2010年10月31日

水源の森林づくりとバターのつけ放題

PA293712.JPG
水源の森林づくり街頭キャンペーン(10月29日 川崎市民祭りにて)
PA293729.JPG
北海道の男爵芋を使ったじゃがバター 400円也
PA293707.JPG
大盛の芋に大盛のバターを自分で盛る
PA293728.JPG
このバター缶は衝撃でした

 29〜31日は川崎市民祭りであったが30、31日は台風で中止に、楽しみにしていた方々はさぞかし残念だったろう、しかし安全を考えれば30日に全て撤収し31日は晴れてもやらないという主催者の判断は正しく立派と感心した
 なぜ、川崎市民祭りなのか?
 県民との協働による森林づくり実行委員会からの依頼にもとづき横浜・秦野・川崎の自治体イベントに合わせて我々NPOかながわ森林インストラクターの会はブースを毎年出している、今回の川崎では、29〜31日のうち、私は29、30日に出動当番であった、29日は平日の曇りで肌寒い中、それでも約300人(うち子供70人)がブースを訪れてくれた、水源林の紙芝居・水源かん養実験・間伐材の丸太切り・どんぐり工作・緑の募金など充分楽しめる内容だった、30〜31日はより多くの来場者を見込んでいたので残念だ、30日は土砂降りの中、片づけとなった、ブースの内容は後日のブログで紹介したい
 何よりも衝撃を受けたのはおやつに食べた”バターのつけ放題”、放題はいろいろあるが、ボウリングの投げ放題よりもさらに衝撃を受けた、何よりも業務用?バター缶の大きさ、盛ったバターだけでも普通に買ったら400円しないだろうか?完食したが暫くはなんともいえない満腹感だった
 
posted by 森の旅人 代表 at 07:16| 水…釣り/水源/水生生物

2010年10月30日

猪鹿もこうなってしまっては…

P3070007.JPG
鹿の年齢は歯を切断すればわかるという
P3140013.JPG
これは猪、だいぶ時間が経っている

 山を歩いていると動物の死体とよく出会う
 多くは自然死で原因はわからない、ただ毎年着実に増えている
 皆さんに気をつけていただきたいのは、素手で触らないこと、調査員ならば手袋をして作業する
 鹿は間伐作業でせっかく生えた下草を食べつくす、猪は畑を荒らし、時に人を襲う、いずれも厄介もので、丹沢では計画的な駆除が進んでいる
 鹿はもともと平野の動物、山に追いやったのは人間の仕業、なんともやるせない…

posted by 森の旅人 代表 at 06:44| 土…野鳥/昆虫

2010年10月29日

どんぐりを育てて森に帰す

P5290020.JPG
使用済紙コップとシュレッダー紙で育てたどんぐりポットをイベントで募金と引き換えに配布する
P5290008.JPG
箱売りも考えている 名付けて 「どんどんグリーン」
P4070008.JPG
オフィスに飾ってもいい 1年経っても枯れずに元気だ
P4160002.JPG
インテリアとしてもまずまず(因みに我が家のTVは50インチ)
PA030003.JPG
育成キットもある(写真はプラスチック容器) 

 どんぐり、紙コップ、シュレッダー紙は誰でも手に入る、お金はかからない、発芽させて大きくなったら森に帰してはどうだろうか
 使用済み紙コップと土を使用した取り組みは過去にあったようだがシュレッダー紙を使用した例は無い、本来、実用新案をとりたいがなるべく多くの人に普及させたいので独占権は主張しない、但し、様々なノウハウは必要なのでそう簡単に真似はできない
 土でやったこともあるが、虫が湧くのでインテリアとしては不適、紙コップとシュレッダー紙はそのまま埋めれば自然に戻る(但し、数年必要)、当面は環境イベントなどで無料配布してご意見を伺うことにする

posted by 森の旅人 代表 at 06:20| 金…環境税/グッズ 

2010年10月28日

間伐作業は健康にもいい

P9190012.JPG
下草が生えないと雨で土が流れてこうなります 木も生きてゆけません
P2170045.JPG
密集した人工林は風が吹くとぶつかり合い 内部で割れます
ちょうどバウムクーヘンがボロボロと剥がれるように
P2230810.JPG
女子中学生3人組 最近子供達の間伐体験も盛んです
まず自然にふれるだけでも重要なことです
P9280018.JPG
典型的な良い森はこういったイメージです

 間伐は大切! そう思っている人は多いと思うが、インストラクターで話をしてみると本当に理解できている人は意外と少ない
 材木としてではなく、土砂の流出防止、木の成長と共に増える二酸化炭素の吸収増加、低木層における生物の増加などいいことづくめだ
 私がさらに大きな効果として考えているのは、都会のストレスで暮らす人の気分転換と運動不足解消、森の空気を吸いながら汗を流す、ジムで汗を流すよりも気持がいいし運動量ははるかに多い、コナミスポーツクラブのBTSJプログラムを全てこなす私が言うのだから間違いない、スポーツプログラムとして開発できないだろうか、音楽はかけないほうがよいが…
posted by 森の旅人 代表 at 06:23| 木…森林/竹林/植物

2010年10月27日

丹沢湖の災害復旧が進む

P9180034.JPG
9月8日の豪雨で丹沢湖は土石流で埋まってしまった
PA230037.JPG
日の出から日没までフル稼働で作業が進む
PA240108.JPG
1万立米を運び出すというから驚きだ
PA230007.JPG
綺麗な飲み水も戻ってきた

 9月8日、西丹沢の世附地区を襲った豪雨で土石流が発生、家や橋は流され丹沢湖の一部が埋まった、普段は森に囲まれて見えない堰堤(砂防ダム)は大きな姿を現した・・・ということは今から約40年前、堰堤ができた当初はこの状態だったのだろう、40年間で少しずつ木々は葉を落とし土になり草が生え森になっていった、数十年に一度の出来事なのか?いや、温暖化による豪雨の多発で来年また起こる予感がする、5時間で500ミリは奄美大島と同じレベル、市街地で起こったらただでは済まない
 丹沢湖を埋め尽くした砂利を運び出す工事が進んでいる、ダンプカーの道を作り、数台のシャベルカーで掘ってゆく、1分で1台、ものすごいペースだ、元の状態に戻りつつある、水も澄んで飲めるようになった、我々のフィールドへ渡る橋が流されたので1キロ迂回している、こちらは再建の予定は無いがつり橋はどうかなど夢はある
 

posted by 森の旅人 代表 at 05:42| 月…天体/環境/フィールド

2010年10月26日

ピザは焼きたてがいい

PA250009.JPG
専用窯 2時間以上前から火を入れて充分加熱しておく(500度以上)
PB220083.JPG
食菌したナメコ 風味がいいので散りばめる
P9190047.JPG
具材はお好みで 
P1170056.JPG
約1〜2分で焼き上がり 時間ではなく目で確かめるのがポイント
PB220090.JPG

 この週末は30組の親子を招いての森林教室を開催した、お伝えしたいことは沢山あるが、少しずつ紹介したい・・・お楽しみに
 先週19日火曜日のブログでピザを紹介すると約束した
 専用窯は薪をガンガン入れて2時間以上加熱する、窯全体の温度が低いと全く美味くないことがわかっている、森林教室では自分で生地をのばすところからやってもらい、焼き加減はこちらで見る、窯には近寄らせない、ナイロンなどはアッと言う間に発火するので注意が必要だ、それほど熱い
 何も難しいことはない、お金もかからない、この味を知ってしまったら市販のピザはもう食べられない 
posted by 森の旅人 代表 at 06:52| 火…炭焼き/料理

2010年10月23日

蜂刺されの処置と予防

P8080018.JPG
アシナガバチはアオキなどの葉の裏に巣をつくる、かなり近づかないと刺しに来ないので発見が遅れる、刺されても大事には至らないが数日は痛みと腫れが続く
P5300015.JPG

スズメバチは巣があれば距離があっても気付くはず、いきなりは刺しに来ない、刺されると命にかかわるので刺激しないほうがよい

 秋は蜂に刺されて亡くなる方が多い、刺されるには理由があるし、刺されても適切な処置をすれば大事には至らない
 まず蜂の種類、スズメバチといっても様々な種類がある、どのような蜂に刺されたか冷静に見極める必要がある、刺されたというだけでただただパニックになったのではまずい、まずは落ち着く
 刺されたら、針が残っていたら瞬時に抜く、ポイズンリムーバーができる箇所であればすぐに吸い出す(これだけで後がだいぶ楽になる)、できない場所(指や頭皮など)であればできるだけ口で吸い出す、吸い出した毒は吐き捨てるのが基本だが、飲んでも問題はない
 吸い出したら、水でよく洗う(なければいい)、冷やせるものなら冷やす、暫くは安静にしておこう、アンモニア(ましてやおしっこ)は全く意味がない、2,3日すると腫れがひどくなるのでどうせ行くなら早めに医者に行こう
 アナフィラキシーショックになる人とならない人がいる、皆がなるわけではない、2回目は危ないと言われるが1回目でも死ぬ場合はあるし、3回目で死ぬ場合もある、人の話を信じるのもいいが命は1つ、だから事前に血液検査によって抗体の有無を確認しておき、可能性があるならば、エピペン注射液を処方してもらう、抗体がなければ不要だ、
 予防は、巣がわかっている場合は近づかない(もし巣を退治するなら夜中の動かない時に駆除スプレーで行う、私は水をガンガン掛ける方法でやっている)、偵察で飛んできた場合は追い払ったり刺激を与えない、黒っぽい服装を避ける(蜂蜜を狙う熊が黒いので黒いものを襲う習性があるというがよくわからない)、化粧や整髪などの臭いのするものは避ける、従って、この時期、山に行くならば白っぽい服装で化粧や香水は避ける
 実際の体験だが、スズメバチが本気で刺しに来る時は、体勢を”くの字”にしてお尻の針を見せながら真っ直ぐに飛んでくる、刺す前にはカチカチと顎で音を立てて威嚇する、頭やズボンなど黒い部分を狙ってくる(ジーパンでも針は貫通する)、こうなると全速で数十メートル離れるしかない、このときは私の足の速さが勝ったが仲間は刺された
 林業の師匠は動かずにらみ合って無事だった、これは真似をしないほうがよい、いずれにしても甘く見ると命取りになるので細心の注意が必要だ
posted by 森の旅人 代表 at 06:33| 土…野鳥/昆虫

2010年10月22日

簡単にできる自然素材のアクセサリー

PB140011.JPG
 用意するモノ、クヌギのどんぐり(殻斗(帽子の部分)付き)、水性ニス(木工作用)、真中ひーとん、ストラップ
 まず、どんぐり虫の入っていないクヌギのどんぐりを用意する、虫の有無の見分け方は過去のブログを参考に…、殻斗の部分を綺麗に洗い、水性ニスに漬け乾燥させる、殻斗の上からクヌギにひーとんをねじ込む(手で十分、ドリルは必要無い)、ストラップを付けたら出来上がり
 殻斗はたくさん漬けて乾燥させ、クヌギの大きさに合ったモノを選ぶ、水性ニスに漬けると大きさが変わるので、もともとの組み合わせではしっくり合わない、顔を書いたり、名前を書いたり、イベントでのお土産として好評だ
 水性ニスは1000円位、ひーとんは大きさはいろいろあるが100円位、クヌギを探しに森を歩いてみるのも楽しい
posted by 森の旅人 代表 at 07:13| 金…環境税/グッズ 

2010年10月21日

十月桜(ジュウガツザクラ)を探そう

P1130626.JPG
山間に咲く十月桜、園芸品種のため野生で存在せず、人が植えた

PB150047.JPG
この季節、紅葉とのコントラストが面白い

  冬に咲くサクラがある、代表的なのが十月桜だ、どこに行けば見られるのか?JR高尾駅からほど近いサクラ林で有名な多摩森林科学園であれば確実だが、そこまで行かなくとも最近は公園や校庭、個人の庭先で見られる、娘が卒業した横浜雙葉にはあった
 薄いピンクの花で寒さに耐えながらも上品に控えめに咲く、サクラについて最低6種類とその関係だけは覚えておこう、誰でも知っている染井吉野(ヨメイヨシノ)は大島桜(オオシマザクラ)と江戸彼岸(エドヒガン)のかけ合わせ、河津桜(カワヅザクラ)は大島桜と寒緋桜(カンヒザクラ)のかけ合せ、大島桜の仲間には黄色い花が珍しい御衣黄(ギョイコウ)がある
 

posted by 森の旅人 代表 at 13:34| 木…森林/竹林/植物

2010年10月20日

水を守る=人を大切にする

P1250024.JPG横浜市水道局 西谷浄水場玄関
                    斉藤さん、佐藤さん、菊池さん定年退職おめでとう とある
P1250019.JPG西谷浄水場にある水道記念館は必見だ
 従業員へのインセンティブ(やる気にさせる)について渡米してトップ企業を回りヒアリングしたことがある、いろいろあるが、最も効果的なのは、功労者を公表することだ、報酬は必ずしも必要ない
 I社では年間最優秀技術者を研究所の正門に掲示する、出退社の際は皆さんが毎日これを見ることになる、本人は、”いやぁ俺は掲示されるのは性に合わないからいやだなぁ”と言いつつも悪い気はしないはずだ、また頑張ろうと思う、日本企業はこの辺の気持ちのつかみ方がまだまだ下手だ
 横浜市水道局の西谷浄水場にて、近々の定年退職者の名字を掲示していた、”だから何?””あらよかったわねぇ”で済ませる人も多いだろう、単純に御苦労さまの気持ちから発生したものかもしれないが、私は”これは上手い”と思った 
  11月23日(火祝)横浜水道お客様感謝デーがある、横浜水のマイスターとして参加したいと思う
http://www.city.yokohama.jp/me/suidou/event/event20100915.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:37| 水…釣り/水源/水生生物

2010年10月19日

サンマは豪快に焼くと美味い

PB210022.JPGドラム缶サイズの焚き火、普通はなかなかできない
PB210027.JPG杉など、油を吸収する材を皿にする
 山での夕食はいつも豪快だ、焚き火料理はあたりまえ、ピザ用の専用窯もある
 サンマは煙を気にせずに豪快に焼く、油が落ちて火力が増し、いい感じになる、お勧めは間伐材を皿に使うもの、油が吸収されるだけでなく皿の香りと…見た目もいい、使った皿は薪になる
 次の週末23−24日が待ち遠しい、来週の火曜日はピザ窯を紹介したい
posted by 森の旅人 代表 at 07:23| 火…炭焼き/料理

2010年10月18日

秋は江の島サイクリング

P7160020.JPG平塚レンタサイクル
PC080077.JPG秋の江の島
 秋は空気も澄んでサイクリングにはいい季節だ、自動車を乗り回すよりは環境によい、どうせ走るなら海沿いがいいし運動すれば腹も減る、そこで江の島までのサイクリングをお勧めする
 自宅からではたいへんなので平塚駅でレンタサイクル(ママチャリ)を借りる、一日200円で予約や面倒な手続きはいらない、平塚までは電車で行く、帰りは返却後、平塚で食事をしたり飲んだりもできる
 平塚から江の島は往復30キロ、片道正味2時間はかからないが、漁港に寄ったり、ソフトクリームを食べたり、余裕を見たほうがよいだろう、地図はなくともなんとなく行ける、何か発見があるはずだ
 江の島では食べてもいいし、歩き回ってもいい、今度の週末どうだろうか?
 レンタサイクルの情報(日曜日、祝日、年末年始は休業なので注意)
  http://www.hiratsuka-bunka.or.jp/rental_cycle.htm
 イベントの事例
  http://members2.jcom.home.ne.jp/olympus-sports-cycling/bike-run32.html
posted by 森の旅人 代表 at 07:19| 日…単なる日記

2010年10月17日

ハリガネムシが出てきた

PA170029.JPG
 今日は近所の谷戸で稲刈りをした、潜んでいた虫たちが逃げ惑うなかカマキリに元気がない、ヨロヨロと動かなくなったと思ったらハリガネムシが出てきた
 ハリガネムシは水中で産卵・孵化し水生生物にまず取り込まれる、これをカマキリが捕食し寄生して大きくなる、カマキリの生涯が終わりに近づくと何故か湿った水辺へカマキリを誘導する、そして寄生を終える
 何故、カマキリを水辺に誘導できるのかは謎だ、そのメカニズムがわかったら何かに応用できそうなので、賞をもらえるかもしれない
 ハリガネムシは触っても大丈夫なのでヒモのように結んで遊んでみよう、時間が経つとほどけて元にもどる、寄生されたカマキリは最期まで元気がなかった
posted by 森の旅人 代表 at 18:13| 土…野鳥/昆虫

秋本番、どこもダケを見つけよう

P8120083.JPG家族のようで微笑ましい
 旅人の森には様々なキノコが出てきている、キノコは森の掃除屋さんとも呼ばれ、寿命がきた木を土にかえす重要な役割をしている、動物、植物、そして菌類が重要だ
 携帯メーカーのような光景にも出会う(写真)、それにしてもキノコをモチーフにしたデザイナーはこのような家族キノコを見たのだろうか?見ていなければ凄い想像力、頭が下がる
posted by 森の旅人 代表 at 06:36| 木…森林/竹林/植物

2010年10月16日

ヤマビルにどう立ち向かうか

P5160015.JPGヤマビル、この夏にやられた方も多かっただろう
PA100030.JPGシャクトリムシ、蛾の幼虫、お間違えのないように
P8190055.JPG予防はこんな感じです、軍のズボンと特殊部隊の靴
 土曜日なので野鳥/昆虫など生き物の話を
 東丹沢に行けば必ずヤマビルに遭遇する(彼らにしてみれば必ず人間と遭遇する?)ここ数年で爆発的に増えた感がある
 ヤマビルは動物の足元から這い上がり(稀に木の上から落ちてくることもある)、皮膚に噛みつき、まずヒルジンという物質を注入する、ヒルジンは部分麻酔(相手に気づかれないように)と血液が凝固するのを防ぐ効果がある、そして血を吸い、満腹になったら噛みつくのを止めポトリと落ちる
 落ちたら産卵を2回、それぞれ70匹に増えるので、1匹が吸血に成功すると140匹に増える計算だ、冬は見られないが、最近は日なたに捨てられたゴミの中など越冬するモノをみかける、市街地の庭先にも広がっており、こちらは越冬がもっと容易だろう
 何故増えたのか?鹿も増えているのでその血を吸い爪の間に挟まって移動した説があるが、これはどうも違うようだ、挟まることはないし鹿はさほど移動しない、殆どは週末の登山客が広げたと考えられる、それが証拠に登山道付近に密集しており、私が行く源流などには鹿はいるがヤマビルはいない、吸われてその場で焼き殺しておけば問題はないが放置するのでこれが増える、気付かずに自宅まで持って帰る方もいる、小田急に2時間乗れば新宿なので、いずれ新宿御苑でヤマビルが大量発生する日が来るかもしれない
 吸われても病気になることはないが、数日は痛かゆい状態が続き固くなる、無理に引きちぎって取った場合、噛みついた牙が残ってしまい、血が止まらず、せっかくの登山後の温泉には入れない、噛まれたら引きちぎらずに塩をかけて落ちるのを待つか、ライターであぶる、あぶるとこちらも熱いので蚊取り線香の火が有効だ、蚊のいない時期でもひとかけら持っているとよい
 噛まれない予防策だが、ストッキングをはく、靴に塩を塗る、ヤマビルファイター(殺虫剤)を吹きかける、木酢液・竹酢液を塗るなどあるがどれもイマイチだ、夏場にストッキングははいていられないし、塩やスプレーはすぐに落ちる、酢液は臭いがきつく気分が悪くなる
 お勧めは長めの靴下+ズボン+靴の3重構造、私はこれでここ10年噛まれていない、長めの靴下は膝まであるもの(登山用は暑いのでサッカー用がいい)、ズボンは裾にひもがあり縛れるもの、靴はズボンの裾が入るもの、つまりは軍服のズボンと特殊部隊が使う靴を使用している、戦いに行けばヤマビルなど気にしていられないということだ
 一般の皆さんはズボンの裾はテープで巻き、登山靴の中に裾を入れてもOKだろう、靴と裾の上からカバーを掛けるだけの方も見かけるがヤマビルには効果はない、隙間から入って来る
 因みに特殊部隊の靴は高級登山靴よりも高かった、カーボンがふんだんに使われており、軽くて丈夫、動きやすく、履き心地もいい、森林作業や作業指導のインストラクターには手放せない、しかし、ヤマビルが絶対にいない場所でのインストラクターは普通のズボンと登山靴にしている、見た目も重要だ
posted by 森の旅人 代表 at 07:49| 土…野鳥/昆虫

2010年10月15日

森林の価値はどう評価すべきか

P1090005.JPG40センチはある杉を間伐、2mにする
P1090007.JPGチェンソウで約20分かけて割る
P1090009.JPGカスガイで固定してテーブルの出来上がり
 金曜日なので環境税やグッズ、材木の利用など、お金の話を
 神奈川県森林インストラクターの養成講座では木材の価格遍歴などを勉強した、考えさせられる話なので今度詳しく書くことにしよう
 要は国内の杉・檜を伐り出して運送、製材、乾燥、再製材したのでは赤字になるので利用されず、山の整備もされない厳しい状況にある
 では、売って赤字なら、そこに存在して立っていることによる環境への貢献度を試算したらいくらになるのか?直接は見えないモノの価値評価となる、個人的には知的資産の価値評価に近いと考えている、ディスカウントキャッシュフローの考え方だ、価値が決まれば課税や売買の対象となり整備が活性化する
 (この続きは http://morinotabibito.sblo.jp/article/43289610.html  (2011.2.7追記))

 さて、旅人の森ではテーブルは買わずにその場にある材で作っている、写真は60年生の杉をチェンソウで割り、テーブルにしたもの、綺麗に割るにはそれなりの技量がいる
 仕上げはチェンソウでカンナがけを行う、全てチェンソウ1本でやる、これらは秦野在住の林業歴50年の方を見て盗んだ技だ

posted by 森の旅人 代表 at 07:34| 金…環境税/グッズ 

2010年10月14日

珍キノコ、きつねのちゃぶくろ?

 PA100061.JPG
 木曜日なので森林/竹林/植物の話を
 先日、旅人の森でケーキのようなキノコを発見した、10センチ弱のキツネ色、たまたま他のイベントで写真を見せたら”きつねのちゃぶくろ”と言った方がいる、そういうことにしておこう、もしそうであれば、ホコリタケとも呼ばれ食べられる
 キノコは食べられる、られないばかりが注目されるが、そもそも栄養はさほどないので食べなくてよい、自然観察会では、以下のように説明している
 1割は毒があるので食べては駄目、1割は食べたほうがよい(椎茸や松茸など)、残りの8割は食べなくてもよい、食糧難でもあるまいし殆どのキノコはリスクを負ってまで食べる必要はないということだ、まあ、どんなキノコでも一度は食べられるが…
 といいつつ源流の釣りに出かけると人が来れない場所に貴重なキノコを見つける、持って帰れば高額になるが、その場で楽しむことにしている、僅かな味噌を持ってゆき、お昼にキノコ汁を作る、旅人の森ツアー渓流釣りが始まったら皆さんにも堪能して欲しい
 

posted by 森の旅人 代表 at 07:17| 木…森林/竹林/植物

2010年10月13日

最源流の湧水で何を飲む?

P1110060.JPG最源流は意外にも湧水の場合が多い
P1110056.JPG最源流を超え頂上を目指す、山荘まではかなりある 

P1110084.JPG鍋割山荘に無事到着、一服できるのでありがたい
 水曜日なので釣り/水源/水生生物の話を
 酒匂川にはいくつも源流があるが、寄沢の最源流は鍋割山の頂上付近になる
 最初の1滴は岩盤から噴き出しており、水温は真冬でも10度以上ある、付近だけ温かいためかコケや草が生えており、鹿の群れも見られた、その場で珈琲を入れたが、美味かった、次回は水割りにしたい
 ここはまた眺めも良い、普通の登山の装備ではお勧めできないが、そのうち森の旅人ツアーの定番としたい、実はこのようなお勧めの場所がいくつかある、安全のためにはガイドやインストラクターは絶対に必要だ

posted by 森の旅人 代表 at 17:51| 水…釣り/水源/水生生物

2010年10月12日

315円でできる燻製器

P2100016.JPG100円ショップで網を2種類、計3枚買う
P2100017.JPGカセットコンロの上に乗せればできあがり
P2100024.JPG火力だけ気をつければ失敗はない
 火曜日なので炭焼き・薪・料理・キャンプの話を
 森の旅人ツアーではおやつに燻製をやる、チップ用の網と食材を乗せる網を2段にしただけの簡単なものだ、カセットコンロ、スモークチップ、ダンボール箱は用意が必要、約30分もすれば適度にスモークされる、珈琲に良く合う
 誰に教わったわけではなく、100円ショップを物色していて思いついた、高価な燻製器もあるが、これがたぶん一番お手軽だろう、森でやれば近所迷惑もない…
posted by 森の旅人 代表 at 12:52| 火…炭焼き/料理

2010年10月11日

森のトイレ、眺め良し心地よし

PA100049.JPGだいたいいイメージ通り
PA100050.JPG座り心地もまずまずです
PA090016.JPG周りから中は全く見えません
 
 この3日間(8−10日)で旅人の森のトイレを完成させた、雨がなければ9日だけでできただろうに、9日の午前中と10日の夕方に最後の仕上げと設置をした、ポータブルトイレはツアーの都度持参してゆくので、通常は置いていない
 座り心地はまずまずで、なんといってもトイレからの眺めがいい、眼下に森が広がっている、癖になりそうだ、主に女性の使用を想定しているが、どうだろうか?これだけはユーザーの声を聞くしかない
 斜面を削ることはたいしたことではなかったが、地盤をどうするか悩んだ、原点に戻り”なるべく山にあるものを使う”の精神から、周辺の10センチ程度を数本伐り基礎や周りのカモフラージュにした、その上にスノコやウッドデッキ材を考えたが、水はけと汚れを洗い流せるので粗めの人工芝にした、旅人の森の唯一の人工物といってよいだう、人工芝は1500円
 さて、ポータブルトイレは以下から購入した、迅速かつ親切丁寧な対応で助かった
 RINGさん…仮設ポータブル水洗トイレV8L
http://store.shopping.yahoo.co.jp/ring-g/46990002.html
 ところで急にツリーハウスを作ってみたくなった、巨木が何本かあるので、てっぺんに作ればさぞかし眺めはよさそうだ、いろいろ調べてみることにする
posted by 森の旅人 代表 at 07:17| 木…森林/竹林/植物

2010年10月10日

今日からできる節水の極意

P5140003.JPG我が家のタンク式トイレ、節水タイプは未だ普及していない
   
P5140009.JPG100円ショップのレンガ、右は比較用の携帯電話
  
P5140005.JPG6個のレンガをタンクに入れた様子
 

家庭用水道水の三大消費は、風呂・洗濯・トイレ、こまめな節水もよいが大きなものから手をつける必要がある、我が家では2005年6月からトイレの節水対策を行っている

まず、節水を考えてみると…風呂は、大きめのペットボトル数本に水などを入れてこれと一緒に入浴すると使用する水の量が少なくて済むが、一日の疲れを癒すリラックスタイムになんだか貧乏臭くてイヤだ、しかもボトルがカビたりして不衛生、小さい子供は楽しんでくれるかもしれないが、物心ついたときからそれが当たり前になり、貧乏性が染みつき可哀そうにも思う、節水シャワーも売られているが、どうもサッパリ感がイマイチ足りない

…洗濯機・トイレは、節水型が普及し始めているが、まだまだ高価、採算をとるには時間がかかり、結局のところ損得はわからない、また、収入が乱高下する今日、思い切った投資はできない

 しかしながら、トイレに関しては僅かな投資で着実に節水する方法がある、およそ1000円の初期投資で2ヶ月あたり約4立方メートル 2000円(下水道料金を含む)の節水・節約、これが半永久的に持続する 

まず、トイレの水を溜めるタンクを確認(写真上段)、タンクレスやミニタンクの節水タイプの場合はこの節水方法は適用できない、但し、節水タイプの普及率はまだ1割にも満たず、ほとんどの場合、10リットル以上のタンクに満タンに水を溜め、なくなるまで一揆に流す方法がとられている、つまり、世の中の大半が該当する

流し方は“大”と“小”があるが、ほとんどの場合“大”で流すはずだ、“小”は流れが弱く、トイレットペーパーは残る、レバーをずっと上げていなければならず時間がかかりめんどくさい

 では、1回の洗浄に10リットルも必要なのか?横浜水のマイスター講座で水道局とトイレメーカーに直接聞いた話では、かなりの余裕をみて流しているそうだ、私の実験では半分程度でも綺麗に流れる

  そこで節水の方法だが、タンク内にレンガを入れてゆく、この方法は、トイレメーカーも1、2個ならば大丈夫と言ってくれた 
 レンガの選択:小さ目のものを選ぶ、ペットボトルに砂などを入れてもよいが、表面が滑り、水流で動くことがあるのでお勧めしない写真中段は、100円ショップで買ったもの 

 レンガの入れ方:タンク内部の駆動部に触れないように入れてゆく、駆動部に触れると水が止まらなくなったり、壊れたりするので要注意、どこまで入れられるかは水の流れ具合を見ながら増やしてゆく、便器の仕様によって水流のパターンがあり、一様に何個とは言えない、写真は下段は我が家の様子、大きめのレンガが4個、小さめが2個トイレは2箇所あるので、計12個のレンガが使用されている、レンガ大は0.7リットル、レンガ小は0.4リットルなので、一回あたりの節水は3.6リットルになる…くれぐれも注意深く入れること、水が止まらず漏水で被害が生じても関知しない  
 効果:2006年6月までの2ヶ月毎の平均は約60.3立方メートル 18000円だったが、それ以降は約56.7立方メートル 16000円に減っている、減った約3.6立方メートル(3600リットル)の検証は、一回節約3.6リットルで一日に4人で16回使用、60日では3456リットル(3.5立方メートル)、ということで実績とおよそ一致する、費用も手間もかけずに、現在までに30ヶ月で60立方メートル(60000リットル)6万円を節約できたわけだ 

 私はむやみに節水することには疑問がある、その地域の水道水は使いきらないと結局は捨てることになる、安定した供給を目指して設備や電力を一定量使用して浄水と給水が行われているので、使用量が多少減ってもコストは減らない、水道料金の単価がが上がるだけなのだ

それよりは、無駄使いを避け、その分を有効に使うことを心がけたい

 まずは、ペットボトルの水やお茶を買うことをやめ、自宅から水道水(浄水器を通して毎日入れ替えるのがよい)を持参することから始めよう

posted by 森の旅人 代表 at 05:44| 水…釣り/水源/水生生物

2010年10月09日

旅人の森のトイレ工事が始まる

PA090007.JPG


PA090011.JPG
 今日は午後から雨だというので、昨晩のうちに千葉に入り、午前5時まで車で寝て、6時に旅人の森で作業を開始した、この時点では曇っていたが7時には小雨となり現在14時は音を立てて降っている
 午前中のうちにトイレの場所となる斜面を大きく削り(写真はまだ3分の1)、付近の木を伐り、幹は削った地面に敷き詰め(写真)、枝と葉っぱは周りを囲むようにバリケードにした
 少々疲れたので、昼食と休憩がてら、このブログを書いている
 地面は幹を敷き詰めた上に、様々検討した結果、人工芝を敷くことにした、ウッドデッキ用のウリン材、運送用のパレット、スノコ、合版などなど、様々検討したが、現場を見て汚れても洗えるように、また、雰囲気で決めて、先ほどコメリで買ってきた
 合わせて、ブロックを2個、これはポータブルトイレは高さが10センチ低いのでかさ上げする、座ってみたがなかなか快適だ
 汗と雨でずぶぬれになったので、ばんやの湯に入り、海の幸でもいただこう、明日は午後から晴れるようなので、トイレを仕上げ、実際に使ってみよう

posted by 森の旅人 代表 at 14:16| 木…森林/竹林/植物

2010年10月08日

虫の入ったどんぐりの見分け方


PA030005.JPG

 金曜日なので環境税・助成金・財源・グッズの話を・・・
 どんぐりを工作してグッズを作る場合、どんぐり虫に気を付ける必要がある、どんぐりポット用に配布する場合もあとからどんぐり虫が出てきたのではクレームになる
 まず、バケツに水をいれてガラガラと洗う、浮いてきたモノは中を食べつくされているので捨てる、乾燥を兼ねてキッチンペーパーの上に並べる(写真)、数時間して黒い粉が出てきたモノは中に幼虫がいるのでNGだ、つまり、幼虫の糞で見分ける、2日間放置すればだいたい仕分けは終わる、水に浮かなかったからといって虫がいないと判断するのは間違いだ
 外観は何ともないが小さな針ほどの穴がある場合は幼虫がいる可能性が高い、一方、大きな穴は幼虫が出た跡なので中にはいない(数匹いる場合、残っている可能性もある)
 拾った場所にもよるが、殆ど入っている場合といない場合がある、殆ど入っている場合、工作に使うならば煮てしまう、また、どんぐりポットにするならば発芽してから配布する、中を食われてもかなりの確率で発芽する
 今年はクヌギばかり2000個以上拾って干してある、仕分けが大変だ
PA030007.JPG

これもお勧め
・どんぐりトトロ作品集
http://morinotabibito.sblo.jp/article/46768600.html
・どんぐりトトロの準備が始まる
http://morinotabibito.sblo.jp/article/43577526.html


今日のブログ(毎日更新中)
http://morinotabibito.sblo.jp/

posted by 森の旅人 代表 at 06:49| 金…環境税/グッズ 

2010年10月07日

この週末、森の色を探してみよう

PC060023.JPG
 木曜日なので森林・竹林・竹文化・植物の話を
 誰にでもできる簡単な遊びがある、なるべく大勢でやったほうが楽しい
 森や雑木林で一人5枚ずつ落ち葉を集める、大きさや色など、なるべく違ったモノを集めるのがコツ、集まったモノは似た色同士を連続させて置いてゆく(写真…いまいちだが)、茶から赤、赤から黄、黄から緑へとグラデーションするはずだ、模様にするとさらによい
 完成した状態はその日の森の色となる、世界に二つとないオリジナルの作品を作ってみよう
 この他にも”葉っぱじゃんけん”もできる、大きな葉っぱの勝ち、赤みが強い葉っぱが勝ちなど、毎回勝ちの判定を変えて勝った人は相手の葉っぱをもらえる、その後、上記の作品を作ってみるとよい
 そんなことをしながら、葉っぱの種類やどうして紅葉するのか?どうして土に戻るのか?などさりげなく話をすると自然に興味を持ってもらえると思う
posted by 森の旅人 代表 at 06:12| 木…森林/竹林/植物

2010年10月06日

渓流釣りで出会った恩人


P1070001-1.JPGフライは自分でタイイングする
 P3220190.JPG大きな淵は餌では対応できない
 水曜日なので渓流・釣り・水源・水生生物の話を
 私の原点は渓流釣りだ、もう20年以上やっている、ヤマメやイワナは何匹釣ったかわからない、師匠は会社の上司で仙人と呼ばれた人であった、定年されていまも健在、やることも考え方も豪快だ
 基本は川虫を捕っての餌釣りだが、大きな淵ではフライに切り替える(写真)、晴れて気温が上がるとテンカラに切り替える場合もある、そうしながら源流の1滴まで釣り上がる
 滝はロープを使って登り、回廊のような深みは泳ぐ、幸い事故はないが、クマには何度か出会った、熱中し過ぎて暗くなり森の中を手さぐりで戻ったこともある、捻挫程度は怪我のうちに入らない
 今年は救助のヘリが墜落するなど、渓流での事故があいついだが、経験と体力、天候を読む力がないと命取りになる
 いづれにしても、どんな条件でも試行錯誤して必ず釣って帰るのが私の信条だ、この10年は殆どリリースしている
 7年前、釣りの帰りに山の中で出会った地元の方から森の見かたを教わった、森が豊かでなければ釣りはできない、 そう思って森林インストラクターへと進んでゆくことになる、今となっては恩人だ
posted by 森の旅人 代表 at 07:30| 水…釣り/水源/水生生物

2010年10月05日

どんぐりポットの仕込みが始まる

 PA040003.JPGトロ箱にシュレッダー紙を厚さ1cm程敷き詰める
 PA040005.JPG 拾ってきたどんぐりを置いてゆく
PA040010.JPGシュレッダー紙を固めにかぶせて水をやれば仕込み完了
 どんぐりが手に入る季節となった、オフィスで出る使用済みの紙コップとシュレッダー紙でどんぐりポットを作る、つまり、土は使わない、環境イベントなどで配布している
 仕込みは簡単、上の写真の通り、乾燥しないように1週間に一度水をやれば、年末には発芽する、その後は陽の当たるところに置き、大きくなり過ぎない程度で紙コップに移す、日陰ではひょろひょろと伸び、その後日なたに出すとすぐに枯れるので注意
 紙コップに移したものは、そのまま植樹(全て紙なので地球にかえる、底に穴を開けるように)してもよいし、オフィスや家庭で飾ってもよい、水をやり続ければ1年くらいは枯れない
 他にもノウハウはいろいろあるが、試行錯誤してみるのもいいだろう
posted by 森の旅人 代表 at 06:30| 金…環境税/グッズ 

2010年10月04日

捨て猫をどう処分するか

P5250015.JPG
  昨日のフィールドスタッフの研修 「おもいを伝える インタープリテーション入門〜より良い指導者を目指して」は、目からウロコの内容は無かったが講師のパフォーマンスは素晴らしく、楽しい一日となった 
 神奈川県自然環境保全センターには野生動物を保護し治療・飼育、復帰させる施設がある
 研修に参加していた農業系大学生4名を野生動物保護施設に案内した、野生動物保護を研究しているらしい、一方、私も以前からこの施設のボランティアをしているので説明はお手のものだ 
 県の案内
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/05/1644/nature/page5.html
 NPO野生動物救護の会
http://www.kanagawa-choju.sakura.ne.jp/
  ところでこの日の朝、施設に捨て猫(箱に入った生後1カ月が4匹)があった、処分に困っている、捨てた者は何を勘違いしているのか? 犬猫、ドバト、アライグマなどは保護せずに処分となる、殺処分しろということか?
 以前、道志の道の駅で”里親大募集”の箱の中に多くの子猫があった(写真)、要はご自由にお持ち帰りくださいということだが、30分後にはいなくなっていた、賛否はあるが一つの方法ではある
 猫に傷つけられる野鳥を減らそうと、猫の飼い方を工夫する取り組みもやっている
 野鳥とネコがしあわせに暮らすためには
http://www.kanagawa-choju.sakura.ne.jp/neko/neko.html
 
posted by 森の旅人 代表 at 12:32| 土…野鳥/昆虫

2010年10月03日

どんぐりシーズン始まる

PA020053.JPG
  10月に入りどんぐりが落ち始めた、自宅近辺でチェックしているコナラ・クヌギ・マテバシイを中心に拾いに行く、不作・豊作が木によって違うが平均されてなんとか数は集まる…このような人のことを”ドングラー”と呼ぶ
 目標は毎年数千個、どんぐり工作の材用や発芽させてどんぐりポットにする、詳細はそのうち…
 今日は神奈川県自然環境保全センターでフィールドスタッフの研修がある、「おもいを伝える インタープリテーション入門〜より良い指導者を目指して」、目からウロコの話が聞けるだろうか
 フィールドスタッフには認定されているが、継続には年一回以上の研修への参加が必要となる、認定など興味のある方は以下を参照
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/05/1644/nature/page3.html#fsc
 
posted by 森の旅人 代表 at 07:14| 金…環境税/グッズ 

2010年10月02日

地球オタクにはたまらない博物館

PA020008.JPGイタリー水源にて下刈の指導をする
PA020022.JPG生命の星・地球博物館…不気味に輝く蝶  
PA020024.JPGツキノワグマ…何度か本物に会っています
 今日は神奈川県企業庁のイベントにインスト出動した
 箱根のイタリー水源観察や下刈の体験、箱根ビジターセンター見学、県立生命の星・地球博物館見学など
 県立生命の星・地球博物館には初めて行ったが展示品がリアルで凄い、但し、目的をもって、勉強するつもりで行かないと何も残らない可能性が高い 
posted by 森の旅人 代表 at 23:54| 月…天体/環境/フィールド

2010年10月01日

旅人の森に大嵐があったようだ

P9300005.JPG
 昨日と今日は私の両親と房総に来ている、綺麗になった旅人の森を案内して夜は白浜に泊まった
 数日前に嵐があったようで何本かの木々が折れたり倒れたり、大したことはないが、次回チェンソウが必要だ(写真)トイレを設置する位置も決めた
 あいにくの雨だったが今日は晴れそうだ…
posted by 森の旅人 代表 at 06:53| 木…森林/竹林/植物