は甘みが増す。

関連する過去のブログ
・人気の豆腐に名水あり
http://morinotabibito.sblo.jp/article/44041462.html
・水源の森を見学する
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41660886.html

posted by 森の旅人 代表 at 06:45| 水…釣り/水源/水生生物

2011年06月22日

田植えが終わりました

P5020020.JPG
水辺の黒い土かと思いきや、これは全てオタマジャクシ、ホウネンエビも多数見られた、田植えの時期が来ると生き物が活気づく
P6050002.JPG
田植え機ではなく、人が植えたのだろう苦労した足跡がみられる
P6050003.JPG
こちらは田植え機、田植えの時期は年々早くなってきたようだ、地域の事情や他の作物との関係で5月中旬に行うところもあれば、6月中旬になるところもある
P5020026.JPG
最近は、谷戸の田んぼを保存する取り組みが出て来た、むやみに早く植える必要はなく、ホタルが無事成虫になってから6月の今頃に植えてはどうだろうか

関連する過去のブログ
・スキスキ大好きカエル…
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43239424.html
・この時期の水辺にトンボが…
http://morinotabibito.sblo.jp/article/44712423.html

posted by 森の旅人 代表 at 06:37| 水…釣り/水源/水生生物

2011年06月15日

ゲンジボタルをもう見ましたか

P6130005T.JPG
6月中旬のこの頃はゲンジボタルが成虫となる、最近は都市部の緑地や公園で増やす活動が見られ、場所も個体数も増えている、場所によってはホタルよりも見学者のほうが多い、ゲンジボタル、ヘイケボタル、その他陸生のホタルなど8月まで楽しめる
P6124728.JPG
県立四季の森公園はホタルが発生することをあえてアピールしている、もの凄い数の見学者が来ると聞く、管理や警備は大変かもしれなしが、それだけの人の目があればホタルが窃盗される心配はない
P6124744.JPG
ゲンジボタルは1年の生涯の9カ月を水中で過ごす、水中には餌となるカワニナが必要だ、幼虫が丘に上がった際に柔らかい土が必要でさなぎになる、成虫になれば1週間毎晩夜露だけを口にして飛び回り、光を合図に相手を探す、交尾が終われば死んでゆくが約500個の卵が残る、適度な水辺が必要とされる環境の指標ともなる貴重な生き物がホタルだ
ちなみに、ホタルの光で本は充分に読める

関連する過去のブログ
・湧水のあるマイフィールドを発見
http://morinotabibito.sblo.jp/article/44560279.html
・野鳥に恵まれた観察会
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43409256.html

posted by 森の旅人 代表 at 07:10| 水…釣り/水源/水生生物

2011年06月08日

マイフィールドの準備が整う

P5200002.JPG
八王子市の所有する雑木林を有志で整備することにした、市の公園アドプト制度を利用するため現地の視察と八王子市役所で打合せを行い合意に至った
アドプト制度では道具の貸与、保険加入、近隣の自治体への連絡などは市が支援してくれる、公園の維持管理がこれまでは主だったようで本格的な雑木林の整備は新しい試みとなる、市の公園課からは期待されている
八王子市公園アドプト制度
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/shiminkatudo/shiminkatsudo/005660.html
P5200001.JPG
実はマイフィールドから歩いて5分の戸建てに5年間住んでいたことがある、現在の土地を購入する前でもう14年も前のことだ、当時この雑木林がどのようであったか?勤務先の事業場から四季折々の木々の移り変わりが見えていた、但し、その中が荒廃していることは想像できなかった
これまで転勤は一度もないのに、横浜→八王子→福生→横浜→八王子→横浜 と引っ越しているので八王子市役所には何度かお世話になっている
P5270012.JPG
この場所は宇津木台緑地と呼ばれている、関係はないと思うがウツギ(空木)が多くこの時期は白い花が綺麗だ
P5270020.JPG
一周して初めて気が付いたのだが北側の竹林は結構な広さがある、今年度は冬に調査を兼ねて少し間伐し、来年の初夏に皆伐も検討したい
P5270014.JPG
常緑から落葉まで様々な緑が楽しめる

東京都の緑のボランティア受入団体にも登録させていただいた
緑のボランティア登録制度
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/nature/other/volunteer/activity/index.html

さて、団体名は”森の旅人”ではなく”宇津木台 森遊会” メンバーの投票で決めた、6月26日に第一回目の活動を予定している
宇津木台 森遊会 ホームページ(一部工事中)
http://utsukidai.com/
会の趣旨など
http://utsukidai.com/Policy_20110607.pdf

関連する過去のブログ
・湧水のあるマイフィールドを発見
http://morinotabibito.sblo.jp/article/44560279.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:29| 水…釣り/水源/水生生物

2011年06月01日

横浜に残る貴重な小川

P5010063.JPG
我が家は横浜の区画整理された新興住宅地にあるが、歩いて10分程のところに谷戸が残っている、高圧鉄塔による高圧線があることで昔はその下には家が建てられなかった、だから谷戸が残ったとされる、田畑や雑木林が残る、なんとも長閑な雰囲気だ
実はその存在を知ったのは住み始めて8年程経ってから、ある日朝日新聞で聞きなれた地名とそこに多様な生物がいることが紹介されていた、活動団体と代表者の名前があったので即連絡、次の週には現地を回ってガイドしてもらった、約4年前のことだ、最近は活動に月一回は参加している
P5010057.JPG
そこを流れる小川には様々な生き物がいる、ところが大雨が降れば泥で埋まることもしばしば、どうしてそうなってしまうのか?
我が家のエリアはもともとは山だった、都市整備公団が造成の際に出た土をこの谷戸に運んで盛っただらしく、小川が相対的に低くなってしまった、なんとも申し訳ない話だ
P5010059.JPG
小川を守るため、泥をかき出し、水が一揆に流れないように小さな堰堤を入れた、これも数年持てばよいほうだ、抜本的で環境に負荷がかからない良い方法はないものだろうか?

関連する過去のブログ
・谷戸の野草を天婦羅で…
http://morinotabibito.sblo.jp/article/45010631.html
・菜の花をいただきました
http://morinotabibito.sblo.jp/article/44409222.html
・谷戸のお昼ご飯
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43838654.html

・山林火災になる前に伐採を…
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43443627.html
・活動場所はバランス良く
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42213431.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:25| 水…釣り/水源/水生生物

2011年05月18日

今年は川遊びができるだろうか?

P7250049.JPG
丹沢世附川の支流には気持の良い渓流がいくつもある、夏の親子森林教室では川遊びが定番となっている、水量は多過ぎず少な過ぎず、付近に民家は無いので水は綺麗で冷たい、木陰になっているのでちょうど良い、暑い夏にみんな唇が青くなるまで遊んでいた
P9180073.JPG
昨年の9月に5時間で500mmという未曾有の大災害が襲った、この画像は反対側から撮ったもの、土石流で夏の面影は全くない
水は元のように綺麗になったが岩場は白く、ガレているので川遊びには使えない
P7250062.JPG
水遊びの後はやっぱりスイカ、今年はどうなるか・・・

関連する過去のブログ
・夏の終わりに子供たちと
http://morinotabibito.sblo.jp/article/40458750.html
・想像できない500mmの豪雨
http://morinotabibito.sblo.jp/article/40608793.html
・豪雨による衝撃のリセット
http://morinotabibito.sblo.jp/article/40840082.html
・この豪雨は地球が怒っている
http://morinotabibito.sblo.jp/article/40858767.html
・豪雨からの自然の恵み?
http://morinotabibito.sblo.jp/article/40877269.html
・ログハウスは豪雨からかろうじて残る
http://morinotabibito.sblo.jp/article/40897498.html
・丹沢湖の災害復旧が進む
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41498911.html
・ダンプ1万台分の砂利とは…
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41920337.html
・世附豪雨の復興が終わる
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42721479.html

posted by 森の旅人 代表 at 06:55| 水…釣り/水源/水生生物

2011年05月04日

この時期の水辺にトンボが…

P5020014.JPG
5月2日植物観察と野鳥観察のトレーニングで横浜市の舞岡公園に出かけた、付近を流れる人工的な小川で何やら透明で光るモノが置いてある、どうやら羽化したばかりのトンボのようだ、時間は午前11時、トンボの羽化は明け方に始まり、明るくなると飛び立つというから不思議な現象なのか?
P5020012.JPG
翅がまだ乾いていないので飛べない、左右の目がはっきり分かれているのでサナエトンボ(ヤマサナエ)と思われる、この時期、オニヤンマも大量に羽化する
P5020015.JPG
見渡せばあたりに数匹いた、帰り(午後3時頃)に見た際はいなかったので無事飛び立ったようだ、小川や池や田んぼなど多様な水辺がなければ多種多様なトンボは見られない、特にオニヤンマは5年間も幼虫で過ごすので継続的な環境保全が必要だ

トンボは秋の生物と思われがちだが、実は4月から羽化している
アキアカネ(赤トンボ)は、田植えに合わせて幼虫となり夏に羽化して山へ移動し、秋に大量に戻って来るものでこれが秋を印象付けるのかもしれない、人間の稲作に合わせるとは賢い

関連する過去のブログ
・水生昆虫を餌にする
http://morinotabibito.sblo.jp/article/44451321.html
・渓流の中を覗いてみよう
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41746206.html
・ハリガネムシが出てきた
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41360180.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:38| 水…釣り/水源/水生生物

2011年04月27日

湧水のあるマイフィールドを発見

P7010004.JPG
旅人の森の整備が一段落したので、身近に整備できるマイフィールドを探していた
勤務先の目と鼻の先に、まだ、誰も手を付けていない雑木林を発見、所有者の市と合意にいたった、2ヘクタール以上あるのでとても広い
P4210001.JPG
大規模造成後、約30年放置されたので落葉広葉樹を中心に細い木々が密集している、また、笹が前面に生えている、植生は乏しく、昆虫も少ない
P4210003.JPG
若葉の季節は清々しいが、夏になるとうっとおしくなる、暗くて蚊が多い
P4210005.JPG
一部に竹林もある
PC010005.JPG
秋になると紅葉が素晴らしい
PC010009.JPG
近隣に住宅が無いのでこのように間伐がされなかったらしい、まだ間に合うと思うので、何年もかけてやってゆく
PC010019.JPG
湧水があり1年中絶えない、明るくすれば生き物が戻ってくるはずだ、ホタルを放流するのは賛否がある

まずは勤務先で森林ボランティア経験のあるメンバーを中心に細々と始める、とは言っても既に20名が集まった
これまで知り合ったネットワークを活用してメンバーをどんどん広げてゆく

関連する過去のブログ
・水源の森は荒れている
http://morinotabibito.sblo.jp/article/44265704.html
・森林は誰のものか?
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42315496.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:16| 水…釣り/水源/水生生物

2011年04月20日

水生昆虫を餌にする

PA180043.JPG
新緑の季節がやってきた、水温が上がると昨秋の落ち葉を餌にして水生昆虫が爆発的に増える、これを渓流魚が餌にする
P7060010.JPG
自作した持ち運びのできるデジタル顕微鏡で見てみる、カワゲラは川底の石の裏に張り付いている、面白い顔をしている

渓流釣りの餌として重宝する、釣りの世界では ”オニチョロ” と呼ばないと通じない、どこに多くいるのか? 経験的には、深い流れよりも浅瀬、明るい区間にいる、増水した後は思いもかけない場所にいるので探すのが難しい、捕れる時は数分で数十匹、捕れない時は一日で数匹、特に一斉に羽化した後は全く捕れない、そういう日は持参したミミズや夏場はその辺のバッタ、秋はコオロギを餌にする
釣りの専門店では真空パック?にしたものが売っている、50匹で千円程度のようだが、死んでいるので、崩れ易く、喰いも良くない、しかし生きたまま餌に使うと石にしがみついて釣りにくいことがある、ではどうするのか・・・
川から捕ったら、保冷材と僅かな水を入れた餌箱に入れる、水はこまめに替える、餌として針に付けた後、頭の部分を軽く潰して失神させる、これで水中では動きはするものの石にしがみつくことはない、軽く潰すその加減・・・ここに長年の技がある
P7060017.JPG
ヘビトンボは肉食なのでこんな顎がある、これは釣りの餌にはならない

関連する過去のブログ
・ヤマメの胃袋を覗いてみる
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43699317.html
・渓流釣りの極意
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42517543.html
・真冬でも釣りをします
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42199985.html
・渓流の解禁が待ち遠しい
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42010385.html
・渓流の中を覗いてみよう
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41746206.html
・渓流釣りで出会った恩人
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41136014.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:59| 水…釣り/水源/水生生物

2011年04月13日

水源の森は荒れている

P2010037.JPG
例えば、西丹沢の雨山、遠くに相模湾が見える、ここに降った雨は、寄沢〜酒匂川となり神奈川県民(横浜や川崎も含めて)の飲み水となる
P1110070.JPG
現状、残った立木もやせ細っている、枝打ちや間伐をしないからこうなる、大雨や雪、強風が来れば崩壊する
P1110080.JPG
少し谷になった場所は何度も崩落した痕がある、沢が一直線で岩がいつも白い、雨の直後しか水は無い
P4030085.JPG
一度崩落が始まると止まらない、この沢はかつて大小の木々で覆われていたが土石流で流されてしまった
P1110098.JPG
きちんと整備すればこうなる、しかし、まだ下草が生えていない、生えれば鹿に食べられるという問題がある
P1110100.JPG
水源がどんどん枯渇してきている
外国人が水源地を買うのはけしからんという風潮があるが、ならば我々日本人が水源地をきちんとしておかなければならない

関連する過去のブログ
・最も過酷な山奥の間伐
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42809890.html
・森を見て木を見るな
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42535838.html
・水源の森を見学する
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41660886.html
・間伐作業は健康にもいい
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41509951.html
・もっともっと鹿を食べよう
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41733281.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:32| 水…釣り/水源/水生生物

2011年03月30日

人気の豆腐に名水あり

PA210015.JPG
丹沢大山を源とする唐沢川の中流、ここから渓流釣りを始める際に、タンクローリーを乗りつけて取水している方とたまに出会う、聞けば豆腐業者でここの水は最高だと言う…どこの業者かは聞かなかったがかなりのこだわりようだ
P5160031.JPG
丹沢のお勧めはここ、秦野駅からヤビツ峠に向かう道沿い、246号の名古木(ナガヌキと読む)交差点を過ぎてすぐ右手にある
・丹沢大山五右衛門
http://www.goemon-tofu.com/index.html
P5160030.JPG
ゆばが絶品
PA130050.JPG
山梨県道志村のお勧めはここ、どうし道の駅に隣接している
・とうふ屋ほたる
http://www.tofu-hotaru.com/
PA130048.JPG
午後には売り切れる
P7110016.JPG
試食も惜しみなく、道志村での間伐活動の際は必ず買って帰る

関連する過去のブログ
・水源の森を見学する
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41660886.html
・最源流の湧水で何を飲む?
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41273499.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:54| 水…釣り/水源/水生生物

2011年03月23日

これからは非常水の備蓄を

災害時にいかに水が大切か?被災地のみならず不安による買い占めで水がすぐになくなる状況を目の当たりにした
津波や火災でモノを持ちだせない場合は仕方ないが、自宅が無事であれば最初の3日間、一人一日3リットルあればなんとかなる
品薄が解消したら、この機会にあらためて水の備蓄を考えよう、ちなみに我が家は被災地のことを想い買占めは一切しなかった
P3220003.JPG

昨晩、成瀬駅前のスーパーには水もパンも充分に並んでいた、水は横浜市水道局が山梨県道志村で取水した「はまっ子どうし」、売り上げの一部が基金として道志村の間伐活動資金になる、水道局が行う事業としては人件費も入れれば赤字かもしれないが、基金の仕組みや非常時に大都市でありながら地元ですぐに手に入るメリットはある、売上目標を達成するのに苦労していると聞いたので在庫は充分にあるのだろう、これを機会にさらにPRして欲しい…今現在、水道局としては被災地支援でそれどころではないとは思うが…
 
さて、水道局では土も販売している、「水と花と緑の土」は浄水処理したときにできる泥の有効利用として有料販売されている
http://www.city.yokohama.lg.jp/suidou/kyoku/torikumi/kankyo-hozen/engeido.html
P3200008.JPG
グリーンコンポストは、横浜市内の公共工事で発生する樹木のせん定枝を原料として粉砕・たい肥化したもの
以下に情報がある(横浜市資源循環公社)
http://www.shigenkousha.or.jp/compost.html

関連する過去のブログ
・災害時の水の備蓄について
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43645045.html
・ひとつ星マイスターに認定される
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43307266.html
・水源の森を見学する
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41660886.html
・横浜市民が道志村で間伐
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42920930.html
・水の話…道志村と横浜市
http://morinotabibito.sblo.jp/article/39869801.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:19| 水…釣り/水源/水生生物

2011年03月16日

浄水にはPACを入手せよ〜飲み水を作る〜

このブログを訪問した方のキーワード検索に”泥水””浄水””飲み水を作る”などが増えている
水道局に教えてもらった作り方は2段階
1.ある程度綺麗な水にPAC(ポリ塩化アルミニウム)を少量入れかき混ぜ、しばらく置くと、汚れが固まり沈殿する
2.この上澄みをペットボトルに入れた砂や砂利でろ過する
大量でなければそのまま飲んでも大丈夫だろう、沸騰させて料理に使うならば全く問題はない
元が海水の場合どうなるのかはわからない、やってみるしかない、雨水や雪解け水ならば問題はないだろう
問題は、PACをどうやって入手するか? 薬品メーカーが支援してくれればよいのだが、手に入りにくく、高価と聞いた
PACの情報
http://www.cgco.co.jp/products/chemicals/watertreatment.html

箱根の水源地、イタリー水源を紹介する
イタリアとは全く関係なく、イタリは地名、江戸時代に杉を板にして細工物に使ったことから”板の里”からきているとされる
湧水で水量は多くはないが上質な水をさらに浄水している、詳細は以下にある
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/31/3118/suigen_h21_1_web.pdf

P9050021.JPG
毎年夏にこの水源地で間伐や草刈り体験のインストラクターを行っている

以下、浄水に関しての注意事項です・・・
・・・PACを使ってもオイルや化学物質までは完全に除去できません、山からの少し濁った雪解け水や雨水には有効ですが、津波の後の水はやめたほうがいいでしょう、支援物資の水を待ったほうがよさそうです(5月5日追記)

関連する過去のブログ
・飲み水を実験で作る
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41577850.html
・今日からできる節水の極意
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41209113.html
・水源の森を見学する
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41660886.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:31| 水…釣り/水源/水生生物

2011年03月09日

旅人の森で治水工事

P3060002.JPG
3月6日は強風=花粉の中、以前から気になっていた北側林道の治水工事を行った
U字溝はあるものの埋まって機能していない、大雨が降ると道に土砂が流れる
山側の崩れが気になったので丸太柵を設置した
P3060004.JPG
10メートルやるだけでも結構な重労働
P3060006.JPG
丸太棚は番線を忘れたので固定に苦労した、とりあえず3年もてばいい、次回はもっとしっかりしたものを作ろう
P3060014.JPG
結局、夕方までかかり4分の3を掘り出した
P3060015.JPG
帰りにばんやの湯で体をほぐしたがいまだに全身が痛い
残り4分の1は4月のツアーで合間をみて、やってしまおう

関連する過去のブログ
・丸太柵で遊歩道を作る
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43657883.html
・旅人の森の管理ポリシー
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42110302.html
・最後の難所に取り掛かる…六日目
http://morinotabibito.sblo.jp/article/42308866.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:12| 水…釣り/水源/水生生物

2011年03月02日

災害時の水の備蓄について

P2200100.JPG
2月20日(日)地元の奈良の丘小学校にて防災訓練が行われた
P2200106.JPG
いつものように、横浜市アマチュア無線非常通信協力会のスタッフとして参加、アンテナの設置や各防災拠点との交信を練習する
P2200108.JPG
住民が参加しての心肺蘇生法の講習、AEDも使用する、この地区は人口が急増しているにもかかわらず、参加人数が少ないのがちょっと心配
三角巾の使い方、消火器の使い方、エンジン式カッターの使い方、車椅子を使っての近隣の施設への搬送など、盛りだくさんだった
P2200114.JPG
非常時用の備蓄倉庫を覗いてみた、トイレ・乾パン・担架・炊き出し用炊飯器・そして飲料水…が並ぶ
P2200110.JPG
水は置いてあるがこの量では全く足りない、飲み水専用として夏場の脱水症状を押さえたり、傷口を洗う程度になる
やはり各家庭での水の備蓄(ひとりあたり9リットル)が必要となってくる

関連する過去のブログ
・ひとつ星マイスターに認定される…水道局、水の備蓄について
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43307266.html
・最後はアマチュア無線が頼り
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43112701.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:19| 水…釣り/水源/水生生物

2011年02月23日

大阪の水…現れる

P2160008.JPG
ナノバイオExpo2011に参加したところ国際水ソリューション総合展が同時開催されていた http://www.interaqua.jp/
そこで何故か? 水の試飲コーナーをやっていた
P2160005.JPG
横浜市は道志川から取水した ”はまっ子どうし” 
東京都の高度浄水処理された水道水 ”東京水”
どちらも馴染みのある味だ
P2160006.JPG
大阪の水 ”ほんまや” さすがインパクトは強い
東京都と同じく、高度浄水処理された水道水らしい、味は悪くない http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu030/honmaya/index.html

このブログでは水について沢山触れてきた
私は利き水以外の目的でペットボトルの水は買わない、水道水を浄水器を通して持ち歩いている
その理由は、旅人の森での利き水大会にある http://morinotabibito.sblo.jp/article/40370684.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:57| 水…釣り/水源/水生生物

2011年02月09日

ひとつ星マイスターに認定される

P2020001.JPG
2月2日、横浜市水道局 水のマイスターの講習と認定式が行われた
P2020002.JPG
2010年は7つのイベントに協力して、ひとつ星マイスターに認定された、今年も5つ以上のイベントに協力すれば1年後は、ふたつ星マイスターとなる、五つ星が最高で最低で5年かかるが、今回7名の方が五つ星に認定された、私もあと4年早く気が付いていればよかったのに…ちょうど4年前は水道局の道志の森インストラクターに認定された時期でこの制度の情報はあったはず

この日の講習は水道局の災害への備えを勉強した、大震災では一般家庭に水が行き渡るまで3日かかる、最初の3日間をどう乗り切るか、3日分(4人家族の場合 3リットル*4人*3日=36リットル)の水を備蓄しておこう
その他にも様々な取り組みがされている、詳しくは水道局のページで→http://www.city.yokohama.jp/me/suidou/kyoku/torikumi/anshin-oishi/saigai/saigai.html
P2060010.JPG
早速、2月6日の鴨志田緑小学校での防災訓練では給水車(市内に21台あるうちの1台)を発見した、21台は少ない台数だがいざという時には全国から支援が来る、但し、交通が遮断されれば水は届かない、しかも医療機関や拠点への給水が優先される、家の前で給水車を見かけて追いかけても止まってはくれない
まずは一人9リットルを備蓄しよう、2リットル*6本の天然水で500円程度、”はまっ子どうし”なら1400円で購入できる→http://www.city.yokohama.jp/me/suidou/hamakkodoshi/order/
posted by 森の旅人 代表 at 07:01| 水…釣り/水源/水生生物

2011年02月02日

直結給水が増えている

P1300002.JPG
近所の小学校で見たシール
P1300004.JPG
直結給水のメリット
配水管からの水道水を直接給水するため、安全でおいしい水が供給できる
つまり屋上などにある受水槽に一旦水を溜めないということは、鳥の死骸や夏場のカビが影響する心配が無い
さらに、
・受水槽設置に比べ工事費・維持管理費が安くて済む、定期に行う検査・清掃が不要
・受水槽や高置水槽が不要になることから、設置スペースが有効利用できる
・配水管の水圧を有効に利用することができるため、省エネルギー効果があり、地球環境の保全に寄与できる

横浜市水道局 給水の仕組み
http://www.city.yokohama.jp/me/suidou/os/suidou-suishitsu/suidou/kyusui.html

横浜水のマイスターで知った、給水の圧を上げるので水道管をきちんとメンテナンスしないとできない仕組みだ

posted by 森の旅人 代表 at 06:27| 水…釣り/水源/水生生物

2011年01月29日

鶴見川が綺麗になってゆく

PC060032.JPG
ワールドカップ決勝があったスタジアムを望む
PC060045.JPG
鶴見川流域センターが面白い
PC060041.JPG
この地域に限定した小学生向けの展示が充実している
PC060037.JPG
河川などに関する書籍も充実
PC060039.JPG
そして目玉は鶴見川の上流から下流までの水の生き物
PC060036.JPG
ハヤ・ウグイ・オイカワ・・・・
PC060035.JPG
カニやザリガニもいる

綱島に実家がある私は昭和40年代から60年までの鶴見川を良く知っている、40年代の後半はとても汚い川だった
新横浜の日産スタジアムまでサイクリングした帰りにふと立ち寄った鶴見川流域センター、ここの展示を説明している職員さんと話したところ、今はかなり綺麗な川になってきているとのこと、下水処理施設が充実し、家庭や工場からの垂れ流しがなくなったことが大きい、また川になんでもかんでも捨てる人が少なくなった
流域の人口が増え、心配なのはゲリラ豪雨による洪水被害、その辺の対策も説明されている
癒されるのは流域に住む魚たち・・・見学をお勧めする

鶴見川流域センター
http://www.tsurumi365.info/center/index.htm

posted by 森の旅人 代表 at 05:43| 水…釣り/水源/水生生物

2011年01月12日

渓流釣りの極意

P4270065.JPG
渓流釣りの解禁期間はどんどん長くなり、春分の日から秋分の日であったものが3月1日(ところによっては2月中旬)から10月15日、しかし早春は水温が低く難しい、寒いのが苦手の方はゴールデンウィークからがいいだろう
車+歩きが基本だが、歩きが長い場合はMTBを使う、釣りの時間が充分確保できるのでありがたい、まず、人がめったに来ない場所(沢)を探すのがコツ、長年やっていると地形と雰囲気でわかる
放流されて人も魚も沢山いる場所には行かない
P3220195.JPG
イワナやヤマメがどこにいるか、どのポイントで餌を食べているかをイメージする、ココというポイントで来なければ直ぐに諦めて次へ移動する、一か所はせいぜい10秒の早業だ、諦める回数が続くようであれば釣らずに30分歩きまた始める、魚がいる区間とそうでない区間が必ずある、先行者がいる場合はそれがよりはっきりする、先行者の存在は足跡で直ぐにわかるし歩いたルートや釣った際の立ち位置で腕前がわかる、因みに私の師匠が釣った後は荒れていないのでまだまだ釣れる、自然と一体となって楽しむのが上級者
P3140014.JPG
丹沢のヤマメ、スッーと釣って、全く触れずにサァーっとリリースするのがポイント、初心者を連れていっても1,2匹は釣れるようになる
渓流釣りの醍醐味は自然と一体となって雰囲気を楽しむこと、魚に優しく、一人で行くのがいいが誰も見ていないからといってインチキはしない、完全に自己満足の世界だから極めるのが楽しい
posted by 森の旅人 代表 at 06:54| 水…釣り/水源/水生生物

2011年01月05日

流木が無料でもらえます

P9290077.JPG
大雨が降るとダム湖には流木が溜まる、建築材としての価値は無い、これらの処理は厄介で燃やすには大量過ぎる、山に戻せばまた流れてくる、チッパーにかけるか薪として使ってもらうくらいしか手は無い

宮が瀬ダムでは無料配布を行っており意外と人気が高い、持って帰るには軽トラックが必要かもしれない、流れて来た際に石を巻き込んでいるので、細かく切断する際はチェンソウや鋸の刃を痛めないように注意が必要だ

宮が瀬ダムの情報
http://www.ktr.mlit.go.jp/sagami/topics/2009/makihaihu.htm
posted by 森の旅人 代表 at 06:00| 水…釣り/水源/水生生物

2010年12月22日

真冬でも釣りをします

PC300005.JPG
タイイングの道具を詰めたリュック、その日の雰囲気に合わせて現地で作る、特に自然の渓流では状況が刻々と変わるので、これに合わせて、大きさや色・形などを変えてゆくが、繊細なようで、たまに大雑把でも釣れたりするのでよくわからない
タイイングについては、以下の過去のブログを参照
http://morinotabibito.sblo.jp/article/41136014.html
PC300021.JPG
因みに私は特殊道具は左利き(ハサミ類、包丁、ラケット、ギター、釣り竿・・・)、鉛筆や箸は右利き、但し鉈と鋸と電動ドリルは両利き、といった非常に便利な頭の構造になっている
PC300024.JPG
管理釣り場では真冬でも陽が射せばそれなりに釣れる、魚に触れずにリリースするのがポイント、魚の体温は水温と同じ5度以下、人間の体温との差は約30度、人間に例えれば、35(体温)+30(温度差)=75度の者に触られることになり火傷となる、魚も人間が触れた部分は皮がムケいずれは死んでしまう、触れずにリリースする練習をしておこう
この日は雪が降ってきた、さすがに釣れない、場所は山梨県

フライフィッシングでお世話になっているお店 四ツ谷 ザ・ファンテイル http://www.funtail.com/

よく行く管理釣り場
 フィッシュオン王禅寺(川崎市) http://www.fishon-oz.jp/
 フィッシュオン鹿留 (山梨県) http://www.sisidome.jp/ 
posted by 森の旅人 代表 at 07:25| 水…釣り/水源/水生生物

2010年12月15日

水道記念館に出かけよう

PB230011.JPG
横浜市水道局 西谷浄水場にある水道記念館、相鉄線上星川駅下車徒歩15分
PB230007.JPG
最初の公共水道はライオンの口から水を出していたらしい、現存する貴重なモノ
PB230006.JPG
このライオンは最盛期には600基あったとされる
PB230014.JPG
水道創設100周年の記念塔
PB230013.JPG
タイムカプセル100年後は2087年に開封とある、その頃水道も大きく変わっていることだろう
PB230032.JPG
館の入り口にある噴水、ストロボで照明され、落ちる水が登るように錯覚する、個人的には結構気に入っている
P1250018.JPG
どこかのアヒル村長といい勝負?
PB230033.JPG
かなりストレートなポスターです
PB230044.JPG
横浜フリエスポーツクラブ(横浜FC)の練習場もある、確かに貯水場の上はサッカーグランドには最適だ
水道局との共同イベントは人気が高い
http://www.yokohamafc.com/article/news/5307.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:53| 水…釣り/水源/水生生物

2010年12月08日

渓流の解禁が待ち遠しい

P3220197.JPG
解禁はおよそ春分の日から秋分の日まで、3月からのエリアもある、春先は雪と氷の世界となる、いつから本格的に始めたのか覚えていないが20年以上になる、写真は群馬県の平川支流、滝が凍結していたのでここで遡上をあきらめた
P4290022.JPG
それでも何匹かは必ず釣る、小さいが綺麗なイワナ
P4300005.JPG
基本はリリースだが昼食用に人数分はいただく、小さめをよく焼いたほうが旨い、幻の魚として縁日や観光地で養殖モノを焼いて700円程で売っている、塩焼きやムニエル、イワナ汁がいい、刺身やニギリ寿司にしたこともあるが淡白でイマイチだ
P4290057.JPG
尺(30センチ)を超えるものは少なくなった、年に数匹しか釣れない、大物がいそうな場所というよりも人が行かない、人が見落としそうなポイントにいる、イワナやヤマメとの勝負というよりは釣り人との勝負となる、写真は仲間が釣った34センチ、魚拓にして民宿に貼ってある

 森の旅人では将来、渓流釣りツアーを考えている、参加者のレベルに応じて場所を変える、装備を整えなければならないし、万が一に備えて保険だけではなく、救助体制も必要だ、これまで何百回と行っているが救助騒ぎになったことは無いのでそんなに危険ではないが、怪我の一歩手前や熊との遭遇は頻繁にある、気候の変動で急な増水や熊とのトラブルは増えそうだ

 最もお気に入りの沢は群馬にある、車を停め、山を30分降り、本流を渡り、支流をまた30分歩くと岩場が始まる、ここから釣り始め大小の滝を20程超える、それでも一日で行ける距離は支流全体の3分の1程度、沢の中で一泊するか、別ルートで沢の上流に出るしかない、帰りは最後に山登り30分が待っている、自分の体力を確認する場所でもある

posted by 森の旅人 代表 at 06:51| 水…釣り/水源/水生生物

2010年11月24日

感謝デーに水のマイスター出動

PB230031.JPG
横浜市水道局主催のイベントが11月23日西谷浄水場で開催され大勢の市民でにぎわいました
PB230018.JPG
”はまピョン”(右)は意外と横幅がでかい
PB230017.JPG
こんな方々もいました
PB230029.JPG
沢山のブースのうち、サービス推進課では我々水のマイスターによるきき水が人気を集めた、皆さんに3種類の水A・B・Cを飲んでもらい、さらにクイズとして1種類を飲み、A・B・Cどれかを当てるもの、殆どの方が正解
PB230026.JPG
きき水を体験した方は水中輪投げに挑戦し景品をGET、この輪投げは水の揺らぎを読む必要があり、意外と難しい
PB230022.JPG
森林は緑のダムを再現した模型、全てプラスチックでできている、なかなか凝った作りです、右奥の森があるほうが左奥の無いほうに比べて水が流れてくる時間が遅く、森が水を貯える様子がわかる、細工がしてあって遅く流れるようになっているが、イメージを掴んでもらうには十分な作りで面白い

 お客様感謝デーに初めて参加した、横浜水のマイスターになったためお手伝いとして召集がかかった、家族連れで楽しめるようによく工夫されている、子供向けにサッカー教室(横浜FCによる)もある、明治時代を意識して当時の着物や人力車など、よく準備されていた
http://www.city.yokohama.jp/me/suidou/event/event20100915.html
posted by 森の旅人 代表 at 06:59| 水…釣り/水源/水生生物

2010年11月17日

渓流の中を覗いてみよう

P8220011.JPG
いい大人が夢中になって何かを観察している
P8220012.JPG
ハリガネムシとカジカが捕れました
P8060012.JPG
卵を抱えたものも多い
P8060013.JPG
ヘビトンボの幼虫、肉食です

 渓流の中にうちわほどの大きさの網を入れ上流側の石をひっくり返してみると水生昆虫などがザクザク捕れる、釣りの餌もこうして捕る
 これを写真の現像などに使うバットに移して仕分ける、さらにシャーレに移してルーペで観察する、私の場合はデジタル顕微鏡(自作)で観察する、これを使ったレポートが以下にある、やどりき水源林ニュース
http://www.forest-kanagawa.jp/yadoriki/news/74go/news74.pdf
 渓流の中は地上と同じくらい生き物の宝庫だ
 
posted by 森の旅人 代表 at 07:21| 水…釣り/水源/水生生物

2010年11月10日

水源の森を見学する

PA130057.JPG
山梨県道志川の源流の一部は見学できる、413号線山伏トンネルの手前から山に入るルートがある、駐車場が狭く国道沿いに看板は無いので普通は気が付かない、横浜市が所有管理している
PA130059.JPG
横浜市水道局が認定する道志の森インストラクターは源流見学を行う、歩いて数分、管理された豊かな森が広がる
P2220019.JPG
横浜市は道志川下流から取水して西谷浄水場まで導管で運んでいる、また、取水した一部をミネラルウォーター”はまっ子どうし”として販売している、全国にはこのようなご当地の水がどのくらいあるのか?林野庁を訪問した際に展示してあった(写真)が数え切れなかった

 横浜市は道志村の3分の1を所有している、いっそ横浜市道志村にならないか?という話がたびたび出るくらいだ、所有は水源となる自然林がほとんどで良く管理がされている、貯えられた水は道志川となり下流で取水され横浜市の水道水となる、水道水に占める道志水の割合は僅かだが、様々な水源を確保しておくこと、その水源地を自ら大切にすることに意義がある
 因みに、村の残りの3分の2には民有地で手つかずの人工林が多い、これを横浜市民のボランティアによって間伐する活動がある、その指導をするのが”道志の森インストラクター”、高いレベルの知識と技能が要求される、もう4年になる
 ”はまっ子どうし”は単に利益追求ではなく、上記ボランティア活動の資金になるなど目的がある、よく考えられている
http://www.city.yokohama.jp/me/suidou/hamakkodoshi/
 全国には数えきれないミネラルウォーターがある、輸入されたものもすぐに手に入る、果たしてガソリンよりも高価なそれらを飲む必要があるのか?製造や運送で環境に負荷はかかっていないのか?利益は水源の保全等にきちんと還元されているのか?見えないものは飲まないようにしている、 水道水を浄水したもので充分と思う(過去のブログ参照)
http://morinotabibito.sblo.jp/archives/20100826-1.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:31| 水…釣り/水源/水生生物